Cinem@rt アジアをもっと好きになる

「魅惑のインド」販売開始。知られざるコーヒー大国インドの豆を100%使用

 

株式会社ブルックスが、日本ではまだ出回ることの少ない稀少なインドのコーヒー豆を100%使用した、 ドリップバッグコーヒー“グルメシリーズ”の新商品「魅惑のインド」を2020年11月1日(日)より販売開始。

インドと聞くと、 日本では紅茶のイメージが強い方が多いのではないだろうか。しかし、インドのコーヒー豆は常に世界トップ10にランクインするほど世界的に生産量が多い。しかし、その輸出先はヨーロッパ諸国が大半を占めており、 日本ではまだまだ流通が少ないのが現状だ。

ブルックスでは多様化するニーズに応えるため、 おいしさと新しさをテーマに新商品の開発を進めたどり着いたのがインドコーヒーだった。インドでは、 「インドのコーヒーベルト」と呼ばれる主に南部の地域を中心にコーヒーの栽培が行われている。 日陰でコーヒーを栽培する「シェードグロウン」で栽培しているのが特徴で、 機械が入れないため、 自然の生態系を守りながら収穫もハンドピックで丁寧に行われる。 豆はウォッシュドで品質の高い「プランテーションA」を100%使用。 時間をかけて大切に作られたコーヒー豆の特徴を引き出せるよう、 ブルックスの焙煎士がこだわって味づくりをしている。

新商品「魅惑のインド」を開発する中で、 ブルックスの焙煎士がインド産生豆をカッピングした結果、 味づくりに活かしたいと考えたのは「インド産コーヒー豆のクセ・雑味のないきれいな上品さ」だった。 この最大の特徴を届けるため、 強い火力を利用した味付けのための焙煎ではなく、 インド産コーヒーが持っている本来の味を活かすための繊細な火の調整を行い、 甘みや上品な苦み、そしてマイルドな酸味の調和がとれた味を完成。新商品「魅惑のインド」をご自宅や職場、 様々なシーンでお楽しみください。



商品名:魅惑のインド
発売日:2020年11月1日
内容量:1袋10g
価格:1袋 108円(税込)
通販価格:60袋入 4,200円(税込) 
原料名:コーヒー豆(生豆生産国:インド)

[販売箇所]
ブルックスコーヒーマーケット  http://www.brooks.co.jp/?b=40021
特設ページ  https://www.brooks.co.jp/drip/?b=40021

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP