Cinem@rt アジアをもっと好きになる

中国国民的アイドルグループTFBOYS―全員15歳へ!その2

前回に引き続き、なぜ3人の誕生日を皆さんに紹介したいかというと、3人の誕生日は現在「全世界はTFBOYSが15歳になったことを知った!」と言われるほど盛り上がったからです。
先週週末の11月29日に最年少の易?千璽(イーヤン・チェンシー)が15歳の誕生日を迎え、やっとメンバー全員が15歳になりました。3人への誕生日プレゼントをめぐる「誕生日応援大戦」は中国だけではなく、海外にも波紋が広がりました。今時の中国人のファンが自分が好きなアイドルにあげるプレゼントとは、日本では絶対想像もつかないほどの「意外」で「豪華」です!




*リーダー・王俊凱(ワン・ジュンカイ)
1999年9月21日重慶生まれ(16歳)   


ファンからの誕生日プレゼント

・重慶江北空港の46枚LEDビジョンを貸切、その内荷物受取ところの24枚LEDビジョンが全部「ワン・ジュンカイ」となりました。

    


・重慶の路線バス2路線、バス停の広告板やショッピングモールや広場などのLEDビジョンに1ヶ月の広告を投入しました。

   

・取材で「贅沢な買い物をするとしたら?」と聞かれ、「遊園地を買いたい」と答えた為、ファンが「夢を実現させましょう」と呼びかけました。誕生日の日に重慶遊園地を貸切、「蟹老板的游楽園」(蟹ちゃんの遊園地。愛称が「蟹ちゃん」だから)と名付けました。
   

   

誕生日会:(故郷)重慶師範大学虎溪キャンパス校友会堂(9月18日)  







   





*食いしん坊・王源(ワン・ユエン)
2000年11月8日重慶生まれ(15歳)


ファンからの誕生日プレゼント
・「世界一華やかな交差点」と言われるアメリカタイムズスクエアのLEDビジョンを貸切し、誕生日お祝い映像を流しました。タイムズスクエアのLEDビジョン に登場した最年少の中国人タレントとなります。
     

・ソウル一等地の江南区と新村の地下鉄のLEDビジョン50枚に1ヶ月間広告を投入し、ソウルのカフェ61店舗に1週間の広告を投入しました。


・世界最大の6,030平米の大きさを持つ上海花旗銀行大楼の LEDビジョンと北京湖南大楼に広告を投入し、タイムズスクエアや広州、深セン、江蘇、南京、杭州など16主要都市の23枚LEDビジョンを合わせると、合計3万平米のLEDビジョンで誕生日お祝い映像が流れていました。


・台湾主要の14路線のバス車両に広告を投入しました。


・重慶にライトボックス118枚、広告板236枚、バス停26箇所に広告を投入したり、2日間の飛行船を飛ばしたり、通っている高校の近くのカフェに無料クッキーを1108人分配ったりしました。


・重慶発の国内や国際線合計45都市、10万枚の航空チケットの裏に広告を投入し、北京空港の600平方メートルの休憩室を半月「ワン・ユエン」をテーマに改装しました。




・前日に重慶遊園地を貸切、応援イベントを生配信し、視聴者数は10万人を超えました。(本人は登場していません)


誕生日会:(故郷)重慶江北群芸館(11月7日)
   


 




*最年少の易?千璽(イーヤン・チェンシー)
2000年11月28日湖南省生まれ(15歳)


・アメリカ、オーストラリア、カナダで飛行機を貸切、空にお祝いコメント横断幕を挙げ、花火を打ち上げました。


・11月13日から30日間韓国2号線に広告を投入し、ベトナムの車両に広告を投入しました。
    

・台湾ドームの巨大LEDビジョンやバス車両に広告を投入しました。


・北京、上海、南京、長沙などの主要都市で、地下鉄のLEDビジョン30枚、広告看板205枚、209輌バスの車載テレビ417枚、高級ホテル58軒のテレビに広告を投入しました。
    

・地元に貢献したいという夢を叶う為に、ファンが3ヵ月間の活動で10万元(約200万円)の募金と12万元(約240万円)の政府補助金を集め、彼の母校塾坪中学に1,000平方メートルの運動場を建てることを実現させました。


・取材で最も買いたいものが「世界旅行のチケット」と答えた為、ファンは旅行会社で「終身使用可能」の世界一周のチケットと別荘を予約しました。
    

誕生日会:(故郷)北京浪漫?瑰?(ロマンチックバラ園)






もちろん、今まで紹介したのは「世界の皆さん!うちの○○ちゃんが誕生日だよ」のアピールだけで、本人に届くプレゼントはまた別です。
例えば、一番最近に行われたイーヤン・チェンシーの誕生日会特別イベント用の衣装や靴は全部ファンから提供したブランド品です。その内、1点2万人民元(約40万円)の高価なものもあります。また、イベントで演奏用のギターやドラムセットなども全部ファンからのプレゼントです。更に別で携帯電話から、自転車、ゲーム機、ネットゲームのアカウント、ドローンなど生活に必要、必要でないあらゆる物を用意し、彼が一番かわいがっている弟の分までもプレゼントを準備しました。

上記で挙げたのは応援活動の中の一環でしかありません。また彼らの名義で募金を集めて公益社団法人等に寄付するのは、TFBOYSのファンにとっては日常的に行われているので今日はここまで。やはり今時の中国人のファンにとっては、アイドルの活動を応援することはもう止まりません!日常生活のケアから世界進出まですべてサポートしているようです。

実は今回の誕生日応援は日本でも展開される予定でしたが、諸々な理由でできなかったようです。日本の皆さんにもTFBOYSの3人のことを知ってもらい、応援してほしいです!TFBOYSの日本進出を期待しています!

文:Jenny
エスピーオーの中国人社員Jennyが、中国・台湾のエンタメニュースや流行を紹介します。

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP