Cinem@rt アジアをもっと好きになる

マ・ドンソク主演!『ザ・バッド・ガイズ』悪人VS悪人の予告編解禁

この度、『新感染 ファイナル・エクスプレス』『悪人伝』のマ・ドンソク主演最新作『ザ・バッド・ガイズ』が4月9日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほかにて全国公開。本日、待望の予告編が解禁となった。


囚人たちを乗せた護送車が襲撃され、凶悪犯たちが野に放たれた。前代未聞の事件解決のため、<特殊犯罪捜査課>が始動。

花瓶を拳で即刻粉砕、敵対組員を持ち上げデスクに叩きつける元ヤクザの剛腕パク・ウンチョル(マ・ドンソク)、暴行、傷害、過剰鎮圧で免職となった血の気の多すぎる元エリート刑事コ・ユソン(チャン・ギヨン)、相手を出し抜くことにかけては人後に落ちない美貌の元天才詐欺師クァク・ノスン(キム・アジュン)ら、一筋縄ではいかない<ヤバい奴ら>が、班長の元刑事オ・グタク(キム・サンジュン)の元に召集される。悪を以って悪を制す、バッド・ガイズの誕生だ。

 


狂犬を解き放て!という言葉が示す通り、命令無視も法律違反も問われない、彼らの唯一の掟は凶悪犯の逮捕。ワルの思考を読み、鉄火の速度で動き、力で制圧する少数精鋭のチームは着実に凶悪犯たちを追い詰めるが、背後にはより巨大な組織の陰謀が…。

怒涛のアクションに続き、予告は周りを大勢の敵に囲まれるウンチョルのカットで終了するが、「ソウルで最も危険な服役囚」「伝説の拳」との異名を持つ彼。窮地に陥ってもなお、我々の度肝を抜くであろう、その”拳”への期待が高まる。


また、ムビチケはオンラインでは2月19日(金)0:00より、上映館では同日の開館と同時に販売開始となる(一部、取り扱いのない上映館もあり)。 

特典は、特殊犯罪捜査課の面々に覗き込まれているような本国版ビジュアルの特製B6ステッカー。”RUN IF YOUR’E GUILTY! (身に覚えがあるなら逃げろ!)”の文字が躍る中、それぞれ銃、バット、警棒、そしてその上を行く剛腕がしっかりと映し出されている。

ビジュアルも大きさもインパクト抜群で、厄除けやお守りとしても効果のありそうなステッカーだ。鑑賞予定の劇場で、早めに入手してほしい。



『ザ・バッド・ガイズ』
4月9日(金)よりシネマート新宿、シネマート心斎橋ほか全国ロード-ショー

【STORY】
囚人たちを乗せて走る護送車が、覆面をした武装集団に突如襲撃されるという重大事件が発生。数多くの凶悪な犯罪者たちが野に放たれ、行方をくらませてしまった。この史上最悪の事件を受けて、警察の上層部は逃亡した凶悪犯たちを再び捕まえる為、元警察官のオ・グタクに指令を出し、過去に重大な罪を犯して刑務所に収監されている服役囚たちを集めた極秘プロジェクト、“特殊犯罪捜査課”を始動させる。オ・グタクは過去に一緒に行動したことがあり、“伝説の拳”と呼ばれて恐れられているパク・ウンチョルを仲間に引き入れ、どこか信用できないが頭は切れる天才詐欺師のクァク・ノスン、犯人逮捕の際に過失致死に問われた無鉄砲な元警察官のコ・ユソンをメンバーに加えた最凶のチームを結成。減刑を条件として、時に協力し合い、時に衝突しながらも凶悪犯たちを追い詰める。しかし、今回の事件の背後には国家を揺るがす巨大な陰謀が見え隠れし、謎の組織が暗躍していた。彼らを待ち受ける最大の敵、そして、彼らに待ち受ける運命とは?

出演:
マ・ドンソク 『新感染 ファイナル・エクスプレス』『悪人伝』
キム・サンジュン『マイ・ボス・マイ・ヒーロ―』シリーズ
キム・アジュン 『カンナさん大成功です』
チャン・ギヨン 「キル・イット~巡り会うふたり~」「ここに来て抱きしめて」

監督:ソン・ヨンホ 『鬼はさまよう』

2019年/韓国/115分/カラー/シネマスコープ/5.1CH
原題:나쁜 녀석들: THE MOVIE  英題:THE BAD GUYS:REIGN OF CHAOS 映倫:G
配給:エスピーオー 提供:TIMO Japan/エスピーオー
ⓒ 2019 CJ ENM CORPORATION, BIDANGIL PICTURES, ALL RIGHTS RESERVED 
thebadguys.jp

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP