Cinem@rt アジアをもっと好きになる

マイク・ハー、プリンス・チウ、ボリス・ワンほか、スポーツリアリティ番組「全明星運動會」に出場決定!

ニュース提供元:三立テレビ(三立電視/SET)

台湾テレビ(台視/TTV)、三立テレビ(三立電視/SET)によるスポーツリアリティ番組「全明星運動會(原題)」が、台湾全域でスポーツブームを巻き起こしている。今年度の金鐘奨(ゴールデン・ベル・アワード/GBA)で、番組革新賞と教養リアリティ番組賞をダブル受賞するなど高い評価を得る同番組は、第3シーズンの放送開始を12月5日に控え、出場メンバーのリストを公表した。

チームを率いるのは、引き続きジアン・ホンジエ(江宏傑)とローサ・チェン(銭薇娟)の二人。チームマネジャーも変更なくグオグオ(粿粿)、モン・ジエ(孟潔)が務める。

男性陣は、初出場となるマイク・ハー(賀軍翔)、プリンス・チウ(邱勝翊)のほか、第1シーズンから復活したファビアン・ヤン(楊奇煜)、マレーシア出身の人気歌手アンドリュー・タン(陳勢安)らを始め12人、女性陣は10人の名が挙げられた。チーム分けはまだ発表されていない。

マイクは「天巡者(原題)」のクランクアップ後、子どもの面倒を見るほか、バスケットコートでジョギングに励んでいるという。さらにSNSでは華麗なボール捌きをシェアした。

活躍が期待されるのは、大手事務所の伊林エンターテイメントに所属するモデルのボリス・ワン(王品澔)。ドラマ「天之驕女(原題)」の李慕白役で俳優デビューしたボリスは、高校バスケットボール・リーグHBL、野球の強豪として知られる中興中学校の野球部に所属していたほか、100メートル14.57秒、ソフトボールの投擲距離61メートルなど高い運動能力を誇る。

また歌手オーディション番組「聲林之王」の参加者ウー・フェイ(呉霏)は、陸上コーチの父を持ち、元は棒高跳びの選手として活躍。全国中高生運動会では3度優勝し、アジアジュニア陸上競技選手権大会の出場経験もある逸材だ。

台湾のプロ野球チーム楽天モンキーズのチアメンバーNinaは、台湾体育大学体育科の院生で、現役の水泳コーチでもある。意外なメンバーとして皆を驚かせたのは、演技派として知られるリンダ・リン(林昀希)。週2日はプールで泳ぐという彼女の得意種目は水泳。さらにサイクリング・フィットネスもこなすリンダは、思いがけず運動神経も発達しているようだ。

そのほか元ダーマウス(大嘴巴)のメンバーで日台ダブルの坂本宗華、「我的青春沒在怕(原題)」出演のムジ・スー(徐謀俊)らも出場する。またフー・グア(胡瓜)の息子フー・シーアン(胡釋安)、シュー・ナイリン(徐乃麟)の息子シュー・シンヤン(徐新洋)、ヴィンセント・チャオ(焦恩俊)の娘チャオ・マンティン(焦曼婷)ら、多くの二世タレントも出場予定だ。


翻訳・編集:二瓶里美
編集者、ライター。2014年より台湾在住。中華圏のエンターテインメント誌、旅行情報誌、中国語教材などの執筆・編集に携わる。2020年5月、張克柔(字幕翻訳家・通訳者)との共著『日本人が知りたい台湾人の当たり前 台湾華語リーディング』(三修社)を上梓。2017年4月より、ラジオ番組「Asian Breeze」では台湾の現地情報を発信するコーナーを担当中。

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP