レポート・インタビュー
キャストインタビュー

「師任堂(サイムダン)、色の日記」キャストorスタッフのインタビューを毎週1名ずつ掲載していきます。
この連載も今回で最終回!最後は、現代パートでは美術界の不正を暴く「ラド」のメンバー、そして朝鮮時代パートでは世子(のちの仁宗)を演じた、ノ・ヨンハクさん!


<プロフィール>
ノ・ヨンハク(世子 ※のちの仁宗/ラドのメンバー) 
1993年4月1日生まれ。8歳の時に演技をはじめ、「チャクペ―相棒―」(11)「階伯〔ケベク〕」(11)など数多くの時代劇に出演。”子役界のチェ・スジョン”と呼ばれる。時代劇以外でも、「ロードナンバーワン」(10)「恋はドロップキック!~覆面検事~」(15)など数多くの作品で少年期を務める。近年では「君を守る恋〜Who Are You〜」(13)や「2度目の二十歳」(15)など子役ではなく成人役も担うようになっている。

ノ・ヨンハク(世子 ※のちの仁宗/「ラド」のメンバー)#2

― 現代のシーンでは、ラドとしてイ・ヨンエさんと共演されましたが、いかがでしたか?

イ・ヨンエ先輩は、そもそも大先輩であり、先輩のドラマが好きな視聴者でありファンだったので、先輩と共演できるということをとても光栄に感じました。

一方では、とても緊張しました。
自分が好きな先輩の前では演技をうまく見せたいと思うのが人間の心理なので、先輩と共演する時には余計に緊張していたと思います。

実際に共演してみると、ものすごく学ぶ点の多い先輩でした。
実は俳優が、演じるすべてのシーン、すべての瞬間にベストを尽くすということは、非常に大変なことなんです。
でも先輩は、後輩である私にも、常にベストを尽くす姿を見せてくれました。

さらに、本人が出演せず相手役だけが映るシーンでも、後輩の演技のために力を尽くしてくれて。私にとって大きな刺激になりました。
そのおかげで、身分が違っていてもサイムダンを尊敬している世子の姿を、よりリアルに表現できたのではないかと思っ



― 朝鮮時代のシーンでは、ソン・スンホンさんとのシーンが多かったと思いますが、共演はいかがでしたか? 

ソン・スンホン先輩との最初の出会いは、実はそれほど楽しいものではありませんでした。
私の撮影初日の、しかも一番最初のシーンが、まさにイ・ギョムと対面するシーンだったんです。

先ほども話したように、自分が好きな先輩の前ではちゃんとした姿だけを見せたいというのが後輩の心理なのですが、台本の分析どころか、台本を覚えることすらできない状況で演技をするということ自体が、あまりにも恥ずかしく、失礼なことだと感じられました。
でも、状況が状況なだけに、ソン・スンホン先輩は現場になじめるように気遣ってくれたり、ふざけて盛り上げてくれたりもして、少しプレッシャーが軽くなったのではないかと思います。

その後の撮影でも、実際に世子に接する時の"イ・ギョム"のようだと感じました。
お茶目であり思いやりのある、まさに"イ・ギョム"な方です!


― 印象に残っているシーンはありますか?その理由も教えてください。

劇中、世子が変装してイ・ギョムに会い、市場街をぶらつくシーンがあります。
一見、深い意味のあるシーンではありませんが、実はドラマでは描かれない世子の未来の姿を推測することができるシーンだと思いました。

イ・ギョムと世子との関係、世子の性格と政治観が間接的に表現されるシーンでもあります。

何よりも撮影の時、身分を越えてふざけ合いながら話をするイ・ギョムと世子の姿がとても面白かったんです。
あのシーンには、本当にたくさんのエキストラの方たちが参加してくださったのですが、おかげで本当にあの時代の市場街をぶらついているような感覚になるほど、実感が湧きました。

それが時代劇撮影の妙味のような気がします。
現実ではない状況や場所の中で、まったく別の感情を感じられること。

それから、チェ・ジョンファン先輩と3度目の父子を演じたというご縁も。
1度演じるだけでもそうめったにない父子関係なのに、時代劇だけで3度もご縁があったのですから!
チェ・ジョンファン先輩もとても不思議がっていらっしゃいました。私も、先輩と呼ぶより父さんと呼ぶことに慣れているくらいです(笑)。

会うたびにとても親切にしてくださって、いつも感謝を感じている、本当のお父さんです!



― 出演されたノ・ヨンハクさんだけが語れる ①この作品の見どころ ②世子/ラドの見どころ を教えてください。

ドラマの後半に差し掛かると、イ・ギョムと中宗との関係が急速に変化し始めます。
中宗とイ・ギョム、そしてサイムダン、この3人の関係の変化が、その後このドラマが進んでいく原動力になると思います。

また、父と親友の対立のなかで、イ・ギョムを手助けしたい世子の切実な思いと、その世子の手助けが、今後の「師任堂(サイムダン)、色の日記」においての見どころになるのではないかと思います。



― もし「師任堂(サイムダン)、色の日記」で、他の役を演じるとしたらどの役を演じてみたいですか? その理由も教えてください。

中宗です! 

この前終了した「あの空に太陽が」で悪役を演じたのですが、ほとんど初めての悪役だったので、演技面で思ったように表現ができなかったんです。
それでもう一度悪役に挑戦してみたいという気持ちがあるし、中宗は一面的に描かれる"絶対悪"ではなくて、事情を抱えた人間味のある悪役だと思うんです。

俳優として、さまざまな挑戦を試みることができる役柄だと思うので、中宗を演じてみたいです。もちろん、チェ・ジョンファン先輩ほどうまく演じられる自信はありませんが、私だけの、ひと味違った中宗を表現できると思います。



― 8歳の時から俳優としての仕事をはじめ、すでにキャリアは15年にもなるノ・ヨンハクさん。"○○の子供時代" ではなく、成人役も多くなってきていると思いますが、演じるときの意識の違いはありますか?

成人の演技をしなくてはと考えるより、自然の流れに合わせるための努力をしています。
演劇でないかぎり、俳優は自分の年齢に合わない演技はできないと思っているんです。

私が8歳の子供や60歳のおじいさんを演技することはできません。
難しく考えるほど難しくなるのが演技なので、実際の自分の考え方や状況を反映させて、そのキャラクターを理解して分析しようと努力しています。

実年齢に合った行動をするということは、簡単そうに見えますが、演技としてアプローチする場合は難しい部分なんです。
実際の自分は自然に成長していきますが、演技としては悩んだり研究したりしなければ停滞してしまうため、自分の年齢に合わせて演技が――そして成長ができるように、作品に出演するたびに勉強し、練習しなければならないと思っています。

また、意識的には、以前よりもっと責任感を感じるようになったと思います。子供の頃より(出演の)ウェイトも増えて撮影時間も増えたので。
子供の頃はどうやったら演技がうまくなれるかということばかり考えていましたが、今は撮影現場で周囲の人たちとの関係も考えなければならないし、経験を積んできたので、それだけ演技面でさまざまなことを考えるようにもなりました。
俳優として作品をリードしていかなければならない責任感というものも知りましたし......。

確実に子供の頃よりももっと"重いもの"を持たなければなりませんが、こういう状況が与えられているということ自体が俳優としては大きな喜びなので、ありがたく受け入れています。

― 今後、挑戦してみたいキャラクターやジャンルがあったら教えてください。

青春ものを撮ってみたいです。
主に時代劇や重いテーマのドラマに出演してきたので、同年代と共演する機会があまり多くなかったんです。

2015年に「二度目の二十歳」に出演したとき、とても楽しかったので、今度も同年代の仲間たちと一緒に演技をしたいです。
親しくしている同年代の俳優たちと以前共演してから、もうずいぶんたっているんです。

彼らと楽しく"僕らの世代の物語"を描いてみたいです。



「2度目の二十歳」より。チェ・ジウ演じるアラフォー大学1年生のヒロインの先輩を好演!
©CJ E&M CORPORATION, all rights reserved


― 「師任堂(サイムダン)、色の日記」をこれからご覧になる日本の視聴者の方たちにメッセージをお願いします。

日本のドラマが大好きなファンとして、ドラマとしての内容は最も重要ですが、作品の中にその国の情緒や色彩感が込められているという点も、とても重要なことだと思っているんです。
その点において、「師任堂(サイムダン)、色の日記」は韓国の情緒と美を感じられる、本当に素晴らしいドラマだと思います。

とても長い時間をかけて多くの俳優の方々とスタッフの方々が魂を込めて作ったドラマなので、日本の視聴者の方たちが見ても満足できるドラマになっていたらうれしいです。
これからも「師任堂(サイムダン)、色の日記」を応援してください。

後半から登場する世子とラドのことも、たくさん応援してくださったらありがたいです!!!!



<おわり>


================

「師任堂(サイムダン)、色の日記」

●予告編

●ブルーレイ/DVD

BOX1~3 好評発売中!
ブルーレイ)21,000円+税  DVD)18,000円+税

映像特典:メイキング/インタビューほか
封入特典:ガイドブックレット

発売元:フジテレビ/フィールズ/エスピーオー
販売元:エスピーオー