Cinem@rt アジアをもっと好きになる

本名での俳優活動を始めたアーロン!最新作「我願意」がクランクイン

ニュース提供元:絡思本娛樂製作公司

絡思本娯楽製作が制作し、大ヒットギャング映画『角頭-浪流連』の監督レイ・ジャン(姜瑞智/ジャン・ルイジー)と、著名脚本家のウー・ルオイン(呉洛纓)が共同で監督を務めるドラマ「我願意(原題)」が、今月10日にクランクインとなった。

台湾ドラマでは初のテーマとなるカルト犯罪を描いた本作品で、ダブル主演の一人であるアーロン(炎亞綸/ウー・ゲンリン)と、2020電視金鐘獎にて「鏡子森林」で主演男優賞を獲得したヤオ・チュエンヤオ(姚淳耀)がマスコミの前に姿を見せた。

     


ドラマ「我願意」は、アーロンとヤオ・チュエンヤオが初共演する作品。ヤオ・チュンヤオは脚本を読んだ時から、歌って踊れるクリエイティブなスーパースターという役柄が、アーロンにぴったりだと直感的に感じていたそう。また、脚本を読んでいるときに、アーロンが怒った演技をしている場面を目にして、その台詞回しの良さにとても驚かされたとも。

アーロンはこの役柄について4、5年前のトゲだらけだった頃の自分の様だと語る。仕事でスケジュールはいっぱい、疲れてクタクタ、でもやらねばならない…そんな窒息しそうなギャップの中で「すごく疲れていたし、全然楽しくなんかない」と、当時を説明した。


次のページ:アーロンが撮影の際に気を付けていること

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP