Cinem@rt アジアをもっと好きになる

ジエン・マンシュー(簡嫚書)ってどんな俳優? 出演作やプロフィールをご紹介!【アジア俳優名鑑 #84】

「お仕事です」ジエン・マンシュー(簡嫚書) 「お仕事です!~The Arc of Life~」©2021 Comic Communication Co., Ltd. All rights reserved.

ジエン・マンシュー<簡嫚書>

誕生日:1988年10月16日
出身地:台湾 雲林県
身長:160㎝
趣味:映画・読書・ヨガ
Instagramhttps://www.instagram.com/manshujian/

女優、監督、脚本家。2008年短編作品『秘密海(原題)』に出演しデビュー。

2010年のドラマ「あの日を乗り越えて」で、第45回金鐘奨で主演女優賞にノミネートされる。2012年にはドラマ「シュガーケーキガーデン~翻糖花園~」に出演、2015年に映画『菜鳥~Maverick』で第52回金馬奨の最優秀助演女優賞にノミネートされ、2016年には同作品で第18回台北電影奨の最優秀助演女優賞を受賞、女優としての実力を高く評価される。

日本との縁も深く、2016年には「日本東北地方観光宣伝フィルムスシリーズ」に出演、2017年には映画『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』が公開され、彼女のキュートな魅力が話題に。

2019年に放送されたサスペンスドラマ「R.I.P. 霊異街11号」では、イメージを覆すクールな法医解剖医役に扮し、新たな魅力を発揮した。2021年のドラマお仕事です!~The Arc of Life~では受付嬢の美季(メイジー)役を好演、第56回金鐘奨で最優秀助演女優賞を獲得した。

監督としてショートフィルムなどの他、2015年に台湾セブン-イレブン(統一超商)のマスコットキャラクター、オープンちゃん(OPEN小将)を主人公にした映画『OPEN!OPEN!』を手掛けており、多才な女性としても知られている。プライベートでは2017年に結婚&妊娠を発表し、現在は二児の母に。

「お仕事です」2:ジエン・マンシュー(簡嫚書)
「お仕事です!~The Arc of Life~」©2021 Comic Communication Co., Ltd. All rights reserved.

ジエン・マンシュー出演のオススメ作品

『ママは日本へ嫁に行っちゃダメというけれど。』(2017年)
日本カルチャー大好きのヒロイン・リン役。天真爛漫なキャラが彼女のキュートなイメージにもぴったりマッチ!

「お仕事です!~The Arc of Life~」(2020年)
女子度高めのキラキラガール美季役。ふわふわしたイメージとは裏腹に、愛に一途というギャップキャラを魅力的に演じる。

関連記事

ジエン・マンシュー記事一覧

【アジア俳優名鑑 バックナンバー】

エスピーオーがお届けしているジエン・マンシュー出演作品

「お仕事です」キービジュアル
「お仕事です!~The Arc of Life~」
Amazon Prime Videoチャンネル「エンタメ・アジア」にて見放題配信中!
アジアドラマ(中国、台湾、韓国、タイほか)の名作が見放題で月額600円(税込660円)
【まずはお試し! 初回14日間は無料!】
公式サイト:https://www.cinemart.co.jp/dc/t/oshigoto.html

Text:島田亜希子
ライター。中華圏を中心としたドラマ・映画に関して執筆する他、中文翻訳も時々担当。Cinem@rtにて「中国時代劇トリビア」「中国エンタメニュース」を連載中。『中国時代劇で学ぶ中国の歴史』(キネマ旬報社)『見るべき中国時代劇ドラマ』(ぴあ株式会社)『中国ドラマ・時代劇・スターがよくわかる』(コスミック出版)などにも執筆しています。

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP