Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【アジア俳優名鑑】#76 チャオ・インズ <趙櫻子>


「長安 賢后伝」より

チャオ・インズ <趙櫻子>

 
1990年12月16日生まれ、中国山東省出身。169㎝。15歳の時からコンテストやオーディションなどに参加して経験を積み、2009年に第2届中国美容皇后大賽にて“最上鏡皇后”を獲得する。

11年には「就讓咖啡有点甜(原題)」でドラマデビューを果たす(※)。13年のドラマ「因為愛情有多美(原題)」では初主演を務め、高視聴率を獲得して注目を集める存在に。16年公開のジョセフ・チェン(鄭元暢)主演作『濟公之人皇鼎(原題)』にて初映画出演を果たす。
※「就讓咖啡有点甜」は、放送は2016年だが、撮影は2011年に行われた。

その後も話題作に多数出演し、「宿命のふたり 忍冬と薔薇」「三国志〜趙雲伝〜」「大明皇妃 -Empress of the Ming-」「絶代双驕 〜マーベラス・ツインズ〜」そして「瑠璃」「長安 賢后伝」など、多くの作品が日本にも上陸を果たしている。なかでも20年に現地で放送された主演ドラマ「長安 賢后伝」では、ヒロイン・賀蘭茗玉の少女から大人への成長を見事に演じ、多くの視聴者から絶賛された。

趣味は歌うこと、踊り、京劇で、京劇一家に育ち、幼い頃から京劇の芸術に影響を受けて歌や踊りを学んできたそう。優美でフェミニンなルックスから“人間小樱桃(さくらんぼ)”と称されるとも。「長安 賢后伝」では、そんな彼女の美しい舞踊も披露されているので、ぜひ要チェックを!


「長安 賢后伝」より

チャオ・インズ 出演のオススメ作品

「大明皇妃 -Empress of the Ming-」(2019年)
永楽帝の妃・安貴妃役で出演。ドラマ平均視聴率、配信再生数共に1位を獲得した人気ドラマ。

「長安 賢后伝」(2020年)
ヒロイン・賀蘭茗玉役。明るい少女時代から賢后・太皇太后となるまでの変化を熱演し話題に。


Text:島田亜希子
ライター。中華圏を中心としたドラマ・映画に関して執筆する他、中文翻訳も時々担当。『台湾エンタメパラダイス』『中国時代劇で学ぶ中国の歴史』(キネマ旬報社)にて執筆記事掲載中。

【アジア俳優名鑑 バックナンバー】


エスピーオーがお届けしているチャオ・インズ出演作品

「長安 賢后伝」
◎DVD-BOX1&2 発売中 / DVD-BOX3 2021年11月5日発売 各19,800円(税込) 
◎レンタル:全31巻 順次レンタル中
◎配信:各社動画配信サービスにて順次配信中

提供:エスピーオー/テレビ東京メディアネット 発売・販売元:エスピーオー
© 2019 Dongyang Yueshi Media Co.,Ltd and Mediaquiz International Holdings Limited.

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP