Cinem@rt アジアをもっと好きになる

連載

【きゅんとあじあ】 台湾ドラマ「舞?舞?在一起」首映会

台湾で12/9より放送が始まった期待のドラマ「舞?舞?在一起」。
今回は、記者会見や先行試写会の写真が台湾から届きましたのでご紹介します!

「舞?舞?在一起」は、10年前にスキャンダルが原因で解散したアイドルグループ〈爆跳小子〉のメンバーたちの、その後を描いた青春&恋愛ドラマです。

特に話題になっているのが、この〈爆跳小子〉の衣装、髪型、楽曲や振り付けなどです。
10年前のアイドルということで、公式Facebookにも「5566、F4、飛輪海、可米小子、棒棒堂、Energy、元衛覺醒、K One、WeWe....あの頃好きだったアイドルグループは? 当時一緒に追っかけした仲間とはまだ連絡取ってる?」なんて文章もアップされていました。
ここに挙がっているアイドルが好きだった人はもちろんですが、日本のアイドルや歌謡曲に夢中になった記憶があれば、懐かしくてクラッとくるはず。



ほら、たまらないでしょう?(笑)

台湾のテレビ局三立の、日曜夜10時の連続ドラマ枠第一弾となる本作。
台湾政府の文化部の助成を得て、高画質で撮影された連続テレビドラマという点も注目です。
クランクインの頃から、公式Facebookには、まるで青春映画のような、とても素敵な写真がUPされていて、どんどん期待が高まっていきました。
が、第1話では、いつの時代???と目を疑うような、アイドルグループが描かれています。
一瞬ぎょっとしましたが、そう、これは10年前なのです。
そう思って見ると納得というか、懐かしさ満点。よくぞやってくれました、という感じです。

では〈爆跳小子〉のメンバーを演じるキャストをご紹介しましょう。

(写真:左から、黄河、唐振剛、鄒承恩、楊奇煜、曾少宗)

康鎮英役:鄒承恩(ジェイソン・ゾウ)
ドラマ「ブラック&ホワイト」や映画『ハーバー・クライシス〈湾岸危機〉 Black & White Episode1』『ハーバー・クライシス 都市壊滅』などに出演。「ブラック&ホワイト」のエンディング、挿入歌も担当しています。

江澤炫役:黄河(ホアン・ハー)
ドラマ「危險心靈」で高く評価され、日本でも公開された日台合作映画『南風』や、10月に公開されたばかりのホラー映画「紅衣小女孩」など、どちらかというと若手演技派俳優としてのイメージが強い彼が、トップアイドルを演じます。

Allen役:楊奇煜(ファビエン・ヤン)
LOLLIPOP@Fのボーカル。先日、本作の挿入歌も収録されているソロアルバム〈FIGHT〉をリリースしたばかり。LOLLIPOP@Fには『あの頃、君を追いかけた』で曹国勝を演じたアオチュエンも所属。前進は人気バラエティ番組「模范棒棒堂」から飛び出した6人組、棒棒堂(LOLLIPOP)。

Mike役:唐振剛(タン・ヂェンガン)
Energyの元メンバー。ドラマ「台北ラブストーリー~美しき過ち」出演。ダンスに青春を掛けた若者たちを描いた『チョコレートラップ』、ゲイムービー『ゴー!ゴー!Gボーイズ!』などの出演作が日本の映画祭でも紹介されています。

周子霆役:曾少宗(フィガロ・ツェン)
可米小子の元メンバー。「イタズラなKiss2 ~悪作劇2吻~」などドラマ出演作も多く、日本でもファンイベントを開催しているので、一番知名度があるのは彼かもしれませんね。
ちなみにこのファンイベント、シネマート六本木を使っていただきました!

ヒロインの袁安安役には魏如昀(ウェイ・ルーユン)。本作が初主演。人気オーディション番組「超級星光大道」出身のシンガーソングライターで、本作でも自作の「我們沒有再見」がエンディングに使用されています。主題歌も担当した映画『聽見下雨的聲音』では、鄒承恩と共演しています。







「ナンバーワンになる!」という目標を持ち、共同生活をしながらアイドルとして頭角を現してきた〈爆跳小子〉でしたが、康鎮英とマネージャー安安の交際がスクープされてしまいます。釈明会見が開かれるものの康鎮英はグループ脱退を宣言。メンバーや夢よりも恋人を選んだ康鎮英を責める江澤炫。結局グループは解散。安安もアメリカへと去っていきます。そして10年後。トップスターになった江澤炫と、レストランのオーナーになっていた康鎮英、そして帰国した安安が再会し...といったストーリー。

この解散までが1話で描かれ、その後は10年後のお話になるので、回想シーンとしてこの〈爆跳小子〉時代が出てくるのだと思われますが、やっぱり興味津々なのは彼らの歌やダンスですよね!

〈爆跳小子〉のメンバーで、アイドルグループの経験がないジェイソンとホアン・ハーは特に苦労した様子。ホアン・ハーは、10年間の努力の末にトップスターになったという役どころ。そこで彼は、羅志祥(ショウ・ルオ)やSMAP、韓国のG-dragonをお手本にしながら、自分らしさを加えていったそうです。「俳優と歌手の世界は全く違う。アイドルの生活がどんなものか、初めて知りました」と語っています。
その他、ジェイソンは香港の郭富城(アーロン・クォック)や劉德華(アンディ・ラウ)、フィガロは瀧澤秀明などから色々と取り入れたようです。

この〈爆跳小子〉が団体生活をしている様子が、オープニング曲に乗せ描かれていますが、日本の新人グループやK-POPスターを彷彿とさせます。アイドルグループ出身のフィガロやファビエンは、共に働き生活する中で分かち合えることもある一方、価値観の違いなど、グループの苦労も体験しています。演じながらどんな気持ちなのか気になりますね。





12/8の首映会には、ジェイソン、ホアン・ハー、ファビエン、フィガロと、ヒロインのウェイ・ルーユンら出演者がずらりと登壇。タン・ヂェンガンは残念ながら欠席です。
出演者からの自己紹介と挨拶のあと、ダイジェスト版の上映。
この映像がまた、主に康鎮英、安安、江澤炫の関係や想いが分かるようになっていて、早くもホロッときてしまいました! 続きが観たい! ちゃんと観たい! どうしたらいいですか~?

上映後はジェイソン、ホアン・ハー、ウェイ・ルーユンと注目の子役、歐陽??(オウヤン・ディディ)ちゃんのトークです。でも、鄒承恩がパパ? どういうことでしょう?
最後はフォトセッションと囲み取材が行われ、1時間半近いイベントは終了しました。







動画もお届けしたかったのですが、三立のサイトでご覧いただけますのでこちらをどうぞ!


監督の廖士涵(リャオ・シーハン)は、稻田電影工作室で助監督や製作、脚本などを手掛け実績を積み、黄河が金鐘奨の主演男優賞にノミネートされた電視電影「?蒂」などを監督しています。
その手腕にも期待です!

■舞?舞?在一起
監督:廖士涵
キャスト:鄒承恩、魏如昀、黄河、楊奇煜、唐振剛、曾少宗、五熊、歐陽??、黄鐙輝、朱德剛、廖慧珍、惟毅、Emmieほか
LINE TV、緯來戲劇台、三立都會台にて放送中!
公式FB
三立電視

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP