Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【座談会】イ・ジュンギファン座談会2021 第二部・前編「イ・ジュンギファンから見て「悪の花」どうだった?」《ネタバレあり》

イ・ジュンギ主演最新作「悪の花」のDVDリリースを記念し、俳優イ・ジュンギの魅力をファンの方に語っていただくオンライン座談会を実施! その模様を第一部、第二部と分けてお届けいたします。本日は第二部・前編! サスペンスの仮面をかぶった究極のラブロマンス、「悪の花」。普通のサスペンスとは違う、純愛サスペンス「悪の花」の魅力についてファンの皆さんに語ってもらいました。(対談実施:2021年11月)
※座談会第二部は「悪の花」の結末に触れています。ドラマ視聴後に読むことをお勧めします。

第一部「私がイ・ジュンギにハマった理由は…」はこちら

【参加者】
☺ミルキーさん 2007年よりファン歴 約14年。きっかけは「マイガール」
☺ラビさん 2006年よりファン歴 約15年。きっかけは『王の男』
☺エリさん 2017年よりファン歴 約4年。きっかけは「麗<レイ>〜花萌ゆる8人の皇子たち〜」
聞き手 高橋尚子さん(編集・ライター)


高橋尚子さん(以下、高橋) 「悪の花」にどっぷりハマった皆さんですが、まずはこのドラマを観ての純粋な感想から聞かせていただきましょうか。

ミルキーさん(以下、ミルキー) この作品、映画にしていいんじゃない?!って思うほど、完成度の高さに圧倒されながら観ていましたね。ジュンギ君の演技もさることながら、共演者の演技、演出の妙、すべてが見事でした。

ジュンギ君演じる主人公ヒョンスだけでなく、ムン・チェウォンさん演じる妻のジウォンも二面性を持っていて。妻としてヒョンスを愛したいのだけれど、刑事としてはヒョンスを疑わせざるを得ないという感情が出てきたり、2人を取り巻くものが対比で描かれていているんですよね。

ラビさん(以下、ラビ) 脚本がとにかく素晴らしいなって。1話から最終回ラストのラストまで話の芯がブレなくて、全話観終わったあと、もう一度見直すと、一つ一つのシーンが緻密につながっているのがわかり、感動が深まるというか。描かれるエピソードもそうだし、こんな言い方失礼かもしれませんが、俳優が全員上手い。だから、どんどんその世界にのめり込めるんですよね。  

編集も、すごく計算されていて惹き込まれました。たとえば、各話のオープニングでは過去のシーンを見せて、エンディングは次が気になって仕方がないような締め方をする。1話1話がすごく濃厚で、流し見できないですよね。


「悪の花」では各話の冒頭や終盤に、今までヒョンスとジウォンが過ごしてきた時間が回想シーンで描かれる
© STUDIO DRAGON CORPORATION

エリさん(以下、エリ) 言葉の繰り返しだったり、想いの繰り返しだったり、ジウォンの想いがヒョンスに届いて、娘のウナの想いがヒョンスに届いて、最後にヒョンスがきちんと受け止めて、それを2人に返すっていう。1話から16話の間にそういった言葉が散りばめられていて美しいなって思いました。すべてのキャラクターが活きていて、みんながそれぞれの花を咲かせて、観た後に幸せで心が穏やかになる。そういう意味でも、たくさんの人に観てもらいたいなって思った作品でした。

高橋 最初の設定を聞いてイ・ジュンギ初の悪役かしら!?と思いながら観始めましたが、ところがどっこいでした。監督もサスペンスの仮面をかぶったラブロマンスだと話していましたが、ヒョンスが殺人犯か否か、そして、ヒョンスはジウォンを本当に愛しているのか否かという2つの疑惑が明かされていく物語だったわけですよね。

ラビ 私は最初にあらすじを読んでいたので、ヒョンスが犯人でないことは知っていましたし、彼の愛についても、ヒョンスは最初から最後までずっとジウォンのことが好きだったと思いながら観ていました。ヒョンス自身が気づいていないだけで(笑)。


ジウォンを愛していることに気が付いていないのは、ヒョンス自身。
© STUDIO DRAGON CORPORATION

高橋 そこが可愛くて、いとおしいんですよね。ヒョンスがジウォンをどれだけ愛しているか、周りにはバレている(笑)。このドラマは、イ・ジュンギという俳優のすごさをあらためて感じた作品だったと思うのですが、ジュンギあるいは、彼が演じたヒョンスのどんなところに惹かれましたか?

エリ ヒョンスの、ちょっと分かりにくいけど、ジウォンに対する深い愛が詰まった不器用な愛情表現に、私は毎回本当にキュンキュンして。「愛してるよ」ってただ一言、言ってしまえばそれで済む話が、彼はそこだけは絶対嘘をつかないんですよ。無意識のうちに、そこだけは嘘をついてないというところが、私がヒョンスをすごく好きなところなんです。

「愛してる」とは言いませんが、姉のヘスに語った「ジウォンは運命の人だ」という言葉は嘘じゃないし、ジウォンに告げた「もう一生、君の為だけに生きる」っていう言葉も、「君にふさわしい人間になりたい」っていう言葉も嘘じゃないんです。「僕と会うべきじゃなかった、君に申し訳ない」って思った気持ち、これも嘘じゃないし、娘のウナに対する「ずっとウナの味方だよ」っていう言葉も嘘じゃない。本人は自覚してないんだけど、ちゃんとジウォンのことも、ウナのことも愛しているんです。


ヒョンスの不器用な愛情表現は、もどかしくも愛おしい
© STUDIO DRAGON CORPORATION

ラビ 印象的だったのは、ジウォンが自分の秘密を知っていることをヒョンスが初めてわかった場面。ジウォンに逃げるよう言われるんですが、結局ヒョンスはジウォンに「お家に帰りたい」って告げて泣くんですよね。もう子供なの(笑)。そこで、ジウォンに出会うまでにどんなことがあったかを語り始めるんだけど、その姿は子供が母親に今日あった出来事を話すように素直で愛おしいんですよ。

それと、最終話で裁判の証言をもらうために証人に会いに出かける場面があるんですが、雨を見てジウォンが微笑む姿に、ヒョンスも知らず知らずに笑みがこぼれてしまうんですね。そんな自分に気づき、ハッとなって真顔に戻るんですが。それが愛だよ!って教えてあげたくなるような……、そういった細かいシーンがたくさんあって、あげるとキリがない(笑)。

ミルキー 私も選べないんですが、特に最終話ですね。そこにヒョンスの気持ちが全部表れていると思いました。これまで14年間の自分は本当の自分ではなく、偽者を演じていた自分だから、そこには愛がないといってジウォンを拒むんですね。でも、冷たく突き放しながらも、目が追っていたり、心は彼女を気にしている。そして、これまでの自分の痕跡をたどっていくなかで、本当にジウォンのことを愛していたんだと気づいていく描写が丁寧に描かれていて、とても胸を打ちました。

楽しくて幸せに暮らしていた14年間を取り戻そうとするのではなく、偽物だった14年間の自分を捨て、そのうえで未来を築こうとするんです。よくあるハッピーエンドとは違って、最終話は脚本も演出も俳優の演技も本当にすごいと思いました。


まるで子どものように泣くヒョンス
© STUDIO DRAGON CORPORATION

高橋 名作になるか否かは、最終回が一番肝ですよね。その点、「悪の花」は最終回こそに、伝えたかったメッセージがある。だから余計に心に残る作品になったのかなって思いますね。エリさんはどうですか?

エリ 今までのジュンギさんの演技って、どちらかというと感情が前に出る……なんというか、瞳がこう前に前にいくキャラクターの方が多かったと思うんです。でも、ヒョンスの瞳って奥に奥に入り込んでいて。戸惑いとか、苦しみとか、悲しみとか涙のフィルターがかかって、それがまた綺麗で。瞳の一番奥に何があるのかなって、思いながら観ていたんです。

すると、一番深い場所にはちゃんと、本当の愛というか、ヒョンスの優しさだったり、温かさだったりっていうのが出ていて、そういうところまで、瞳を見てすごく色んなことを感じ取れたんですね。そこがヒョンスという人間に感じた一番魅力で、大好きだなって思いました。


吸い込まれるようなヒョンスの瞳
© STUDIO DRAGON CORPORATION

高橋 奥に奥に……というのは、まさに!ですね。だから、その奥にあるものを知りたくなる、吸い込まれていくような感じがするんですよね。

ミルキー 
ジュンギ君といえば、アクションという印象が強いと思うんですが、「悪の花」は顔のアップが多くて、表情で内面を見せる演技がメインになっていたと思うんです。もちろん今までもそういった演技は見てきたけれど、特に今回はその割合が多かったんですよね。しかも、ヒョンスは“感情が無い”人間という設定だったので、そんな難役をどうやって魅せるのかなと始まる前から楽しみにしていたんです。

蓋を開けてみれば想像以上で、アクションのような派手な動きはなくても、感情が無いようで奥深くに隠している繊細な感情が、ひとつひとつの表情、セリフのトーン、身振り手振りなど細部に浮き彫りにされていて、とても惹き込まれました。



――と、話が尽きず……。イ・ジュンギだけでない、「悪の花」の魅力については、後編に!

TEXT:高橋尚子
協力:himeさん、文美香さん
編集:Cinem@rt編集部

<第二部・後編は近日公開>


「悪の花」リリース情報
DVD-BOX1)2021年12月3日(金)発売 【映像特典】メイキング 【封入特典】ブックレット
DVD-BOX2)2021年12月24日(金)発売 【映像特典】メイキング、イ・ジュンギインタビュー 【封入特典】ブックレット 各16,500円(税込)
レンタルDVD)vol.1~vol.8:2021年12月3日(金)よりレンタル開始 vol.9~vol.16:2022年1月7日(金)よりレンタル開始

2020年|韓国|音声:オリジナル韓国語・字幕:日本語|発売・販売元:エスピーオー
© STUDIO DRAGON CORPORATION

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP