Cinem@rt アジアをもっと好きになる

7/30公開『返校 言葉が消えた日』金馬奨・主題歌賞受賞!オリジナル楽曲解禁!

この度、2017年に発売された台湾の同名大ヒットホラー・ゲームの映画化で、台湾人が忘れてはならない40年にも及んだ負の歴史を正面から描き、第56回金馬奨で主要12部門にノミネート、最優秀新人監督賞を含む最多5部門受賞の快挙を成し遂げた映画、『返校 言葉が消えた日』が7月30日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー。

公開に先駆け、2019年の金馬奨にて、主題歌賞を受賞したミュージックビデオが解禁となった。


1962年、独裁政権のもと国民のあらゆる自由が制限されていた台湾
ある高校で政府が禁止する本を密かに読む読書会が開かれていた
だが、遂に国家の手による迫害事件が起きてしまう

その陰には、哀しい密告者の存在が─

放課後の教室で、いつの間にか眠り込んでいた女子高生のファン・レイシン(ワン・ジン)が目を覚ますと、なぜか人の姿が消えて学校はまるで別世界のような奇妙な空気に満ちていた。

校内を一人さ迷うファンは、秘密の読書会のメンバーで彼女に想いを寄せる男子学生のウェイ・ジョンティン(ツォン・ジンファ)と出会い、力を合わせて学校から脱出しようとするが、どうしても外へ出ることができない。 廊下の先に、扉の向こうに悪夢のような光景が次々と待ち受けるなか、消えた同級生と先生を探す二人は、政府による暴力的な迫害事件と、その原因を作った密告者の哀しくも恐ろしい真相に近づいていく──。  

台湾人が忘れてはならない負の歴史をストーリーに取り入れるという大胆な発想で大ヒットとなったホラー・ゲームを元に、迫害事件の謎解きと、青春を奪われた若者たちの切ないドラマが交錯する。その深いメッセージ性が昨年1月の台湾総統選挙にも影響を与えたと言われ、メディアやSNSで大騒動を巻き起こしたダーク・ミステリーがいよいよ日本に上陸!

 

この度解禁された、映画『返校 言葉が消えた日』のオリジナル楽曲、「光明之日」は2019年の台湾のアカデミー賞と言われる金馬奨にてみごと主題歌賞を受賞し、映画とともに多くの「返校」ファンに愛された。

劇中映像を使用したミュージック映像は、物悲しく切ない曲に乗せて、翠華高校3年生のファン・レイシン(ワン・ジン)と、美術教師のチャン・ミンホイ(フー・モンボー)が人目を避けた寺の境内で、心を通わすシーンが映し出される。スケッチブックに水仙の絵を描くチャン先生に、ファンが「なぜ水仙が好き?」と尋ねると、「形がシンプルだし、人目を気にせず、自分の世界を生きている」と答える。「孤独だわ」とつぶやくファンに、チャン先生は「理解する人がいれば、孤独じゃない」とファンの目をじっと見つめるのだった。

オリジナル楽曲「光明之日」では、そんな決して許されることのない2人の「平凡で自由に生きてほしい」という、青春を奪われた若者たちの切ない思いが唄われている。『悲情城市』や『牯嶺街(クーリンチェ)少年殺人事件』に続き、白色テロ時代を描いた衝撃のダーク・ミステリー、『返校 言葉が消えた日』の本編にご期待ください!

曲名:光明之日(The Day After Rain)

作詞・作曲:レイ・グアンシア(雷光夏)
作曲:ルー・ルーミン(盧律銘)、レイ・グアンシア(雷光夏)

覚えています 誰にも託せない記憶
降りしきる雨はやまない
本には載らない あなたの名前だけど忘れられません
物語のはずれで 密やかな足音がする
廊下の果てで 世界が壊れていく
手の中の自由は こんなにも軽やか
樹林へ向かった あなたの置き土産
どうか あなたに見えますように
光あふれる 今の青空
覚えています 誰にも託せない
記憶 降りしきる 雨はやまない
本には載らない あなたの名前
だけど忘れられません
手の中の自由はこんなにも軽やか
樹林へ向かった あなたの置き土産
ぼんやりと今も聞こえるあの言葉…
平凡で自由に生きてほしい


『返校 言葉が消えた日』
7月30日(金)TOHOシネマズ シャンテほか全国ロードショー

監督:ジョン・スー 
出演:ワン・ジン、ツォン・ジンファ、フー・モンボー、チョイ・シーワン、チュウ・ホンジャン
原題:返校/2019年/台湾/カラー/103分  R-15+
配給:ツイン  宣伝プロデュース:ブレイントラスト
公式Twitter:@henko_movie
ⓒ 1 Production Film Co. ALL RIGHTS RESERVED.

https://youtu.be/

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP