Cinem@rt アジアをもっと好きになる

スン・リーがweiboで陝西の春雨と焼きパンを応援!グルメが沈星移を倒して、スン・リーの心を奪った


【杭州新? 2017年9月24日 https://web.dskb.co/news/posts/57706

「月に咲く花の如く」は放送開始以来、様々な話題を作り出している。例えば?聘を演じたピーター・ホーが再びブレイクを果たしたとか、チェン・シャオが女形を演じたとか。




今回は周瑩を演じたスン・リーの、Weiboでの投稿についての話題。スン・リーは劇中の周瑩の衣装を着て、陝西の粉絲(春雨)と??(焼きパン)を「美味しすぎる」とオススメしている。劇中で?聘が亡くなった時、甑?(ナツメ餅)が話題になったが、これを機に粉絲と??が話題になった。

まずは「粉絲(春雨)」について話そう。

陝西では前菜としても使われている。春雨を茹でて具を入れて、陝西唐辛子粉とニンニクおろしを入れ、そこに熱い油と香醋(中国黒酢)を混ぜて完成。また、春雨と羊肉スープは相性抜群で、沸騰した羊肉スープに春雨を入れてちょっと茹でて、二時間以上煮込んだ羊肉を上に載せて、さらにネギかパクチーで味を豊かにさせたあと、茹でたキクラゲとウコンカンゾウを入れたら完成。茹でて柔らかくなった春雨は消化しやすいから、お年寄りやこどもにもぴったりだ。

スン・リーが投稿したweiboの写真を見ると、制作チームは陝西グルメについて相当力を入れたことがわかる。その白色のスープは羊肉スープの特徴で、チェン・シャオ演じる沈星移の茶碗からネギが見えることから、すぐ陝西料理と分かる。



次は「??」の話をしよう。スン・リーが持っているのは「白吉?」(焼きパンの一種)、羊肉スープと相性抜群。食べ方が幾つあって、まず??を一口食べる。噛むと小麦粉の香りが口の中で広がり甘さが出てくる。飲み込んで喉が渇く感じがしたら羊肉スープを飲む。今度は羊肉スープの香りが喉で広がって行く。焼きパンを小さくして羊肉スープに入れるのもよい。スープを吸った焼きパンが柔らかくなり、口の中で溶けて、口の中には羊肉スープの香りが広がる。

「白吉?」は陝西でもう一つの使い方がある:肉夾?(中国式ハンバーガー)。陝西で白吉肉夾?を食べたことある人はきっとその香りが満載な食感が分かると思う。

「??」の種類はまだたくさんある。例えば陝西石子?。見た目はワッフルに似ているが、食感が全然違う。石子?は硬くてサクサク、固めのおせんべいのようなイメージ。作るときに小麦粉に切った花椒の葉やウイキョウを入れる人もいる。「石子?」という名前の由来は、パンを熱い石にのせて焼くという作り方から。石子?は歴史の長い料理で、今でも昔ながらの作り方で作られるので、中国料理の生きる化石と呼ばれている。

あとは陝北人が大好きな「黄??」。こちらはきび粉かアワ粉を発酵し、蒸したナツメ、あずきなどを餡にして入れて作ったもの。食感はふわふわで甘くて、栄養が豊富で消化しやすい。名前の由来はその黄色い見た目。

そして「鍋??」。陝西での需要は白吉?に負けないくらいだ。名前の由来は「焼きパンが鍋の蓋のように厚い」から。鍋??は陝西で千年以上の歴史があり、昔、軍人が作りやすいようにヘルメットで作った食べ物らしい。こちらの食感は固く、小麦粉の香りが強く、塩と香料が入っている。水と合わせて食べると一食として食べられる。日持ちもするから長旅にする時の定番。

次は「???」。ゴマ餅とも呼ばれる。甘いものとしょっぱいものがあり、パン生地は菜種油と小麦粉で発酵して作らるため見た目は黄色で、焼くとすごくサクサク。南の方の酥餅(バターパイ)に似ている。

「花??」というのもある。これは陝西文化の代表料理のひとつで、想像力を活かしてパン生地と着色料で様々な形の花??を作り、蒸す。見た目がすごく可愛い。結婚式や正月などの大事な日しか出てこない料理だ。昔は誕生日ケーキもなかったので年寄りの誕生日を祝うため、村人が「壽桃」(桃の形の包子)や花??を作ってあげた。娘が結婚する時も、村人から実家に「面魚??」や「オシドリ花??」を贈ったりする。ナツメ、あずきなどを飾りとして使っている場合もあり、全部食べることができ、祝福の意味も伝われている。

たくさんの??(焼きパン)を紹介したが、スン・リーは白吉?以外にも、どんな??が好きなのかな?

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP