Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【インタビュー】ウー・シーザー “麻痺するほどたくさんのキスシーン” 「将軍の花嫁」

鬼将軍×おてんばお嬢様の政略結婚からはじまるラブコメ時代劇「将軍の花嫁」。周囲から恐れられながらも破天荒な花嫁に振り回される鬼将軍を演じたウー・シーザー(呉希沢)さんに本作についてお話を聞きました。

\ウー・シーザーさんのプロフィールはこちら/



ウー・シーザーさん

ー 楚修明を演じるために、意識していたことや工夫されたことはありますか?

ウー・シーザーさん(以下、ウー・シーザー) 将軍である楚修明は武術もまとっているオーラも、とても強いです。一方、今まで演じた役は学生や書生などが多く楚将軍のような人物を演じたことがありませんでした。どうやって楚将軍のまとう強いオーラを出せるのか、そういう点を意識して演じていました。


ー ウー・シーザーさんと楚修明の、似ている点・似ていない点はどんなところですか?

ウー・シーザー 似ている点は、僕たちは見た目が冷たく見られがちですが中身は熱いタイプで、言葉より行動派です。似ていない点は、私より楚将軍のオーラが強いです。


ー 楚修明を演じるうえで、演出家や脚本家から受けたアドバイスで印象に残っていることはありますか?

ウー・シーザー 撮影する過程の中で、ウー・チャン監督さんが大いに私を助けてくれました。細かい表現について、アドバイスしてくれ、とても勉強になりました。


ー 沈錦を演じたタン・ミンさんとの共演はいかがでしたか? 

ウー・シーザー タン・ミンさんとの共演はすごく楽しかったです! 彼女はとてもniceな女性です。撮影の時、面白いことがたくさん起きたんです。例えば、本作にはキスシーンが多く、「キスシーンはどう?」と聞かれることが多かったのですが、私たちにとってはキスシーンを演じることはもう麻痺していて…(笑)。そもそもクランクインして初めてのシーンがキスシーンだったんですよ。クランクアップ後、「キスし過ぎで、唇の皮がむけました」と冗談を言っていたほどでした(笑)。


「将軍の花嫁」© Youku information technology (Beijing) co., LTD


ー 撮影現場の雰囲気はいかがでしたか? 

ウー・シーザー 撮影現場の雰囲気は和気あいあいとした雰囲気でした。撮影が終わった後、皆で一緒いろんな美味しいものを食べに行ったのが良い思い出です。


ー ウー・シーザーさんにとって、「将軍の花嫁」での一番印象に残っているシーンまたはセリフはどれですか?

ウー・シーザー 一番印象に残っているシーンは結婚のシーンです。皆で努力して、とてもロマンチックな映像が撮れました。スタッフの皆さんのおかげです。


<次のページ:ウー・シーザーさんのNo.1胸キュンシーンは?>

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP