Cinem@rt アジアをもっと好きになる

連載

中国の歴史☆プチ解説 :第13回「明」




豪華絢爛で壮大なスケールで描かれる物語や、華やかな美男美女たちの競演に、心奪われる中国歴史ドラマの数々―
日本でも 「王女未央-BIOU-」「孤高の花~General&I~」など数多くの作品が放送され注目を集めています。歴史を知らなくても十分楽しめる作品は多いですが、少し知識があるともっと面白い! ...という事で、中国の各時代を時系列に沿って解説!各時代のドラマ作品も併せてご紹介します。


★毎週水曜更新

<周> ⇒ <春秋> ⇒ <戦国・秦> ⇒ <前漢> ⇒ <後漢> ⇒ <三国> ⇒ <晋・五胡十六国> ⇒ <南北朝> ⇒ <隋・唐> ⇒ <北宋> ⇒ <南宋> ⇒ <元> ⇒ <明> ⇒ <清> ⇒ <中華民国> ⇒ <中華人民共和国>


参照:中華歴史ドラマ列伝


*****




明(みん)
1368年~1644年



「金蘭良縁」より cChina International TV Corporation




紅巾軍の朱元璋(しゅげんしょう)が、長江流域を統一し明を建国。元(げん)を北方に追いやり、全土の再統一を果たす。

積極的な外交で広く交易の手を伸ばしていたが、内政に関しては徹底した恐怖政治を行なった。その結果、宮廷の権威は失墜し、郷紳と呼ばれる地方官僚が力を付けていくことに。さらに北方諸国や倭寇と呼ばれる海賊の襲撃で国力は低下し、1644年、反乱勢力によって攻め滅ぼされてしまう。

政治の面では暗い時代であったが、この頃は大衆文化が花開いた時期でもあり、「三国志演義」「水滸伝」などの小説や、景徳鎮産に代表される陶磁器、さらに陽明学と呼ばれる思想など、今に名を残す文化の数々が生まれたことも忘れてはならない。



=====<明>の関連ドラマ作品はこちら!=====



「金蘭良縁」

「花千骨(はなせんこつ)~舞い散る運命、永遠の誓い~」ウォレス・フォ× 「王女未央-BIOU-」ティファニー・タン豪華共演!
ひとつの嘘から巻き起こる、愛らしくも爽快な愛の物語



明王朝の時代。皇太后の推薦で、良家である金家と江家の婚姻がとりおこなわれることになった。しかし金家の一人息子、金元宝(ウォレス・フォ)はこの結婚に乗り気ではない。また婚約者である江家の娘、江暁萱には好きな男性がおり、彼女は式の前日に逃げ出してしまう。そんな時、変わ者だが男気あふれる旅芸人の娘・玉麒麟(ティファニー・タン)は養母である王慧蘭の実の息子を探す手助けをするため、金家に潜入。しかし、ひょんなことから失踪した江暁萱の身代わりとなって、金元宝と結婚してしまうことになってしまい―。

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP