Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【アジア俳優名鑑】#57 トビー・リー <李程彬>


「大唐女法医~Love&Truth~」より

トビー・リー <李程彬>

1987年11月22日生まれ、台湾出身。184㎝。

2013年にジョセフ・チェン(鄭元暢)に見出されジョセフの個人事務所M.I.E.に入所、15年に『重生愛人』でスクリーンデビューを果たす。翌16年には『七月と安生』で第11届華語青年影像論壇年度新鋭男演員獎にノミネートを果たし、17年の微博電影之夜(Weibo Movie Awards Ceremony)では卓越新演員を受賞している。

その後も日本のドラマ「東京女子図鑑」を原作にした「上海女子図鑑」や、バイ・ルー(白鹿)共演の「烈火軍校(原題)」といった話題作に出演。19年「大唐女法医~Love&Truth~」では時代劇の主演を務め、新たな魅力を発揮している。

ネットでは見た目がエディ・ポン(彭于晏)に似ていると言われることも。蠍座のAB型ということで、自己分析によると「落ち着いた性格」で、趣味は音楽を聴いたり、映画を観たり、油絵を描くことと、簡単な料理をすること。バスケットや水泳も好き。一日の中で一番好きな時間帯は夕暮れ時、好きな季節は秋。最近嬉しかったことは、ペットの犬の体重がまた増えたこと、という愛犬家の一面も。

もし俳優をやっていなかったら、ツアーガイド、カメラマン、画家または歌手になっていたかも…とインタビューなどで答えており、機会があればトビーのアートな才能が発揮される場面があるかも!?


「大唐女法医~Love&Truth~」より

トビー・リー 出演のオススメ作品

『七月と安生』(16年) 
チョウ・ドンユィ(周冬雨)とマー・スーチュン(馬思純)が金馬奨主演女優賞をダブル受賞した作品。トビーの演技もこの作品で高評価に。

「上海女子図鑑」(18年) 
トビーの他にも、リー・シェン(李現)、ション・イールン(盛一倫)といった人気俳優が続々登場(しかもゲスト出演)する豪華さが凄い!

Text:島田亜希子
ライター。中華圏を中心としたドラマ・映画に関して執筆する他、中文翻訳も時々担当。『台湾エンタメパラダイス』『中国時代劇で学ぶ中国の歴史』(キネマ旬報社)にて執筆記事掲載中。


【アジア俳優名鑑 バックナンバー】


エスピーオーがお届けしているトビー・リー出演作品

 「大唐女法医~Love&Truth~」

【DVD情報】
<セル:全2BOX・各18,000円(税抜)>
DVD-BOX1(9枚組)好評発売中
DVD-BOX2(9枚組)2021/03/03(水)

<レンタル:全18巻>
Vol.1~9   好評レンタル開始
Vol.10~18  2021/3/3(水)よりレンタル開始

2019年/中国/全36話/全2BOX・全18巻
音声:オリジナル中国語(ドルビーデジタル・ステレオ) 字幕:日本語 原題:大唐女法醫
発売・販売元 エスピーオー
© Youku Information Technology (Beijing) Co., Ltd. & Shanghai Xingge Culture & Media Co., Ltd.

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP