Cinem@rt アジアをもっと好きになる

インタビュー(アジア)

「時をかける愛」アリス・クー 前編"直感と本能から演じたいと直感した"

台湾の若手演技派俳優が共演し大ヒット!21年前と現在、2つの都市、2つの時代が交差する超本格派ラブミステリー「時をかける愛」。本作でヒロイン黄雨萱と、1998年に生きる高校生・陳韻如を演じたアリス・クーに話を訊いた。

前編"直感と本能から演じたいと直感した":2020.7.15更新
後編"このシーンのもつ境地と意味はすごく美しい":2020.7.16更新
グレッグ・ハンインタビュー"僕の心はぎゅっと締め付けられる":掲載中

=====


© Fox Networks Group Asia Pacific Limited, Taiwan Branch & Three Phoenixes Production Co. Ltd. All right reserved.



― まず本作に出演することになった経緯を教えてください。

以前、三鳳製作公司(※本作の制作会社)と一緒に仕事をしたことがあり。プロデューサーのフィービーさんが初めて私に「時をかける愛」の話をしたのは、この脚本が完成する直前、2017年のことでした。

彼女曰く、当時脚本家は私を想像しながらこのキャラクターを書いていたそうで。その時に彼はグレッグ・ハンを男性主人公に起用しようという大胆なアイデアも語っていました。グレッグ・ハンはまだ新人で、男性主人公を務めたこともありませんでしたが、彼はとても自然でいい演技をします。制作会社がポテンシャルのある新人にチャンスを与えるのはすごくいいことだと思います。今はなかなか出来ないことでもあります。私個人としても、いいドラマを作るには有名な俳優よりキャラクターに合う、そして実力のある俳優の方がいいと考えています。

私は推理小説が好きです。また、この脚本は恋愛、推理・タイムスリップなどの要素を完璧に織り交ぜていて、今まであるものと違いますし、こういうジャンルはとても革新的な挑戦です。当時私は最初の三話の脚本を読み終わったところで出演したい気持ちを確信しました。そしてすぐプロデューサーに「演じさせてください」とメールし、クランクインを楽しみにしていました。

そう思ったのはある直感と本能からです。物語がとても魅力的なので、続きが気になってその後のことを期待する。一冊の素晴らしい推理小説に出会ったみたいに、すぐに物語にのめり込み、キャラクターと一緒に謎を解いていきたい気持ちでした。



― アリス・クーさんもグレッグ・ハンさんも演じ分けが本当にお見事でした。ぜひその演じ分けの秘訣についてお伺いしたいのですが、撮影に入られる前に、何か事前に準備したことなどはございますか?

事前に準備できるのは脚本を熟読することですかね。私は何回も脚本を読み返しました。今回は二つのキャラクターを演じますし、二つのキャラクターがそれぞれ違う時期と状態にありますし、物語が複雑で時間と空間もバラバラなので、ちゃんと熟読しないとすべての脈絡をはっきり整理できないからです。そして二つのキャラクターの性格、姿態(※姿勢や仕草など)、眼差しなどをできるだけ分けていきながら、わざとらしくなりすぎないように気を付けました。

実は本作の撮影期間は、私は生涯で一番頑張ってスキンケアをした期間でした。毎日フェイスパックをしていました。この年になって高校生を演じるのはかなりのプレッシャーでしたが、脚本が素晴らしすぎるから演じなきゃ、と必死でした。




― 本作は2つの時空を行き来するため非常に複雑な展開を見せますが、脚本は事前に全話分が用意されていたのでしょうか?それとも、撮影をしながら続きを知るという状況だったのでしょうか?また撮影は何か特別な順番で行われたのでしょうか?

全13話で、クランクインした時に既に10話までの脚本をもらっていました。撮影は順撮り(※シナリオの通りに撮影すること)ではなかったので、話数やシーンは全部バラバラ。場所と天気でスケジュールを決めるようなことが多かったです。なので、一日で違うキャラクター、違う時期、違う状態を演じることがよくあり、次第に慣れていきました。

ですが私が第一話の放送を観た時に、これがどれだけとんでもないことだったのかびっくりしました。クランクイン初日に撮影したシーンと撮影開始から2か月半後に撮影したシーンが繋がっていることもあるんですよ。
この作品は本当に脚本にすごく詳しくならないといけません。そうすることで一つ一つのシーンにキャラクターの感情と反応、"このキャラクターは今どこまで知っているか"などが分かります。美術、道具班も非常に気を付けないといけません。みんなはシーンとシーンがちゃんと繋がっているかを慎重に確認して進めていました。



― 演じ分けるためにご自身で工夫したことや、意識したことがあれば教えてください。

今回は同時に2本のドラマを撮影し、2つのキャラクターを演じたような感じがしました。できるだけ性格、眼差しと姿態の面で分けて、二人の違いを作り、切り替える時に分かりやすいようにしてみました。

私は二つのキャラクターに違う匂いの香水を用意しました。これは私にとって制約とリマインドの効果があります。例えば、陳韻如の匂いを嗅いだら私は習慣的に猫背になって、小股歩き、目差しが不安定になるとか。17歳のキャラクターの少女の状態が割と難しかったです。でも、正直に言うと私はベストを尽くすしかありません。演技で年齢という課題を克服するように努力しました。

でも私は、この物語を後半まで見ていくと皆さん年齢のことを忘れると思います。物語が素晴らしすぎるから。私たちが脚本を読んだとき、そして撮影した時の感動、視聴者の皆さんにも伝わると私は信じています。




― 黄雨萱/陳韻如を演じるにあたり、印象に残っている監督や脚本家からのリクエストやアドバイスがあれば教えてください。

特にはありませんでした。監督や脚本家の信頼に感謝しています。私にキャラクターを任せてくれて、演技を発揮する空間をたくさんくれました。監督はよく冗談交じりで私に「あなたはベテランだから心配していない」と言っていました(笑)。

私と監督が、一番難しいそして一番心配していたのは、韻如が雨萱のふりをする部分です。撮影前期から話していて、この部分の撮影は慎重に、時間をかけて調整し、幾つかの違う演技を試してみてもいいと約束をしました。撮影現場で私たちのコミュニケーションは、監督が私に「このシーンは何パーセントの雨萱プラス何パーセントの韻如」。これはとても特別で、印象に残っています。

また、監督はお父さんみたいに私たちをリードして、暖かくて繊細で、冗談も言ったりしました。





<後編へ続きます>


=====

「時をかける愛」放送情報

<ホームドラマチャンネル 韓流・時代劇・国内ドラマ>にて
【本放送】7月16日(木) 深 2:00~ スタート!毎週(木)深2:00~
【再放送】7月30日(木)より 毎週(木)後6:00~
https://www.homedrama-ch.com/special/tokikake



「時をかける愛」DVD情報

セル&レンタルDVD好評リリース中!
・DVD-BOXⅠ&Ⅱ(各11,900円+税)
・DVD-BOX 二巻セット (各23,800円+税)
・レンタルvol.1~13

<<公式サイト>>

発売・販売元:コミックリズ
レンタル販売元:エスピーオー
© Fox Networks Group Asia Pacific Limited, Taiwan Branch & Three Phoenixes Production Co. Ltd. All right reserved.

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP