レポート・インタビュー
キャストインタビュー

「師任堂(サイムダン)、色の日記」キャストorスタッフのインタビューを毎週1名ずつ掲載していきます。
今回のインタビューは、「師任堂(サイムダン)、色の日記」のヒロイン、イ・ヨンエさん!


<プロフィール>
イ・ヨンエ(師任堂/ソ・ジユン)
1971年1月31日生まれ。雑誌モデル、CMモデルを経て「お宅の夫はいかがですか」(93・SBS)で女優デビュー。映画『JSA』(00)のヒットで日本でもファンを獲得。03年ドラマ「宮廷女官チャングムの誓い」が大ヒットし、国民的大女優の座に。映画『親切なクムジャさん』(05)以来、女優活動を休止。09年に結婚、11年に男女の双子を出産。本作が13年ぶりのドラマ復帰作となる。


第1回:2017.7.31掲載
第2回:2017.8.1掲載
第3回:2017.8.2掲載

イ・ヨンエ(師任堂/ソ・ジユン)#3


― 師任堂とイ・ギョム(ソン・スンホン扮)の切ない愛は、セリフというよりも表情やお二人の作り上げた雰囲気で表現されていたことが多いように思いますが、そういったシーンを撮影するにあたり、気をつけたり、お互いに相談したりしたことはありますか?

今までよく描かれてきた愛とは違い、とても切ない心に響く愛ですよね。
だからご指摘の通り、言葉で表現するよりは視線で表現するシーンが多かったです。

その感情をより醸し出すために音楽をたくさん聴きました。
その中でもタイトルを思い出せないのですが、日本の映画の主題曲を聴きながら感情を盛り上げていたことが記憶に残っています。

― イ・ヨンエさんから見て、師任堂のイ・ギョムへの想いとはどのようなものだったと思いますか?

そうですね。イ・ギョムと師任堂の関係は私たちが普段見られる人間関係ではなく、とても表現しがたいとても深い恋だったと思います。
だからこそ、とても大切なものだし、見る側にとってそれらの感情や閑静、そして感動を与えられる愛だと思ったので、より師任堂という人物を理解しようと努力し、集中しようと頑張りました。

― イ・ヨンエさんはソン・スンホンさんが演じられたイ・ギョムという人物についての印象や、生き方をどのように感じられますか?

イ・ギョムはとても魅力的な人物です。
ドラマ「宮廷女官 チャングムの誓い」を通じて、多くの方々に私の韓服姿をたくさん披露してきましたので期待されているかと思いますが、ソン・スンホンさんの場合、正統派時代劇は今回が初めてだと聞きました。
期待以上に本当に魅力溢れる姿で出て来られるので、すでに日本にたくさんファンがいらっしゃいますが、さらに多くの方々が喜ぶと思います。

エピソードといえば、撮影現場で私だけの撮影からソン・スンホンさんが入られると、皆そちらのほうに流れていって、私一人ぽつんと隅っこに立っていたという笑えないエピソードもありました...(笑)。

それほど正統派時代劇がよくお似合いだし、それだけイ・ギョムが魅力のあるキャラクターということです。
ソン・スンホンさんもそれで「やってみよう!」と決心されたと思えるほど、期待しても良い人物です。


― イ・ヨンエさんにとってこの「師任堂(サイムダン)、色の日記」はどのような作品となりましたか?

面白い作品、忘れられない作品、完成度の高い作品だと思います。


― イ・ヨンエさんにとって本当に久しぶりのドラマ作品でしたが、アジア中のファンが今後も演技を続けるのかということも気になっていると思います。
この作品をきっかけに、映画やドラマなど、今後活発な活動を計画されているのかどうか教えてください。

アジアのファンの方々がたくさん見守ってくれて、感謝しています。もちろん私には、母として妻としての役割もありますが、演技は引き続き、いいメッセージ、いい影響を与えられるドラマや映画、そしてさまざまなジャンルでお目にかかりたいと考えています。
引き続き、良い姿をお見せしたいというのが、私の欲であり、小さな計画です。


―最後に「師任堂(サイムダン)、色の日記」をこれから見る日本のファンに、メッセージをお願い致します。

こんにちは、イ・ヨンエです。
『宮廷女官 チャングムの誓い』以後、しばらくご挨拶できませんでしたね。
このように関心を寄せてくださって本当に感謝しています。

皆様のご期待に添えるよう頑張りましたし、母親になってからの私の様々な感性を盛り込んだよい作品にするため努力しました。
ぜひ、ご期待ください。ありがとうございます。

================

「師任堂(サイムダン)、色の日記」

●予告編

●ブルーレイ/DVD

BOX1~3 好評発売中!
ブルーレイ)21,000円+税  DVD)18,000円+税

映像特典:メイキング/インタビューほか
封入特典:ガイドブックレット

発売元:フジテレビ/フィールズ/エスピーオー
販売元:エスピーオー

©Group Eight