Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【インタビュー】『親愛なる君へ』チェン・ヨウジエ監督 後編 "映画は信じ合わないと成り立たない"

台湾アカデミー賞3部門受賞作品! 血の繋がりを越えた“家族”の絆をつむぐ物語『親愛なる君へ(原題:親愛的房客)』が現在、シネマート新宿・心斎橋ほか全国順次公開中! 本作の監督と脚本を務めたチェン・ヨウジエ(鄭有傑)監督にお話を訊きました。  

\特集「今年の夏は、台湾映画!」はこちら/
       


映画は「信じる芸術」 

― チェン・ヨウジエ監督の演出についてお話をお伺いしたいのですが、監督は俳優としての経験もあおりなので、俳優の気持がより分かる監督だと思います。ご自身が監督をやる時に、俳優の演出で意識されることはありますか?

チェン・ヨウジエ監督(以下、チェン監督) 最初に彼が見ているビジョンと僕が見ているビジョンが同じ方向かを向いているかは確認します。俳優がもし同じ方向を見て明確なビジョンを持っていたら、僕はもう口出ししません。

また、僕は相性をものすごく大切にしています。監督と俳優の相性だけでなく、俳優同士の相性もです。例えばモー・ズーイー(莫子儀)とチェン・シューファン(陳淑芳)が一緒に演じると彼らの世界が出来上がります。僕はその世界を記録しているという感じです。

映画の中の世界を監督が作るやり方もあると思います。ただ、僕は俳優たちが演じやすいように舞台を作ってあげる、彼らが盛り上がりやすい空気を作ってあげる、そして俳優たちが作り出した世界を記録する。そういうことを大切にしています。


チェン・ヨウジエ(鄭有傑)監督


― “
演じやすい舞台”をつくる秘訣はなんでしょうか?

チェン監督 「信じないといけない」ことでしょうか。まだ形になっていないものを、信じないといけないから。

映画は本来、存在しないものを皆で作り上げていく作業なんです。でもそれで何が生まれるかは、本当は誰も知らない。監督はビジョンを持っていたりしますが、そこにたどり着けるよう、こういう世界が存在している、こういう世界を表現できる、というのを信じないといけない。

作り手だけじゃなく観客だって「この映画はフィクションだ」と知りながら描かれた世界を信じて観るじゃないですか。だから映画という芸術は「信じる芸術」なんです。信じないと成り立たない、映画っていう芸術は。

<次のページ:ありのままの台湾の生活、ありのままの多様性>

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP