Cinem@rt アジアをもっと好きになる

『バーニング・ダウン 爆発都市』アンディ・ラウ オフィシャルインタビュー到着

『イップ・マン 最終章』などを手掛ける香港映画界の鬼才ハーマン・ヤウ監督と、香港随一のスター俳優アンディ・ラウら豪華キャストが放つアクション超大作『バーニング・ダウン 爆発都市』が4 月15 日(金)よりシネマート新宿・心斎橋ほかにて全国ロードショー! この度、本作の主演であるアンディ・ラウのオフィシャルインタビューが到着した。

「周囲の励ましがあれば何でもできる」 アンディ・ラウ オフィシャルインタビュー

アンディ・ラウ
© 2020 ALL RIGHTS RESERVED BY UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED

本作がアクション大作であると同時に、爆弾処理を題材にしている点について、アンディ・ラウは「この作品には、爆弾を解体するための特殊な言葉や用語がたくさん登場するんだ。爆弾処理の専門家には大きく分けて2つのラインがあって、一人は爆弾解除担当で、もう一人は全体を分析する責任者であり、解体の補助作業をする。対爆スーツは時代とともに絶えず改良されていくんだけど、40キロ以上あるから大変だったよ。爆弾処理の過程においては、予想外のことが起きると、心理的な変化も生じてしまう。救助は必ずしも自己犠牲ではない。それが本作のテーマでもあるんだ」と語る。

迫力のある映像が満載なことについては、「セットを作ると制作費が膨らむ。だが、ロケは時間がかかる。今回は大部分が野外ロケだったんだ。爆破シーンを多く撮るためにね。ただ、香港では撮影で借りることが出来ない場所が沢山あるから大変だったよ。この映画を作るのはとても楽しかったし、とても思い出に残るものになった」と撮影を振り返る。

また、アクションシーンに関しては、「爆弾を解体するシーンもいくつかあるし、本格的な格闘シーンもある。何度やっても成功しないとキツくなるけどね。調子がいいときは褒めてくれて、そうでないときは見守ってくれる。周囲の励ましがあれば何でもできるよ。作品のなかで、左足を失った後に、現場に復帰しようと努力するシーンがあるんだけど、フォンはあらゆる面において回復するために必要なだけ時間をかけて徹底的にトレーニングをやるんだ。私自身が負傷してリハビリをしていた時にも、実は同じような行為を全部やっていたんですよ」と、過去の自身のリハビリ生活と重ね合わせて語った。

そして、「テロ組織「復生会」には「死んでも生き返る」というスローガンがあってそれは、「新しい世界、新しい人生」を復活させたいっていう意味なんだ。彼らは典型的なテロリストとは違う。一見凶暴に見えるんだけど、社会のあらゆる要因を含んでいるだ」と、記憶を失った元爆弾処理班のフォンと彼を取り巻く元同僚、元恋人だけでなく、テロ組織「復生会」のメンバーの思惑も複雑に絡み合っていることを語り、その壮大なストーリーにも期待が膨らむ。

80~90年代に一世を風靡した「香港四天王」の一人アンディ・ラウ。今なお第一線で活躍しつづけるその姿を、是非劇場でお楽しみいただきたい!

『バーニング・ダウン 爆発都市』
4月15日(金)より、シネマート新宿・心斎橋ほか全国ロードショー
『バーニング・ダウン』ポスター

出演:アンディ・ラウ『インファナル・アフェア』、ラウ・チンワン『レクイエム 最後の銃弾』、ニー・ニー『悟空伝』
監督・脚本:ハーマン・ヤウ『イップ・マン 最終章』
アクション監督:ニッキー・リー『新ポリス・ストーリー』

2020年/香港・中国映画/中国語(広東語)/121分/シネスコ/5.1ch/字幕:伊藤あゆみ/映倫G
原題:拆彈專家2/英題:SHOCK WAVE 2/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム.
© 2020 ALL RIGHTS RESERVED BY UNIVERSE ENTERTAINMENT LIMITED
公式HP:burning-down.com

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP