Cinem@rt アジアをもっと好きになる

#25 リー・イートン <李一桐>

「晩媚と影~紅きロマンス~」より


リー・イートン <李一桐>

1990年9月6日生まれ、山東省出身。165㎝。北京舞蹈学院卒。

「品格があがる」という叔母の助言で、10歳の頃からダンスを習い始め、その才能を見出されて、舞踊系の学校に進学。

卒業後は、ダンスと茶館を融合したお店を開店しようと考えており、お店探しをしていたところ、偶然映画学校に通う友人の撮影を手伝うことになり、演技を突き詰めたい思いに駆られ、喫茶店経営をやめて、芸能界に進むことを決意する。

2015年からドラマ「思美人」「青雲志」などのカメラテストに参加。16年のウェブドラマ「半妖傾城」でデビューを果たし、ユー・ジョンプロデューサーがてがけたドラマ「朝歌」などの出演を経て、「射鵰英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー」で注目を集める存在に。

各種新人賞を受賞する実力派で、「晩媚と影~紅きロマンス~」では女刺客にチャレンジするなど、演技の幅を広げている。

近年はフォン・シャオガン監督プロデュース「剣王朝」や、再びユー・ジョンからのオファーを受けた「馴夫記之大唐女儿行」など、話題作への出演も続いており、今後の活躍が大いに期待されている。

舞踊茶館など、斬新なエンタメ系ビジネスを開拓する才能もありそうなので、将来はヤン・ミー姐さんに続くビジネスウーマンになれるかも!?


「晩媚と影~紅きロマンス~」より

【おススメ!リー・イートン 出演作】

「晩媚と影~紅きロマンス~」(18年)
苦悩する女刺客・晩媚に扮し、怪しくて魅惑的な世界観に負けない力強い魅力を発揮!

「射鵰英雄伝 レジェンド・オブ・ヒーロー」(17年)
ヒロイン・黄蓉役。この作品でブレイクを果たし、その年の各種新人賞を獲得した。


Text:島田亜希子
ライター。中華圏を中心としたドラマ・映画に関して執筆する他、中文翻訳も時々担当。『台湾エンタメパラダイス』『中国時代劇で学ぶ中国の歴史』(キネマ旬報社)にて執筆記事掲載中。


【アジア俳優名鑑 バックナンバー】

========

★★エスピーオーがお届けしているリー・イートン作品★★


「晩媚と影~紅きロマンス~」




<<公式サイト>>

★セルDVD :全2BOX(価格 各18,000円+税)
DVD-BOX1:11月1日(金)発売
DVD-BOX2:12月3日(火)発売 

★レンタルDVD :全18巻
第1巻~第9巻:11月2日(土)レンタル開始
第10巻~第18巻:12月3日(火)レンタル開始


2018年/中国/音声:オリジナル中国語/字幕:日本語/発売・販売元:エスピーオー
cMedia Caravan Ltd.


記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP