Cinem@rt

アジアをもっと好きになる

連載

中国の歴史☆プチ解説 :第14回「清」




豪華絢爛で壮大なスケールで描かれる物語や、華やかな美男美女たちの競演に、心奪われる中国歴史ドラマの数々―
日本でも 「王女未央-BIOU-」「孤高の花~General&I~」など数多くの作品が放送され注目を集めています。歴史を知らなくても十分楽しめる作品は多いですが、少し知識があるともっと面白い! ...という事で、中国の各時代を時系列に沿って解説!各時代のドラマ作品も併せてご紹介します。


★毎週水曜更新

<周> ⇒ <春秋> ⇒ <戦国・秦> ⇒ <前漢> ⇒ <後漢> ⇒ <三国> ⇒ <晋・五胡十六国> ⇒ <南北朝> ⇒ <隋・唐> ⇒ <北宋> ⇒ <南宋> ⇒ <元> ⇒ <明> ⇒ <清> ⇒ <中華民国> ⇒ <中華人民共和国>

参照:中華歴史ドラマ列伝


*****




清(しん)
1644年~1912年



「月に咲く花の如く」より



明(みん)朝末期、その支配に対抗すべく女真(満州)族を統一したヌルハチが反旗を翻し、1616年に金(きん)を建国。その子・ホンタイジが国名を清(しん)と改名した後、明朝の残党を一掃し、国政を執ることになる。少数民族でありながら、圧倒的多数の漢民族を巧みな行政裁量で支配し、長らく安定した時期を迎えることに成功する。

だが、19世紀に入ると財政的に陰りが見え始め、外交問題で諸外国と幾度となく衝突することに。特に、惨敗を期し不平等な条約を突きつけられた、イギリストとのアヘン戦争や日本との日清戦争などは有名。

その弱体化した国力が晒され、やがて滅亡の一途を辿った清国の末路は、映画『ラストエンペラー』('87)でも描かれている。



=====<清>の関連ドラマ作品はこちら!=====




「月に咲く花の如く」

アワード12冠獲得!総製作費68億円!2017年中国時代劇ドラマ視聴率No.1の大ヒットラブ史劇超大作!
貧しい娘から大豪商へ、激動の時代を懸命に生きた魅力あふれるヒロインの愛と人生の物語



両親を知らぬまま養父・周老四(リウ・ペイチー)に育てられた周瑩(スン・リー)は自由奔放に生きてきた。だが、涇陽で大商家である呉家東院の若旦那、呉聘(ピーター・ホー)と出会って人生が一変、運命に導かれるように使用人の身から呉聘の妻になると、持ち前の商才を発揮して夫を支え始める。ところが、平穏な日々は長くは続かなかった。愛する家族の死、政治的陰謀による家業の危機と、次々と大きな試練に見舞われた周瑩。彼女はやがて女手一つで呉家東院を切り盛りしていくことになり......。

★Amazon primeで好評配信中!
Amazonprime 「月に咲く花の如く」作品ページ

cHS Entertainment Group Incorporated

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP