Cinem@rt アジアをもっと好きになる

タブラ奏者・ユザーンさんが教えてくれる、おすすめカルチャー×スイーツ【インド編④】

Cinem@rt 10月の特集テーマは「アジアンスイーツ」。ですが、アジアンカルチャーの“好き”を応援するCinem@rtらしく、スイーツとカルチャーを一緒に楽しむ3つの質問を、有識者の方々にしてみました。

Q1「その国の代表的スイーツと一緒に楽しみたい、おすすめカルチャー作品は?」
Q2「その国の代表的スイーツからイメージする人は?」
Q3「その国の最新注目作と一緒に楽しむ、おすすめおやつは?」

どんなスイーツ&カルチャーの出会いがあるでしょうか?

【教えてくれた人】ユザーンさん(タブラ奏者 )
北インドの打楽器、タブラの奏者。BIGYUKIとの共作曲「City Creatures」を今年9月にリリースした。


まず…インド編のスイーツ代表は  グラーブ・ジャームン

牛乳と小麦粉で出来たドーナツをシロップに浸した、世界で一番甘いと言われるインドのスイーツ。日本では缶詰めで売られていたりもする。


<グラーブ・ジャームン>と一緒に楽しみたい、おすすめカルチャー作品は?

Brij Bhushan Kabra『Music for Relaxation』

とにかく甘いグラーブ・ジャームン。口に含むだけで歯や血糖値が心配になりますが、せっかくなら口も耳も甘さで満たされるように、甘い音色の音楽と一緒に楽しんだらいいんじゃないでしょうか。

ブリジ・ブーシャン・カブラは、北インド古典音楽における代表的なギタリストです。インド音楽の特徴のひとつである曲線を描くような旋律を、ハワイアンなどの演奏で使われているスライドギターを用いることによって表現しました。ちょっとトロピカルな雰囲気もあるスライドギターの音色で奏でられるエキゾチックなメロディーは、ただでさえ甘いグラーブ・ジャムーンに更なる甘味を足してくれるかもしれません。

そういえば、グラーブ・ジャムーンは電子レンジでちょっと温めて食べる方が好きです。そのまま食べるよりもカルダモンの香りが立つ気がします。 (ユザーンさん)



<グラーブ・ジャームン>からイメージする人は?

サビール・カーン(サーランギー奏者)

最後にグラーブ・ジャムーンを食べたとき、サビールが一緒だったんですよ。彼はすごく嬉しそうに口へ放り込んでました。イスラム教徒は基本的にお酒を飲まないので、甘いものが好きな人が多いですよね。 (ユザーンさん)



記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP