Cinem@rt アジアをもっと好きになる

ぶっとい二の腕に包まれたいあなたに贈るアジア映画5選

夏だ! T シャツだ! 筋肉だ! でも哀しいかな。今年も夏のレジャーは”お預け”となりそう。ならば映画で筋肉三昧。アジアを代表するマッチョ自慢に着目し、おうちで彼らのぶっとい二の腕に包まれている夢を味わってはいかが?
 

<韓国代表>マ・ドンソク『新感染 ファイナル・エクスプレス』


まずは筋肉と言えば、二の腕が太すぎて絶対”気をつけ”が出来ないこの男。新感染 ファイナル・エクスプレス(16)でゾンビたちを腕一つでバッタバッタとなぎ倒し、まさに身一つで世界中の人々を虜にしてしまった”マブリー”ことマ・ドンソク兄貴だ。

米国育ちで元ボディビルダーの異色の経歴を持ち、40歳代にしてブレイクした遅咲き。『新感染〜』以降は、一時期の哀川翔か? 竹内力か? というくらい出演作が制作され、おかげで1作ごとにビルドアップしていく肉体を見るのもフェチにはたまらない。


『新感染 ファイナル・エクスプレス』© 2016 NEXT ENTERTAINMENT WORLD & REDPETER FILM. All Rights Reserved.


中でも兄貴のキャラクターが存分に生かされたのが犯罪都市』(17)だ。本作は、激化する中国新興勢力の闇組織VS. 韓国マフィアの抗争を食い止めるべく立ち向かった警察の協力班(強行犯係)の死闘を描いたクライム・アクション。

兄貴演じるは、協力班の副班長マ・ソクトだ。ドラム缶並の肉厚なボディと顔圧は、極悪非道な奴ら以上の迫力。銃やナイフを武器に立ち向かうは、己の肉体のみという腹の座り具合で、存在そのものに痺れまくること間違いナシ。

その一方で堅気の人間には滅法優しく、それがソクトの弱味となってしまうのだが。それもこれも、Instagramで96.1万人のフォロワーがいながら、フォローしているのは噂の17歳年下の恋人でタレントのイェ・ジョンファのみという、あからさまなラブメッセージを送り続ける兄貴の、硬派だがお茶目な一面をも役に投影されているかのようでニンマリ。


そして11月5日(金)には、兄貴が”ドン・リー”名義で出演したハリウッド進出作『エターナルズ』(監督は、『ノマドランド』クロエ・ジャオ!)がいよいよ公開。”不死の種族”であるエターナルズの一員ギルガメッシュだ。

”アベンジャーズ”を継ぐ最強チームの触れ込み通り、アンジー姐さん(アンジェリーナ・ジョリー)演じるセナの背後に、アジャック役のラテン系美魔女サルマ・ハエックと兄貴が控えるという画ヂカラの強さ。今年50歳を迎えて、役者としての新たなフェーズに入った兄貴の活躍を見守ろうじゃないか。 



<2本目は、タイのぶっとい二の腕映画!>

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP