Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【特集】アジアのお弁当を知りたい!<インド編>#3:お弁当がテーマのインド合作映画

4月はアジアのお弁当を特集します!今回ご紹介するのは、韓国/台湾/ベトナム/インドのお弁当事情。お弁当から見えてくる文化をのぞいてみましょう。

\\韓国・台湾・ベトナムのお弁当事情はこちら//


お弁当がテーマのインド合作作品 映画『めぐり逢わせのお弁当』

◆映画『めぐり逢わせのお弁当』予告編。
インド・フランス・ドイツ合作。第66回カンヌ国際映画祭監督週間の観客賞受賞作(シネマトゥデイ チャンネルより)


インドのお弁当文化でとても面白いシステムがDabbawala(ダッバーワーラー)の存在です。

Dabbaというのは「お弁当」、Walaというのは「人」という意味で、このダッバーワーラーは朝、各家庭を周りお弁当を回収した後、オフィスワーカーの勤務先へ配達する配達員のことを言います。主にムンバイで活躍をしています。

実はこのダッバーワーラ―は読み書きができない方が多いため、届け先と受取人の識別は文書ではなく個々の弁当箱に塗られた単純な色分けと数字のみで行われているそうです。それなのにも関わらず誤配達は600万個にひとつの割合でしか起きていないというから驚きです。

そんなダッバーワーラーが届けるお弁当から物語が始まる映画作品が『めぐり逢わせのお弁当』です。

映画の中にはたくさんのおいしそうなインド料理のお弁当が出てきます。また、豪華なセットで歌って踊るきらびやかなインド映画ではなく、インドの都市部に暮らす庶民のリアルな暮らしを垣間見ることができる作品です。

ささやかで少しせつないラブストーリーで、インド映画が好きな方にはもちろん、インド映画を今まで見たことない方にも見ていただきたい作品です。

◆『めぐり逢わせのお弁当』下記のほか動画配信サービスにて配信中



Text:金田彩花さん
インドメディアコーディネーター


インドデリー在住4年半。インドで映像制作・イベント制作の仕事をメインに、インド映画への日本人俳優キャスティングやコーディネーションも行っている。インドと日本をエンターテインメントで繋ぐことを目標に活動中。
Twitter  @KanedaAyaka
HP https://ayakanei3.com/


Q. 金田さんの好きなお弁当のおかずは? 
A. お弁当の好きなおかずはエビフライ。タルタルソースがあるとさらに嬉しいです!

写真提供:金田彩花
Edited
:小俣悦子(フリーランス編集・ライター)

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP