Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【アジアドラマ特集2021】<中ドラ座談会>#2 2021年要注目!10人の推したい俳優達

2021年第1回目の特集は、Cinem@rt読者にもファンの多い“アジアドラマ”を深ぼり!今回は、韓国、台湾、中国、タイのドラマを取り上げます。アジドラ有識者の方々が、2020年の振り返りと2021年どんなドラマが、どの俳優がブレイクするか予想!ドラマ好きの皆さんにとって2021年のドラマがより一層楽しみになりますように!(対談内容は2021年1月時のものです)

【パネラー】
青木久美子さん(写真左・以下、青木
アジアンエンタメライター。『韓流ぴあ』『見るべき中国時代劇ドラマ』(ぴあ)、『韓国テレビドラマコレクション』『中国時代劇で学ぶ中国の歴史』(キネマ旬報社)他、情報誌を中心に韓国・中国・台湾などアジアンエンタメの魅力を紹介。好きなジャンルはSF、ファンタジー、ミステリー。

小酒真由子さん(写真中央・以下、小酒
フリーライター。アジアから欧米までドラマについて執筆中。中国・台湾ドラマについては双葉社『韓国TVドラマガイド』にて「熱烈推薦!! 中華ドラマはこうハマる!」を、Cinem@rtにて「アジドラ処方箋」を連載中です。執筆させていただいた、ぴあMOOK『2021年見るべき中国時代劇ドラマ』も発売中ですので、ぜひよろしくお願いします!

島田亜希子さん(写真右・以下、島田
ライター。中華圏を中心としたドラマ・映画に関して執筆するほか、中文翻訳も時々担当。『中国時代劇で学ぶ中国の歴史』(キネマ旬報社)『2021年見るべき中国時代劇ドラマ』(ぴあ)ほかにて執筆記事掲載中。推しジャンル:サスペンス、ミステリー、ホラー、そして中国らしさ満載「聊斎志異」のような古典妖怪ものも面白くて好き。

【アジアドラマ特集2021】中国ドラマ編 座談会 目次
#1  ブームが到来!! 数多くの中国ドラマが日本上陸した2020年(2021.1.29更新)
#2  2021年要注目!10人の推したい俳優達(2021.1.30更新)
#3  大予想!2021年この作品がヒットする!?(2021.1.31更新)

<韓国・台湾・タイドラマ編はこちら>


2021年の推し俳優 その1:シャオ・ジャン(肖戦)

※会話中に登場する作品タイトルは中国現地のもので、日本での放送時に変更になる場合があります。

小酒 私はいま「狼殿下(原題)」を見ていて。プロデューサーのフランキー・チェン(陳玉珊)が「蘭陵王」の次の作品と位置づけて、2017年に撮影したドラマが、昨年の11月末から中国で配信されました。ダレン・ワン(王大陸)が主演で、2番手がシャオ・ジャン(肖戦)なんですけど、フランキー・チェンが3年前にすでにシャオ・ジャンをピックアップしてたのがすごいなと思って!

島田 中国でもこのドラマは話題でしたよね。

◆「狼殿下(原作)」Official Trailer(MQ Media USA)


小酒
 「狼殿下」は時代劇で、元々、時代設定は五代十国時代となっていたんですけど、いざ見てみたら国や人の名前も全部架空で歴史とかわりとどうでもいい感じ。かつて架空設定の時代劇は中国ではNGだったのに、今はいっぱいありますよね。そういえばタイムスリップもNGだったけど、その線引きも曖昧になってきていますし。「傳聞中的陳芊芊(原題)」衛星劇場で春放送予定)も異世界転生ものというのか、自分が書いたドラマの脚本の中に入る物語なんです。

島田 今、そういった設定の時代劇がまた出てきましたよね。ゲームから入っていくドラマとか。

小酒 「狼殿下」のシャオ・ジャンがすごいのは、普通2番手というと悪役だったり、ヒロインとのキスシーンなんて無い感じなのに、「狼殿下」のシャオ・ジャンは悪役ではないし、ヒロインのリー・チン(李沁)とのラブシーンもいっぱいあって(笑)。フランキー・チェンは視聴者の要望・妄想にいっぱい応えてくれていて、すごいなって!

青木 そういえばシャオ・ジャンは2019年にDVDが出た「華麗なる皇帝陛下」でもかなりいい2番手でしたよ。ギャグ満載なんだけどせつないシーンも結構あって、悪役に見えて実はすごくいい人、という2番手。


シャオ・ジャン 
「華麗なる皇帝陛下」より。© Huoerguosi Wajijiwa Entertainment Culture Co., Ltd. 2018

小酒 彼はいつもおいしいところをゲットしていますね。

青木 役に恵まれてるのか、愛されているのか!?


2021年の推し俳優 その2 チュー・イーロン(朱一龍)

青木 私はチュー・イーロン(朱一龍)がわりと好きですね。時代劇や「鎮魂」では冷静でクールで動かないイメージなのに、『タイム・レイダーズ』シリーズドラマ「重啓之極海聽雷第一季(原題)」は結構アクティブな感じで!

小酒 確かに今までは、色白で病弱そうなイメージがありましたよね(笑)。

青木 「重啓之極海聽雷第一季(原題)」はまだチラ見しかしていないけど、かなり動いてそうだと思って。激しく動くチュー・イーロンが見たいです(笑)。


チュー・イーロン 
「明蘭~才媛の春~」より。© Daylight Entertainment CO.,LTD 


<次のページ:主演作が続々!注目しておきたい若手俳優達>

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP