Cinem@rt アジアをもっと好きになる

ライター、コーディネーター・小山ひとみさんが教えてくれる、おすすめカルチャー×スイーツ【中国編②】

Cinem@rt 10月の特集テーマは「アジアンスイーツ」。ですが、アジアンカルチャーの“好き”を応援するCinem@rtらしく、スイーツとカルチャーを一緒に楽しむ3つの質問を、有識者の方々にしてみました。

Q1「その国の代表的スイーツと一緒に楽しみたい、おすすめカルチャー作品は?」
Q2「その国の代表的スイーツからイメージする人は?」
Q3「その国の最新注目作と一緒に楽しむ、おすすめおやつは?」

どんなスイーツ&カルチャーの出会いがあるでしょうか?

イラスト:高谢晓楠

【教えてくれた人】小山ひとみさん(ライター、コーディネーター)
中国のミレニアル世代/エンタメ/カルチャー/ファッションが得意。STUDIO VOICE/装苑/リアルサウンド/美術手帖などに執筆。TBSラジオ「アフター6ジャンクション」で中国のカルチャーを紹介。単著「中国新世代 チャイナ・ニュージェネレーション」出版。
Twitter @hitomi_xiaoshan


まず…中国編のスイーツ代表は杏仁豆腐

アンズの種の中の白い実“杏仁”をゼラチンや寒天で固めた中国発祥といわれるスイーツ。日本でもおなじみ!


<杏仁豆腐>と一緒に楽しみたい、おすすめカルチャー作品は?

艾熱×李佳隆「Lighting」(2019)

ラッパー艾熱と李佳隆のコラボ第2弾の曲です。2018年に放送されたMCバトル番組「中国新説唱」で2人が初めてコラボした曲が大ヒットしました。今回も第1弾同様、男女の関係を甘くせつなく歌っています。

李佳隆の脱力感のある声と「中国新説唱」で優勝した艾熱の高音でハイスピードのラップがいい感じでマッチしていてずっと聞いていられます。それは「杏仁豆腐」のように何個でも食べられるみたいな。って無理やり感あるでしょうか?(笑)(小山さん)

<杏仁豆腐>からイメージする人は?



チョウ・ドンユィ(周冬雨)(女優)

現在28歳の中国を代表する女優です。

「杏仁豆腐」のような爽やかな甘い見た目とはうらはらに、観るものを圧倒させる演技力は、「杏仁豆腐」が実は薬膳料理の1つであったという意外性とも一致するんじゃないかと思いました。

2010年の中国映画『サンザシの樹の下で』(日本での公開は2011年)を観て、「中国の新世代の女優だ!」と彼女の存在感にただただびっくりしたのを覚えています。

去年、中国で話題を集めた中国映画『少年の君(仮)』(原題:少年的你)では、再び10代の役を演じ、今年の香港電影金像奨では最優秀主演女優賞を受賞しました。

中国で10代の少女を演じさせたら彼女の右に出る人はいないというくらい、20代になった今も少女の愛らしさと複雑な内面を見事に表現できる素晴らしい女優だと思います。(小山さん)

◎『少年の君(仮)』2021年日本公開予定(配給:クロックワークス)



記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP