Cinem@rt アジアをもっと好きになる

アジアで活躍する実力派俳優たち 【後編】頼もしきアラサー&アラフォー俳優

今年も台湾ドラマ&映画は去年の勢いを受け注目作が目白押し!そして、華流ブームを巻き起こしたF4が結成20周年&ジェリー・イェン4年ぶりの主演ドラマが日本上陸!…と、なんだか台湾エンタメが楽しくなりそうな兆しが感じられる2021年。

Cinem@rtでは、そんな盛り上がりを前に”台湾の注目しておきたい男たち”をご紹介します。2000年代初頭の華流ブームを彩ったスターたちの近況、世界で活躍する実力派俳優、いま聴きたい音楽アーティスト、トキメキの若手俳優まで、台湾をもっと楽しむ1か月!




台湾俳優たちが中国ドラマでも存在感発揮!

日本でも年々、放送や配信、DVDリリースが増えてきた中国ドラマ。こうしたドラマには今、多くの台湾俳優たちも出演中。まずは、アラフォーの実力派俳優たちの活躍を見ていきましょう。

かつて大ヒット映画『モンガに散る』で金馬奨最優秀主演男優賞を獲得、最近では『ナイト・オブ・シャドー 魔法拳』にも出演していたイーサン・ルアン(阮經天)。彼は中国時代劇「扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~」のセクシーな皇子役でアジア各国のファンの心を掴みました。今後、軍人役を演じる「長風破浪(原題)」、天才シェフを演じる「舌尖上的心跳(原題)」と新作も待機中です。


イーサン・ルアン
「扶揺(フーヤオ)~伝説の皇后~」© Jetsen Huashi Wangju Media Co., Limited


また、映画『僕の恋、彼の秘密』で金馬奨最優秀新人賞を受賞して以来、活躍を続けるヤン・ヨウニン(楊祐寧/トニー・ヤン)。昨年は主演作『足を探して』が東京国際映画祭で上映されました。同時に、中国の大ヒットドラマにも次々と出演。

特に今年はチャン・ツィイー(章子怡)共演の時代劇「上陽賦(原題)」が大ヒット中で、話題の的になっています。

◆「上陽賦(原題)」の主題歌「天涯盡處」MV


さらに、現在日本で大きな人気を集めている中国時代劇ドラマ「夢幻の桃花~三生三世枕上書~」に出演しているのが、バロン・チェン(陳楚河)ディラン・クォ(郭品超)です。

バロン・チェンはファンタジー時代劇「蒼穹の剣」でも主人公の師匠役を好演。昨年はチュー・イーロン(朱一龍)主演のアドベンチャードラマ「重啓之極海聴雷(原題)」にも出演しました。今後の新作としては話題の武侠ドラマ「説英雄誰是英雄(原題)」があります。

◆「重啓之極海聴雷(原題)」EP8よりバロン・チェンの出演シーン 


ディラン・クォはファンタジー時代劇「将夜 戦乱の帝国」「将夜 冥王の子」と人気シリーズに出演。今年は、チャン・ツィイールー・チュアン(陸川)監督が審査員を務め、プロの俳優たちが演技力を競う中国の人気番組「我就是演員(原題)」シーズン3に出演中。役者として勇気あるチャレンジを見せています。

◆「我就是演員3(原題)」EP6より「美人心計」を演じるディラン・クォ


<次ページ:活躍の場を広げていく頼もしきアラサー実力派俳優たち>

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP