Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【アジアドラマ特集2021】<韓ドラ座談会>#3 大予想!2021年の韓国ドラマはこうなる!

2021年、新年第一回目の特集「アジアドラマ2020-2021」では、韓流ブームなどという言葉がなかった時代から韓国のコンテンツにどっぷり浸ってきた、まさに“韓流生き字引”のお三方に、去年からの韓国ドラマの日本と韓国のトレンドや、今年大注目のイケメンライジングスターまでを、たっぷり3回に分けて語っていただきます☆彡(対談日時:2020年12月21日)

【パネラー】
高橋尚子さん(写真左・以下、高橋
『韓国TVドラマガイド』(双葉社)編集チーフ。エンタメライターとして雑誌やWEBなど各種媒体に執筆。新旧激推しドラマ:『ハンムラビ法廷〜初恋はツンデレ判事⁉〜』『天気が良ければ訪ねていきます(原題)』。

杉本真理さん(写真中央・以下、杉本
『韓国TVドラマガイド』(双葉社)編集担当。ほかに『韓国テレビドラマコレクション』(キネマ旬報社)監修など。私的推薦作:『(知ってることはあまりないけれど)家族です(原題)』。『哲仁王后』。超私的注目俳優:ユ・テオ

露木恵美子さん(写真右・以下、露木
『韓流ぴあ』(ぴあ)編集長。TOKYO FMとJFNCの音声サービス『AuDee(オーディー)』にて配信中の『韓流ぴあpresents K♥♥♥MAX』監修。推しジャンル:サスペンス、ミステリー。ストーリーも挿入歌も◎な「応答せよ」シリーズは強く推したい。

【アジアドラマ特集2021】韓国ドラマ編 座談会 目次
#1  「不時着」「梨泰院」だけじゃない!2020年の名作ドラマたち(2021.1.21更新)
#2  日本のトレンドとまるで違う。韓国で話題沸騰した2020年の人気ドラマ(2021.1.22更新)
#3  大予想!2021年の韓国ドラマはこうなる!(2021.1.25更新)

<台湾・中国・タイドラマ編はこちら>


2021年は、韓国から極上のサスペンスが日本上陸!
パネラー三人の韓ドラ愛が止まらない!!!

※会話中に登場する作品タイトルは韓国現地のもので、日本での放送時に変更になる場合があります。

――前回は韓国現地でのドラマのトレンドを伺って、もともと定評のあった韓国サスペンスが近年ますますスゴイことになっている!と盛り上がったところで終わりました。で、高橋さんが「悪の花(原題)」を語りたいと……。おまたせしました存分に話してください。(笑)

高橋 私が2021年、日本でおススメしたい作品はズバリ、イ・ジュンギ主演の悪の花(原題)です! ハッキリいって名作! 久々に現れた“廃人〔ペイン〕ドラマ”です。ただネタバレ厳禁だから、見て!としかいえない。
(廃人ドラマ※編集注:ほかの事が手につかず廃人になるほど面白いドラマを韓国でこう呼んだ。2004年「ごめん、愛してる」から流行語に)

露木 “廃人”って久々に聞いたわ。つまり中毒になってしまうと?

高橋 そう! さっき話にも出ていた「自白」の演出家の作品です。「14年間愛した夫には誰には誰にも言えない過去があった…!」というキャッチコピーで、どう考えてもサスペンス。だから身構えて見始めたのだけれど、まてまて……これ胸締め付けるロマンスじゃん!ピュア男子の愛じゃん!って、もう夢中。

杉本 1話のイ・ジュンギにいきなりゾクッとさせられました。妻や娘に向けた優しい姿と、そうじゃない姿と。もしやむちゃくちゃ悪い人?って。その上で、毎回、え?善人悪人どっちなの?ってなる。さらに驚きの展開で……脚本も演出も秀逸だなと。


「悪の花(原題)」©STUDIO DRAGON CORPORATION

高橋 彼が選んだ作品だから、ただの悪役じゃないとは思っていたけど……想像の遥か先だった。これまでの主演作なら「麗<レイ>~花萌ゆる8人の皇子たち~」が“廃人ドラマ”だったと思うのだけれど、あのワン・ソ並みに心をつかむ。加えて注目してほしいのが彼の演技の変化です。

杉本 細部までこだわるタイプの俳優が、今回は監督にすべてを委ねて演じたと聞いて驚きました。

高橋 そう。十八番のアクションを最低限に抑えたり、演技のアプローチを変えたことで、表現の幅が一段あがっているの。イ・ジュンギ史上最高傑作であることは間違いです。

杉本 ジャンルミックスのお手本のような作品ですよね。ロマンスとサスペンスに絞って、濃密なハイクオリティ作品に仕立てた。


「悪の花(原題)」©STUDIO DRAGON CORPORATION

<次のページ:2021年、若手イケメン俳優が大豊作! 除隊組も目が離せない!>

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP