Cinem@rt アジアをもっと好きになる

台湾映画『運命のマッチアップ(原題:下半場)』日本版ポスタービジュアル公開!

片耳にハンデがある兄と才能抜群の弟。環境こそ違うものの、バスケに青春を捧げる2 人の兄弟を描き、数々の賞に輝いた台湾映画『運命のマッチアップ』(原題:下半場 We Are Champions )。バスケに情熱を注ぐ2 人の姿が描かれた日本版ポスタービジュアルが解禁となった。

台湾では 甲子園さながらの盛り上がりを見せる高校バスケットリーグ(HBL)で活躍した実際の兄弟から着想を得た本作。世界中の映画祭で上映され、2020年の台北映画祭では観客賞をはじめ4部門を受賞。兄のショウユーを演じたのは、ファン・シャオシュン(フェンディ・ファン/范少勳)。弟のトンハオを演じたのはチュウ・シュアンヤン(ベラント・チュウ/朱軒洋)。監督を務めたのはチャン・ロンジー(張榮吉)。主演二人の瑞々しい成長と揺るぎない兄弟愛を、疾走感溢れる試合シーンを通して描き出した青春エンターテインメントがついに6月24日より全国順次公開。


©We Are Champions Films Ltd.

台湾での公開後、初週の興行収入が台湾全土で約600万ドルを記録し、2019年台湾映画興行成績ベスト10 に入った。映画を観に来た人はもれなく全員目を赤くして劇場をあとにした。インタビューを受けた女性は、「私だけが泣くわけにはいかない。他の人にも観てほしい」と絶賛。台湾の映画界のほぼ全員が宣伝に協力したい作品と言わしめた本作がいよいよ日本で公開に!

劇中では、高校生らしい青春感が満載のシーンが盛りだくさん。兄・ショウユーの学校はバスケ部の廃部が決まっているものの、残った部員達は一致団結し、練習に励んでいる。弟とは違う環境でバスケに励み、大切なチームメイトができたショウユーの成長にも注目だ。一方の弟・トンハオは強豪校に進むも、厳しい練習とスタメン争いで心に余裕がなくなっていってしまう。仲の良かった兄ともぶつかり、スタメンからも外されてしまったトンハオは最後、兄との運命の試合でどう成長するか必見。


©We Are Champions Films Ltd.

『運命のマッチアップ』


2022年6月24日(金)より シネマート新宿 他 全国順次公開

監督:チャン・ロンジー
脚本:ツァイ・クェンリン、チャン・ロンジー
エグゼクティブ・プロデューサー:レイチェル・チェン
出演:
ファン・シャオシュン(フェンディ・ファン)、チュウ・シュアンヤン(ベラント・チュウ)、ドゥアン・チュンハオ、デヴィッド・ウー、リー・リンフェイ、ルー・イーチン 、トゥオ・ツォンファ

2019/台湾 原題:下半場 字幕: 夏 國明 字幕 制 作協力:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター /117 分 DCP
シネマスコープ 配給:ライツキューブ
©We Are Champions Films Ltd.

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP