Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【最新ドラマin中国】消防隊ドラマが人気!? アレン・レン×チェン・シャオユン「藍焰突擊(原題)」に注目が集まる

引用元:wechat 德塔文科技 公式アカウント:「德塔文影视观察」
記事タイトル:「剧日报|《明天也想见到你》开播延续猫的树轻松治愈风格,杨紫成毅《沉香如屑》期待高」


中国で市場分析を展開する德塔文科技による影視観察(datawinfilmtv)データより、2022年4月23日付けのドラマデイリー景気指数TOP10にランキングしたドラマを、ピックアップしてご紹介!(以下、ドラマタイトルは全て原題の表記です)

この日取り上げられた注目作品は、4月16日から放送が開始となったアレン・レン(任嘉倫)と、ドラマ「斛珠<コクジュ>夫人~真珠の涙~」にも出演して注目を集めるチェン・シャオユン(陳小紜)主演の現代ドラマ「藍焰突擊」。

消防員たちを描いた職業ドラマとなるこの作品は、9位にランキング。人気キャストが起用されてはいるが、人気の上昇率は比較的穏やかな傾向が見られ、今後の動きが気になるところ。アレン・レン演じる主人公の成長を描いた物語でもあるので、全体を通しての展開がどうなっていくのかが、人気の鍵となりそうだ。

昨年にもyoukuでゴン・ジュン(龔俊)主演の「你好、火焰藍」が配信されるなど、近年中国では、消防隊が題材となる作品の登場が目立っている。しかし、いずれの作品も、人気俳優を積極的に起用するなど、視聴者をより多く獲得する策を凝らしてはいるものの、大ヒットにつながる良い結果は得られていないのが現状だ。この分野で新たに認められる作品を生み出すのであれば、よりリアルさが感じられる脚本を整えることが必須となり、それがクオリティの高い作品を作り出す近道となりそうだ。

期待の放送予定作品では、検察業界に焦点を当てて描いたドラマ「公訴精英」に出演するディリラバ(迪麗熱巴)、トン・ダーウェイ(佟大為)、ガオ・シン(高鑫)、ヨウ・ジンルー(尤靖茹)らのキャラクター写真が公式発表され話題に。このドラマはディリラバが検察官役という新境地に挑む作品としても注目されており、出品側には最高人民検察院の中国検察出版社などが名を連ねるなど、市場的にも期待が高い作品となっている。

翻訳・編集:島田亜希子
ライター。中華圏を中心としたドラマ・映画に関して執筆する他、中文翻訳も時々担当。Cinem@rtにて「中国時代劇トリビア」「中国エンタメニュース」を連載中。『中国時代劇で学ぶ中国の歴史』(キネマ旬報社)『見るべき中国時代劇ドラマ』(ぴあ株式会社)『中国ドラマ・時代劇・スターがよくわかる』(コスミック出版)などにも執筆しています。

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP