レポート・インタビュー
キャストインタビュー

「師任堂(サイムダン)、色の日記」キャストorスタッフのインタビューを毎週1名ずつ掲載していきます。
今週は、サイムダンを一途に愛する芸術家であり王族のイ・ギョムを演じた、ソン・スンホンさん!


<プロフィール>
ソン・スンホン(宜城君イ・ギョム)
1976年10月5日生まれ。雑誌モデルから芸能界入り。「男女6人恋物語」(96)でブレイクし、「秋の童話」(00)の大ヒットで海外にも熱烈なファンを獲得。その後も「エデンの東」(08)、「マイ・プリンセス」(11)、「Dr.JIN」(12)など話題作に出演。14年の映画『情愛中毒』では過激なラブシーンを演じるなど、年齢とともに益々演技に磨きをかけている。


第1回:2017.8.9掲載
第2回:2017.8.10掲載

ソン・スンホン(宜城君イ・ギョム)#2

― 今回はすべて事前制作ですが、いかがでしたか?

初めての事前制作の出演作だったのですが、ほぼ1年間、四季をすべて作品に盛り込みながら 30話の作品に仕上げました。

一つだけははっきり言えますが、完成度の側面からするとどの作品よりも自信があります。

個人的に俳優の立場から言うと、キャラクターを研究及び分析するためにこれほど良い環境はなかったと思います。

韓国ドラマの現場はとてもタイトで大変なんです。
今日撮影した映像を明日、明後日には放送するという状況です。

事前制作ドラマとしてより完成度の高い作品を視聴者の皆様にお見せできるのは、俳優としてはとても嬉しいことだし、今後も事前制作がされるといいなと思います。
俳優と監督、スタッフが一体となって作品に没入できたことがとてもよかったと思います。


― 事前制作の場合、制作途中で視聴者の反応はわからないわけですが、それについて不安になることはありませんでしたか?

たしかに一部では、不安ではないか、という意見がありました。

ほとんどのドラマが相当スピーディーに制作段階を踏んでいきます。
すぐ撮影して、すぐ放送して、視聴者からの反応で方向性を決めて・・・。

もちろんその方法でドラマを作る事にもメリットはありますが、その為には、あまりにも多くのスタッフと俳優が苦労をします。
キャラクターへ没入できる時間があまりにも足りないし、演技的な面においても完成されてない姿をお見せするしかないので、演技力がある方しか対応できないのではないかと思います。

事前制作はもっと努力して、より完成した姿を視聴者の皆様にお見せできるのがとてもいいところですね。
完成してから放送されるので、視聴者の反応をチェックしながらの撮影はできないけれど、俳優として完成度の高い姿をお見せできるので、私はこの方法がより良いと思います。

この事前制作のシステムが活性化され、もっと愛されるといいですね。
きっと、このような環境が次第に定着していくと思っています。


― 江原道での撮影はいかがでしたか?撮影中に印象に残っている風景や撮影現場でのエピソードを教えてください。

撮影してる間ずっと都心から離れ、田園生活をしてるような気持になれました。
車やビルはないし、いつも韓屋(=韓国伝統屋敷)や宮殿で生活していたので、窮屈な都市生活から離れて、撮影してる間、癒される気分でしたね。まあ、その時代では当たり前なことですが。(笑)

現実から離れ、とても空気がキレイな場所にいて。どうしてもソウルよりは地方のほうが空気がきれいですからね。
よい思い出だけが残っています。

食事に関しては、どこかに食べに行くわけではなく、常にケータリングの車が来ていて、そこで食べていました。(笑)
でも、そのケータリングも本当に美味しかったですよ。
それから、 「師任堂」での良い思い出は皆一緒にご飯を食べられたことですね。



― イ・ギョムはサイムダンを一途に想いつづけますが、彼のように同じ人を愛し続ける一途な愛情をどのように思いますか?

現実では、なかなか存在しないキャラクターですよね。
20~30年間、一人の女性を愛する男は現実では本当に見当たらないですよ。

だからこそ、ドラマ上だとしても、そういった役を演じられることがとても面白くて、光栄に思います。

― 愛し続けること、愛され続けること、どちらが幸せだと思いますか?またそう思う理由は?

愛するのも、愛されるのも、嬉しいことですよね。
どっちが大事とか言いづらいですが...恋人同士が互いに愛し合うのが何より良いことです。

私自身は愛するときはできるだけ相手によくしてあげようと最善を尽くします。
ただ、その最終的なその愛の結実が何なのかはわかりません。結婚して子供が産まれることが愛の結実かもしれないけど。

ただ私はとにかく、誰かを愛するときは最善を尽くそうと思います。

たまにクールな男性、あまり優しくない男性に魅力を感じるという女性もいますが、それが本当なのかは気になりますね。
痛い目にあってないからそう言えるんじゃないかな(笑)。 

私は本当に最善を尽くします。
そうすることで、別れることになった時、辛いけれど悔いは残らないと思うんです。


― 年を重ねるごとに男性としても俳優としても素敵になっていくように見えます。
自分を磨くためにどんなことをしていますか?

特別に自分を磨いていることは...週に6回皮膚科管理を受けていることでしょうか?
...冗談です。(笑)

私は普段、時間があれば極力運動をしています。
タバコは10年以上前にやめました。私が今までやったことの中で一番よくやったことだと思います。
お酒はあまり飲めないのですが、飲みの席は好きですね。

なので、自分を磨くためにやっていることは、時間を作って運動をしようすることと、出来る限り日常においてストレスを受けないようにしています。
幼馴染みの男友達としょっちゅう会ってお喋りすることでストレスを解消したりしています。

あとは...
そうですね、何が幸せなのかを考えてみようとしています。
そして仕事においても出来るだけストレスを受けないようにしています。

年を重ねていくうちに少し怠けるようになった気もします。

昔はいつも仕事を完璧にこなそうと結構シビアでした。何か一つでも抜けていることを許せないぐらい厳しかったんです。
でも後から振り返ると、それが特別大事なことではなかったと気が付きました。

今はもっと余裕を持って、楽しく過ごそうとしています。

― ソン・スンホンさんにとってこの「師任堂(サイムダン)、色の日記」はどのような作品となりましたか?

すべての男性俳優の夢だと言える「イ・ヨンエ先輩と共演した人だ!」って堂々とこれから言える作品ですね(笑)。

そして、事前制作のドラマは今回が初めてでしたが、より完成度の高い作品を披露しなければならないということは、演技的にも同じでしたね。
だから、視聴者の皆さんにも「待った甲斐があった」と言われたいし、そのため皆が精を出して頑張ったので期待していただけると思います。

― 最後に「師任堂(サイムダン)、色の日記」をこれから見る日本のファンにメッセージをお願い致します。

私とイ・ヨンエ先輩、監督、また素晴らしい先輩、後輩の俳優たちが最善を尽くして作り上げました。
皆様が長い間待ちに待った『師任堂』という作品は本当に韓国の美しい文化や空気感をご紹介できる作品になると思います。

またその中で、師任堂やイ・ギョムの哀切な恋も皆様にお見せできると思うので、一日も早く皆様に挨拶したいです。
何卒ご期待くださいね。皆様からのご声援、ご関心をお願いします。ありがとうございます。


================

「師任堂(サイムダン)、色の日記」

●予告編

●ブルーレイ/DVD

BOX1~3 好評発売中!
ブルーレイ)21,000円+税  DVD)18,000円+税

映像特典:メイキング/インタビューほか
封入特典:ガイドブックレット

発売元:フジテレビ/フィールズ/エスピーオー
販売元:エスピーオー

©Group Eight