Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【中国エンタメ】期待の人気ラブ史劇「大漢情縁之雲中歌」放送開始!


※最後に日本の初放送情報を追加しました
2015年中国国内で最も期待されるラブ史劇「大漢情縁之雲中歌」が9月13日に湖南衛視で放送開始。放送開始記念記者会見が9月11日(金)に北京で行われ、主演のアンジェラベイビー、チェン・シャオなどが出席した。

「大漢情縁之雲中歌」は10年芸歴を持つアンジェラベイビーのテレビドラマ初出演、初主演である。ドラマの中で、アンジェラベイビーは初めて都に訪れる少女から、様々な試練を経験して大人の女性までに成長する雲歌(ユン・グー)役を演じる。
 「大漢情縁之雲中歌」の原作小説は中国人気作家桐華(トン・ホァ)の著作「大漢情縁」シリーズの2作目である。内容は、第1作目の「風中の縁」(中国語原題「大漠謠」)の主人公?月(しんげつ)と衛無忌(えい・ぶき)(→原作では、霍去病と呼ぶ)の娘霍雲歌(フォ・ユングー)と、莫循(ばくしゅん)の養子孟?(モン・ジュエ)、漢昭帝(しょうてい)劉弗陵(リウ・フォーリン)の三角関係を描くラブストーリー。

ストーリー:
 砂漠で出会ったユングーとリウ・フォーリンは10年後に都での再会を約束して別れる。9年後、ユングーは約束通り、都にたどり着いたが、リウ・シュン(チェン・シャオ)をリウ・フォーリンだと勘違いする。自分のことを忘れられたと思い込み、がっかりした彼女は、故郷の砂漠に帰ろうと思った時、リウ・フォーリンと再会し、彼が漢王朝の皇帝、漢昭帝だと知る。他方、モン・ジュエはユング―を見守るようにと義理の父親に頼まれて、ずっと静かに彼女のそばにいる。やっと愛する人と会えたユングーは宮廷に入ったが、彼女の想像を遥かに超えた女の争いが待っていた...


「雲中歌~愛を奏でる~」 
女性チャンネル♪LaLa TVにて、4/4(月)スタート!
毎週(月)~(金)8:30~ 2話連続
番組ホームページはこちら


アンジェラベイビー関連商品
チェン・シャオ関連商品

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP