Cinem@rt

アジアをもっと好きになる

第45回「明蘭」より~やはり嫁は強かった!?宋代御家事情~

中国ドラマを観ていて、あれ、これ...なんかちょっと気になる~!?という小さな"なにか"を見つけてしまうことはありませんか?

そんな中国ドラマに登場する、ちょっと気になる小さなアレ!を集めた、小ネタトリビアをまとめてご紹介していきます。今回は大ヒットドラマ「明蘭~才媛の春~」の気になるアレを探ってみました!


やはり嫁は強かった!?宋代御家事情



ドラマ「明蘭~才媛の春~」では、じつに個性豊かな嫁キャラたちが登場します。そして物語の中でも活躍するのは、この嫁キャラのお姉様たち。負けず嫌いで何かと大立ち回りを見せる王若弗のようなタイプは、完全なるフィクションキャラかと思いきや、宋代にはかなり強い嫁たちが実在したようです。

ひとつ前の時代、唐代の初期には、上は皇帝からした下は貴族や士大夫まで、妻を恐れることが風習になっていて、「夫は柔で妻は剛、夫が妻に従う」というのが普通になっていたとか。宋代になって家族意識が強まり、家長である父権が重んじられるようになっても、家庭内で実権を握るのは妻であり母親であるという台所事情は「明蘭」でも描かれていた通りなのでしょう。

そんな宋代を代表する恐妻家のエピソードを一つご紹介します。

北宋の文人・陳慥(ちんぞう)は、客を招くのを好み、芸妓を揃えていましたが、妻の柳氏は非常に嫉妬深く、壁を叩いて大声をあげるため、客は退散してしまいます。

彼の友人であった蘇東坡(「トンポーロー」の産みの親!)が詩の中で、「竜丘先生(陳慥の号)は可哀そうに。夜を徹して仲間たちと熱く論じていても、河東(山西)出身の奥さんが獅子(ライオン)のように吠える(獅子吼)のを耳にすると、手にした杖を落として、呆然としてしまうよ」とからかい、そこから妻が怖いことを意味する成語「河東獅吼(かとうしこう)」が生まれたそうです。



Text:島田亜希子
ライター。中華圏を中心としたドラマ・映画に関して執筆する他、中文翻訳も時々担当。『台湾エンタメパラダイス』『中国時代劇で学ぶ中国の歴史』(キネマ旬報社)にて執筆記事掲載中。


=======
<参考文献>

高世瑜著「大唐帝国の女性たち」岩波書店

=======

<このコラムに登場した作品>


「明蘭~才媛の春~」

<<公式サイト>>




★セルDVD:全4BOX (価格 各18,000円+税)
DVD-BOX1~4:好評発売中! 

★レンタルDVD:全37巻
Vol.1~37:好評レンタル中!

全73話/セル全4BOX・レンタル全37巻 原題:知否知否?是?肥??/The Story Of MingLan 
2017年/中国/音声:オリジナル中国語/字幕:日本語
提供:エスピーオー/テレビ東京メディアネット / 発売・販売元:エスピーオー
c Daylight Entertainment CO.,LTD

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP