Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【連載「山河令」の台詞を読み解く】最終回 千山暮雪

この連載では、「山河令」の台詞に引用されている漢詩や故事と、そこに隠された意味を紹介します。

\「山河令」特集はこちら/


最終回 千山暮雪

「山河令」の台詞には有名な漢詩や故事が多く引用されていて、そこには深い意味が隠されています。今回は第6話と第32話の台詞に登場する言葉「千山暮雪」を解説します。

第32話、小屋で温客行の遺体を目の当たりにして衝撃を受けた周子舒は、追っ手が現れたため、遺体が辱められないようにあえて小屋に火をつけて立ち去ります。そして、温客行とのこれまでの出来事を回想する中で、彼が第6話で言っていた「お前がいなくなったら私は寂しい片割れになる(你若不在了,千山暮雪 我孤翼隻影向誰去啊)」という言葉を思い出します。
 


「山河令」第6話より ©Youku Information Technology (Beijing) Co., Ltd.


この台詞は、12〜13世紀の王朝・金に仕官した詩人・元好問のエピソードに由来します。元好問は16歳の時、官僚登用試験を受けるため旅している途中で、雁を狩っていた男性から、つがいの一羽を射ったら、もう一羽が鳴いて離れず自ら地面に身を投げて殉死したという話を聞きます。これに感銘を受けた元好問はそのつがいの亡骸を買い請けると、汾水(山西省を流れる黄河の支流)のほとりに「雁丘」と名付けた小さな墓を作って埋葬し、彼らを悼んだ詩「雁丘辞」を詠みました。これをのちに自ら改訂して詞の形にしたのが「摸魚兒·雁丘詞」です。(以下、詞の翻訳は筆者による意訳です。下線は台詞に関連する部分です)

問世間,情為何物,直教生死相許
世間に問う、愛とはいったい何か、生死を共にするとはどういうことか

天南地北雙飛客,老翅幾回寒暑
南へ飛び北へ帰るつがいの雁は、幾度も冬の寒さと夏の暑さを体験し

歡樂趣,離別苦,就中更有痴兒女
楽しい時を過ごしたが、別離の苦しみを味わい、それは人間の男女の愛に劣らなかった

君應有語:渺萬裡層雲,千山暮雪,隻影向誰去
残された雁はこう訴えたいに違いない─果てしなく広がる雲の上、雪に覆われた山々が連なり、空が暗くなる中、ただ独り誰の元へ飛んでいくというのか

橫汾路,寂寞當年簫鼓,荒煙依舊平楚 ※1
かつて漢の武帝が巡幸した時は笛や太鼓で賑やかだった汾水も、今は寂しく樹々に霧がかかっているだけ

招魂楚些何嗟及,山鬼暗啼風雨 ※2
亡くなった魂を呼び戻したとしても何になるというのか、山鬼が風雨の中で悲しげに啼いている

天也妒,未信與,鶯兒燕子俱黃土
彼らの愛に天も嫉妬するのだから、彼らが鶯や燕のように死んでただ塵となるはずがない

千秋萬古,為留待騷人,狂歌痛飲,來訪雁丘處
この物語は永遠にいつまでも詩人たちに語り継がれ、雁丘を訪れた者たちが歌や酒で彼らを悼むだろう


※1 漢の武帝が汾水に巡幸した時に詠んだとされる「秋風辞」を踏まえた一節
※2 戦国時代の楚で詠まれた詩を集めた「楚辞」を踏まえた一節


元好問はつがいの雁の死をテーマにしたこの詞で、真正面から「愛とは何か」と問いかけ、生死を共にする愛情の尊さを訴えています。「千山暮雪,隻影向誰去」のくだりでは、苦難を共にしてきたつがいの雁のうち1羽だけが生き残るのは、「雪に覆われた山々が連なり、空が暗くなる」ような苛酷な状況であることを表し、「ただ独り誰の元へ飛んでいくというのか」という言葉で、片割れを失い独り生き残ったとしても残りの人生にどんな意味があるのかという、雁の気持ちを代弁しています。

第32話で温客行という知己を失った周子舒の気持ちも、この生き残った雁と同じだったことでしょう。そして、彼もまた温客行の後を追って殉死する決心をします。温客行の名誉を回復し敵を討つため、治療によって延びた寿命を再び縮めることで力を取り戻し、英雄大会に臨むのです。


「山河令」第32話より ©Youku Information Technology (Beijing) Co., Ltd.


最後に、元好問は「この物語は永遠にいつまでも詩人たちに語り継がれる」と結んでいます。愛し合う2人にたとえ肉体の死が訪れたとしても、その愛は死なずに永遠に生き続け、人々に何度でも感動を与える──そんなメッセージを感じさせる詞は、まさに「山河令」という作品自体を表しているようにも思えてきます。

果たして、周子舒と温客行の物語にはどんなエンディングが待ち受けているのでしょうか? 最後まで見届けた後に再び、それぞれのシーンや台詞を見返してみれば、そこにはまた新たな発見と感動がある「山河令」。この雁の物語のように、繰り返しいつまでも語り継がれていってほしいと思います。


TEXT: 小酒真由子(フリーライター)
アジアから欧米までドラマについて執筆しています。双葉社『韓国TVドラマガイド』にて「熱烈推薦!! 中華ドラマはこうハマる!」を、Cinem@rtにて「アジドラ処方箋」を連載中。また、執筆させていただいたキネマ旬報ムック『中国時代劇で学ぶ中国の歴史 2022年版』が絶賛発売中です。

Edited:小俣悦子(フリーランス編集・ライター)


「⼭河令」放送情報
WOWOWにて好評放送・配信中!毎週木曜深夜0:00(2話ずつ放送)
・全36話/字幕版
・「⼭河令」公式Twitter:@WOH_JP

「⼭河令」作品情報
<ストーリー>

朝廷の暗殺組織「天窗」から抜け出すために、⾃⾝の体にくぎを打ち、代わりに残された3年間の⾃由を得た「天窗」の元⾸領、周⼦舒(チャン・ジャーハン)は謎の男、温客⾏(ゴン・ジュン)と出会い、⼀夜にして無敵になれるといわれる武庫の鍵「琉璃甲」をめぐる壮⼤な争いに巻き込まれていく。

<STAFF&CAST>
原作:Priest 「天涯客」
監督:ゲイリー・シン、マー・ホワガン、リー・ホンユウ
脚本:シャオ・チュー
出演:チャン・ジャーハン(張哲瀚)、ゴン・ジュン(龔俊)、ジョウ・イエ(周也)、マー・ウンユエン(馬聞遠)、スン・シールン(孫浠倫)

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP