Cinem@rt アジアをもっと好きになる

2021年最初の影響力TOP10!<その2>ネット影響力部門にシャオ・ジャンがランクイン

引用元:wechat 德塔文科技
公式アカウント:「德塔文影视观察」


中国で市場分析を展開する德塔文科技による影視観察(datawinfilmtv)データより、2021年第2周目(2021.01.01-2021.01.07)の影響力TOP10にランキングした俳優・アーティストを、ピックアップしてご紹介!
(このデータは、リストの期間中の俳優・アーティストの影響力の上昇を反映し、アーティストの潜在的な価値を引き出すことを目的としたものです。)

続いてネット影響力部門

 



NO.1 イー・ヤンチェンシー(易烊千玺)
主演の映画『送你一朵小紅花(原題)』が上映1週目で興行収入は9億元を突破。ネットでの評価も高く、『少年的你』に続きイー・ヤンシェンチーの映画作品の評価が上昇しており、演技力も話題となっている。



NO.4 シャオ・ジャン(肖戦)
大みそかから1週間が経っているが、東方衛視の年越し番組でのパフォーマンスが今でも話題になっており、このトピックでも上位に。



NO.8 ダン・ルン(鄧倫)
話題の映画『晴雅集(原題)』は郭敬明監督の盗作問題で上映中止になり、主演のダン・ルンに触れた内容が多くあげられた。初めて映画で主演を飾るダン・ルンは撮影の準備を重ね、ドラマ出演もセーブするなどしてこの作品第一に取り組んできたことから、今回の件は本当に残念でならない。エンタメの話題以外で、この週にダン・ルンは故郷のコロナ感染防止を応援したことも注目を集めた。



NO.10 ディリラバ(迪麗熱巴)
ディリラバも東方衛視の年越し番組で、新疆の民族歌『打起手鼓唱起歌』を披露したパフォーマンスが話題に。

この他のランキングメンバーは、NO.2、NO.3をドラマ「有翡」に出演するワン・イーボー(王一博)と、チャオ・リーイン(趙麗穎)が獲得した他、ヤン・ミー(楊冪)、ヤン・ズー(楊紫)、ニー・ニー(倪妮)らもランクインを果たしている。

超新星部門からはリアリティ番組「偶像練習生」出身の3名がランクイン。

NO.1 ツァイ・シュークン(蔡徐坤)
「偶像練習生」の決勝戦で約4700万票を得てチャンピオンとなり、男性アイドルグループ「NINE PERCENT」のリーダー・センターとしてデビューを飾った人気者。

NO.2 ファン・チェンチェン(范丞丞)
「NINE PERCENT」のメンバーで、「東華七子NEXT / NEX7」に所属。姉は女優のファン・ビンビン。1月9日より、韓国でアイドルグループ「宇宙少女」のメンバーとして活動するソンソ(チェン・シャオ)と共に主演を務めたファンタジー時代劇「霊域」の放送が始まり、「偶像練習生」では師弟関係でもあった二人の共演ということで話題となっている。

NO.3 チュー・ジョンティン(朱正廷)
「NINE PERCENT」のメンバーで、「東華七子NEXT / NEX7」のリーダー。

超新星部門にランクインされ、映画やテレビ業界に正式に参入したアーティストは、この超新星部門リストを卒業し、Datawinの映画やテレビのエンターテイナーの商業的価値体系のリストに移されるので、今後の動向も要チェックを!



翻訳・編集:Cinem@rt編集部

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP