Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【イ・ジュンギ 歴代キャラクター図鑑】#3黄金期編:「麗」「クリマイ」「無法弁護士」…カリスマ性と円熟味と大人の余裕。唯一無二の存在感を放ち、信頼される俳優に

「悪の花」で、複雑な内面をもつ難役を真に迫る演技で魅せたイ・ジュンギ。そこで今特集では、彼がこれまで演じてきた主なキャラクターを分析。俳優人生の集大成ともいえる「悪の花」のペク・ヒソン役に、いかにしてたどり着いたのか、俳優としての軌跡を3回にわたり振り返ります。

ラスト3回目となる今回は【黄金期編】。15キロ減量して挑んだ「麗」以降の3作品に迫ります。


その⑪ 多面性をもつ孤独な皇子役でカリスマ性が爆発!

「麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~」 2016年

高麗時代を舞台に、現代から魂だけがタイムスリップしたヒロインと、8人の皇子たちが繰り広げる愛と王位争いを描いた王宮ロマンス。“血の皇帝”の異名をもつ光宗の皇子時代ワン・ソに扮したイ・ジュンギのカリスマ性が爆発

イ・ジュンギ&ヒロイン、へ・スを演じたIUとの好相性、野望と愛の間で葛藤する皇子たちの物語も見る者を惹きつけ、新たなファン層を獲得する名作となった。

Character ワン・ソ

幼い頃に顔に傷を負い、母からも兄弟からも疎まれて育った孤独な第4皇子。傷を隠すため仮面をつけて暮らし、他人に心を開かないため、冷徹残忍な人間と思われているが、実は繊細で、傷つきやすい。愛し方を知らないため、好きな相手に強引になりすぎたり、愛されることに慣れないため、いざ愛されるとドギマギしたり、ギャップがひどい(つまり可愛い)

8人の皇子のなかで、もっとも王としての素質を備え、愛するへ・スを守るため、王の座に野望を見せていく。

見どころ

仮面と長髪により片目を隠したビジュアルがすでに最強。全身にヒリヒリした壁を作り近寄りがたいが、へ・スに顔の傷を見られた瞬間、戸惑い、表情が震えるなど、もろく弱い面が見え隠れ。久々に会う母に精一杯の笑顔を見せるも、すげなくされてしょげたりと、常に不憫で、いじらしい子供のよう

へ・スに心を許して以降の強引な愛情表現もたまらない。「お前は私の人だ。勝手に私から離れることも、死ぬことも許さん」などと、キュン死必至のセリフでぐいぐいアプローチする俺様ぶり、悪くない(むしろ良い)。

王座についてからのワン・ソの孤独切ない求婚すれ違いの王宮生活など、物語終盤は胸締め付ける展開に涙涙。愛と王位をめぐる兄弟間の対立にハラハラし、唯一信頼で結ばれたペガ(扮ナム・ジュヒョク)とのブロマンスにグッとなりと、8人の皇子たちのドラマも熱い。


◆「麗〈レイ〉~花萌ゆる8人の皇子たち~」日本版公式予告



その⑫ 頭脳明晰、研ぎ澄まされた身体能力。犯罪捜査のエース役

「クリミナル・マインド:KOREA」 2017年

世界中にファンをもつ大ヒット米ドラマシリーズを世界初リメイク。NCI(国家特殊犯罪捜査局)犯罪行動分析チームに所属する個性豊かなプロファイラーたちを主人公に、緻密でスリリングな捜査劇を繰り広げていく。

真っ先にキャスティングにあがったイ・ジュンギは、チームのエース的存在の捜査要員キム・ヒョンジュン役に。シリアスで恋愛色ゼロだが、さまざまな事件に挑むなかで徐々に浮き彫りになっていく要員たちの背景、人間ドラマに魅せられる作品になっている。

「悪の花」で夫婦役を演じたイ・ジュンギ&ムン・チェウォンは、過去のある事件あるに因縁をもつチームメイト役で初共演している。

Character キム・ヒョンジュン

警察特攻隊爆発物処理班出身で、身体能力、頭脳ともに優れた捜査要員。犯罪者の立場から犯人の行動を分析することが得意で、その過去を疑われることも。心優しく親しみやすいため子供になつかれ、外見がよく紳士的なため女性にもモテる

一方で、警察官の父を目の前で亡くし、淡い初恋と兄に絡む殺人事件を幼い頃に経験、心の傷となっている

見どころ

ヒョンジュンが使うのは、ロシアの格闘術システマを元にした武術。随所で見せるシャープなまわし蹴り、スピーディかつ生身を感じさせるアクション、無駄のない動きで敵を制圧する姿は、文句なくカッコいい

また、事件を推理、分析していていく落ち着いたセリフまわしも聞きやすく、捜査ドラマの緊迫感を高めている。

茶目っ気を封印し、感情は抑制されているが、被害者の心に寄り添う優しさ、温かな微笑みのなかに時折見せる寂しげな眼差しが心惹く。名優ソン・ヒュンジュ演じるチーム長ら仲間とのチームプレイと絆、犯人との緊張感あふれる対峙など、見応えも多く、イ・ジュンギ現代劇演技の真骨頂が見られる作品に。


◆「クリミナル・マインド:KOREA」日本版公式予告



その⑬ 破天荒だけど人間味あふれる弁護士役。格闘技も披露!

「無法弁護士~最高のパートナー~」 2018年

法の抜け道をかいくぐり、ときには拳も使いつつ勝訴を導くアウトロー弁護士が、母を殺した仇でもある巨悪に挑んでいく痛快な法廷復讐劇。「犬とオオカミの時間」でイ・ジュンギの“アクションを魅せる俳優”としての才を引き出したキム・ジンミン監督と11年ぶりにタッグ

脚本は、「リメンバー~記憶の彼方へ~」のユン・ヒョンホが担当。社会派エンターテイメントとしての痛快さに、ロマンスの胸キュン、仲間たちとの愉快なシーンも盛り込んだ見どころ満載ドラマに仕上がっている。

Character ホン・サンピル

幼い頃に母を殺され、組織暴力団ボスの伯父のもとで育ったヤクザな弁護士。一見軽薄だが頭脳明晰で、ワルそうに見えて紳士的。チンピラたちを仲間に取り込み、法律事務所を立ち上げるなど、やり方は何かと型破り。母の復讐を誓い、生まれ故郷に帰還。強すぎる正義感ゆえに業務停止処分を受けた女性弁護士ジェイ(扮ソ・イェジ)を事務長にスカウト。しかし、そこに因縁が……?!

見どころ

図々しく大胆なやり方で、法廷をかき回すなど問題を起こしがちだが、実は仲間を助けるためだったり、貧しい負債者たちを助けていたり、知れば知るほど意外な人間力を魅せるサンピルに夢中。 気の強いジェイとサンピルがコンビを組んで事件を解決していく様も痛快。2人の掛け合いも小気味よく、ときに仕事の相棒として、ときに頼れる恋人として、彼女を命がけで守り抜こうとするサンピルにはときめくしかない。

危ない橋を渡ることも多く、大勢の男たちを相手に繰り広げる華麗な蹴り技、手技に魅せられる(アクションでは、得意のブラジリアン柔術を駆使)。「兄貴」と慕うチンピラたちとの愉快なやり取りと熱い絆に泣き笑いし、巨悪の根源を怪演したチェ・ミンスとイ・ヘヨンというカリスマ俳優たちとの演技バトルにゾクゾク。ジュンギには珍しい甘いロマンスシーンもあり

チンピラ弁護士という、一歩間違えれば、泥臭いはみ出し者になりがちなキャラクターを、大人の余裕を感じさせるスマートさで魅せ、軽妙洒脱で緩急の利いたキャラクターに作り上げている点が目を惹く!

◆「無法弁護士~最高のパートナー~」日本版公式予告


成長期から成熟期、黄金期と「悪の花」に至るまで、実に多様なジャンル、多様なキャラクターを演じてきたイ・ジュンギ。見返してみると、また新たな発見、見方に出会えるかも!

「悪の花」の演技・キャラクター分析は、1月27日開催の「悪の花」オンライントークイベントでお話しいたします。後日掲載のレポートもお楽しみに!

TEXT:高橋尚子(編集・ライター)
ライター兼編集者。第一次韓流ブーム到来時に「韓国TVドラマガイド」(双葉社)を立ち上げ、現在まで責任編集を手がける。ドラマを中心に韓国のエンターテイメントについて、雑誌やWEBで執筆活動を展開する一方、韓国エンターテイメントナビゲーター田代親世さんと韓ドラ愛をひたすら語るYouTubeチャンネル「韓ドラマスター親世と尚子の韓ドラ感想語り」を配信中。「韓流自分史」編集長・野田智代さんとの企画「韓流セッション」も開設!

Edited:野田智代(編集者、「韓流自分史」代表)


「悪の花」リリース情報
DVD-BOX1)2021年12月3日(金)発売 【映像特典】メイキング 【封入特典】ブックレット
DVD-BOX2)2021年12月24日(金)発売 【映像特典】メイキング、イ・ジュンギインタビュー 【封入特典】ブックレット 各16,500円(税込)
レンタルDVD)vol.1~vol.8:2021年12月3日(金)よりレンタル開始 vol.9~vol.16:2022年1月7日(金)よりレンタル開始

2020年|韓国|音声:オリジナル韓国語・字幕:日本語|発売・販売元:エスピーオー
© STUDIO DRAGON CORPORATION

その他、エスピーオーがお届けしているイジュンギ作品

「無法弁護士~最高のパートナー」DVD-BOX1・2
「クリミナル・マインド:KOREA」DVD-BOX1・2
「朝鮮ガンマン」DVD-BOX1・2
「TWO WEEKS」DVD-BOX1・2
「マイ・ガール」DVD-BOX1・2
すべて<シンプルBOX 5,000円シリーズ>にて発売中!(1BOX 各5,500円(税込))


記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP