Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【インタビュー】『親愛なる君へ』チェン・ヨウジエ監督 前編"きっかけは、愛する権利を守る人々"

台湾アカデミー賞3部門受賞作品! 血の繋がりを越えた“家族”の絆をつむぐ物語『親愛なる君へ(原題:親愛的房客)』が、本日7月23日よりシネマート新宿・心斎橋ほかにて公開がスタート(全国順次公開)! 本作の監督と脚本を務めたチェン・ヨウジエ(鄭有傑)監督にお話を訊きました。  

\特集「今年の夏は、台湾映画!」はこちら/
       


きっかけは、” 愛する権利を守る”人々

― 『親愛なる君へ』では監督だけでなく脚本も担当されていますが、本作の物語はどう発想されましたか?

チェン・ヨウジエ監督(以下、チェン監督) 2018年に台湾で同性婚の論争がたくさんあり、2019年まさにこの映画の制作最中に同性婚の法律が通ったんです。今まではあまり表に出てこなかった同姓婚や、伝統的な家庭とは異なった家庭の人たちへの偏見や圧力が表に出てきたんですよね。

その論争の中でたくさんの人が表に出て、自分の権利を主張したんです。僕がそこで感動したのは、表に出てこない方が実は楽で、でもあえて出てきて“愛する権利を守る”というような心に色々考えさせられました。

人を愛することは何か、家族とは何かを2018年に色々考えさせられ、そこから脚本の発想が始まりました。


チェン・ヨウジエ(鄭有傑)監督


― 台湾での社会的な運動を監督が見て発想が広がったということですが、実際に監督の周囲でも当事者はいらっしゃったのでしょうか?


チェン監督 そうですね。身の回りにもいるし、同性愛者ではないが自分が養子だったことが大人になってからわかった人もいて。でも、血の繋がりが無いから血の繋がっている家族より愛が薄いかというと、それは違います。

一緒に住んでいて、支えあって、愛しあっていて。もちろん時には喧嘩もするけど、それも踏まえて全部家族なんですよね。それでも一緒にいる、支えあって生きていくのが家族なので。

ただ、それを考えている時に法律のレベルに止まって欲しくなかったんです。偏見や愛というのはやはり人間の気持ちの部分なので。法律は変わっても、もし人に対する気持ちが変わっていかなければ、結局は同じです。今まさに台湾では、法律は同性婚を認めているが、偏見も無くなったかと言われると所々には残っています。


― 今回は色々な家族の多様性がある中で、主人公がゲイであるというひとつの設定ですが、それだけではないですね。

チェン監督 そうですね。家族の本質的な部分です。生きている時だけではなく、誰かが死んだ後も繋がっているものは繋がっている。それは血の繋がりだけではなく、感情の繋がり。それこそが愛だと思います。


― 本作には、パートナーの母親の死をめぐるサスペンスもあります。何故そのような側面を持たせようとしたのでしょうか?

チェン監督 サスペンス的なストーリーは最初からありました。例えば台湾のニュースや新聞にもよく出ますが、お年寄りが亡くなり、ずっと世話をしてきたヘルパーなどへ自分の財産を贈与する事案があります。このようなニュースの結末は、実子が出てきてそれを阻止するのがお決まりなんです。

そのようなニュースの側面だけを見ると、いかにもヘルパーが貪欲で何かを狙って近づいてきたように捉えられるんですが、実際お世話をしているときに何かしらの感情が生まれている事もあると思います。実子は外で働いていて、両親の世話ができず、世話をされる側にとって、家族的な存在なのはヘルパーだということはよくあります。

特に台湾は東南アジアから来るヘルパーが多く、病気の世話だけでなく、身の回りの世話までしてもらうので、本当に家族的な存在というのはたまにあります。表面から捉えたものと、実際にこの2人の暮らしを見るのとではかなり違うと思うんです。

<次のページ:モー・ズーイーとの仕事は、「信じている」ではなく「分かっている」>

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP