Cinem@rt アジアをもっと好きになる

チャン・イーモウ監督より日本へのメッセージ映像到着:『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』


これまで3度米アカデミー国際長編映画賞にノミネートされ、多くの映画祭で華々しい受賞歴を誇る中国の巨匠チャン・イーモウ監督の最新作『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』が、5月20日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国公開。2021年トロント国際映画祭に正式出品され、大きな話題となった本作は、監督が長年映画化を熱望していた企画であり、その全体にあたたかく流れるのは、チャン・イーモウ監督の確かな”映画への愛”だ。

この度、日本公開を約1か月後に控え、チャン・イーモウ監督より日本へ向けてのメッセージ映像が到着! あわせて、撮影現場で監督が精力的に演出をする様子をおさめた貴重なメイキングカット6点が解禁となった。

 

そして今回特別に撮影され、解禁となったチャン・イーモウ監督のメッセージ映像は、日本の観客にむけて「日本の皆さん こんにちは。チャン・イーモウです。『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』の監督です。今作が日本で上映されることを非常に嬉しく思います」という挨拶からスタート。

「映画には40~50年前の私の青春時代の記憶が描かれています。あの過酷な時代の中で、映画を観ることは正月のような一大イベントでした。物語は、あの時代を生きた人々の映画への強烈な渇望、映画がもたらした、人々の夢や未来への希望を表現しています。私自身が感じている映画への追憶や想い、そして情熱を表現した作品でもあります」と身振り手振りを加えながら、力強く語るチャン・イーモウ監督。

そして、「ご覧になった多くの方が、あの時代の映画と人々の関わり方や、歴史の記憶の中における我々の世代の青春や映画への夢に対して、共感していただけると思います」と続け、最後に「この映画がみなさんの心の中の何かに触れ、考えるきっかけになればと願っています。ありがとうございます」と語りかける。監督の言葉一言一言から、本作にかける熱い想いと映画愛が伝わってくるメッセージ映像は映画ファン必見! 映画を愛する全ての人へ捧げる、巨匠からのラブレターをぜひ劇場のスクリーンで。



『ワン・セカンド 永遠の24フレーム』


5月20日(金)、TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

監督・脚本:チャン・イ―モウ 『妻への家路』
出演:
チャン・イー 『オペレーション:レッド・シー』
リウ・ハオツン
ファン・ウェイ 『愛しの故郷』

2020年/中国/中国語/103分/シネスコ/原題:一秒钟/字幕翻訳:神部明世/配給:ツイン
© Huanxi Media Group Limited
公式サイト onesecond-movie.com

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP