Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【アジアドラマ特集2021】<韓ドラ座談会>#2 日本のトレンドとまるで違う。韓国で話題沸騰した2020年の人気ドラマ

2021年、新年第一回目の特集「アジアドラマ2020-2021」では、韓流ブームなどという言葉がなかった時代から韓国のコンテンツにどっぷり浸ってきた、まさに“韓流生き字引”のお三方に、去年からの韓国ドラマの日本と韓国のトレンドや、今年大注目のイケメンライジングスターまでを、たっぷり3回に分けて語っていただきます☆彡(対談日時:2020年12月21日)

【パネラー】
高橋尚子さん(写真左・以下、高橋
『韓国TVドラマガイド』(双葉社)編集チーフ。エンタメライターとして雑誌やWEBなど各種媒体に執筆。新旧激推しドラマ:『ハンムラビ法廷〜初恋はツンデレ判事⁉〜』『天気が良ければ訪ねていきます(原題)』。

杉本真理さん(写真中央・以下、杉本
『韓国TVドラマガイド』(双葉社)編集担当。ほかに『韓国テレビドラマコレクション』(キネマ旬報社)監修など。私的推薦作:『(知ってることはあまりないけれど)家族です(原題)』。『哲仁王后』。超私的注目俳優:ユ・テオ

露木恵美子さん(写真右・以下、露木
『韓流ぴあ』(ぴあ)編集長。TOKYO FMとJFNCの音声サービス『AuDee(オーディー)』にて配信中の『韓流ぴあpresents K♥♥♥MAX』監修。推しジャンル:サスペンス、ミステリー。ストーリーも挿入歌も◎な「応答せよ」シリーズは強く推したい。

【アジアドラマ特集2021】韓国ドラマ編 座談会 目次
#1  「不時着」「梨泰院」だけじゃない!2020年の名作ドラマたち(2021.1.21更新)
#2  日本のトレンドとまるで違う。韓国で話題沸騰した2020年の人気ドラマ(2021.1.22更新)
#3  大予想!2021年の韓国ドラマはこうなる!(2021.1.25更新)

<台湾・中国・タイドラマ編はこちら>


日本で人気のラブロマンスドラマは韓国では縮小傾向!?
韓国ドラマのトレンドをチェック!

※会話中に登場する作品タイトルは韓国現地のもので、日本での放送時に変更になる場合があります。

――前回は日本での韓国ドラマのトレンドを伺いましたが、今回は韓国現地でのドラマのトレンドについて教えてください。ウケる作品の傾向って違いますか?

露木 日本はとにかくラブコメディですよね。その次がラブストーリーで……。でも、現地はそうじゃない。むしろラブロマンスは縮小方向とも言えます。

高橋 韓国での2020年の視聴率ランキングの上位作品をみると、人気医療ドラマの続編浪漫ドクターキム・サブ2や、プロ野球団を舞台にしたストーブリーグ、「応答せよ」シリーズスタッフによる賢い医師生活などの良質職業ドラマ、28%の高視聴率を獲得した「夫婦の世界(原題)」「ペントハウス(原題)」のようなラブサスペンス、誰も知らない(原題)」「秘密の森といった社会派捜査劇が上位にいる。「愛の不時着」はランキング唯一のロマンチックコメディだったくらい。

杉本 ロマンスがないわけじゃなく、比重が変わったんですよね。以前なら、「タイムスリップ後はロマンス」だったのに、今のトレンドは「タイムスリップして事件解決して+αでロマンスを匂わす」とか。昔は仕事そっちのけで恋人のもとに走っていった人たちが、今では仕事で頑張るようになったとか。


「浪漫ドクターキム・サブ2」©SBS

高橋 (笑)。たしかにきちんと仕事するシーン、圧倒的に増えたよね。あと、舞台になる職種や、描く世界やジャンルも増えて、より視聴者との距離が近くなったように思う。

杉本 例えば新人教師が主人公のブラックドッグ~新米教師コ・ハヌルは、教師同士の人間関係だったり契約問題だったりを描くため、生徒があまり登場しないという異色の学園ドラマでした。「ストーブリーグ」も、これまでなら陰謀に巻き込まれて挫折した選手が再び輝くまでを描いていたであろうところを、経営側・裏方の物語にして、選手はあくまでサブキャラに設定している。あ、ちなみにこの弱小球団のGM役のナムグン・ミン素晴らしかったです。

露木 年末のSBS演技大賞は彼が獲ると思いますっ。(※編集注:12月31日の授賞式にてナムグン・ミンが2020年のSBS演技大賞を受賞)

高橋 MBCは「コンデインターン(原題)」が有力です。ラーメン開発の物語ですが、若い上司と中年インターンが凸凹ぶりを発揮。パワハラだったり、世代問題だったりの社会問題や、会社あるあるをコメディ作品としてうまく描いている作品でした。あっ! どちらも職業ドラマですね。
(※編集注:12月30日の授賞式にて「コンデインターン」のパク・ヘジンが2020年のMBC演技大賞を受賞)

露木 かつてロマンス一辺倒だった韓国ドラマが、2014年の「ミセン―未生―」の社会的大ヒット以降、職業ドラマ、群像劇としてここまで発展してきたのかと思うと感慨深いです。

◆「コンデインターン(原題)」KNTV予告編

<次のページ:最近のドラマの傾向:飛ばし見できないドラマが増えた!?>

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP