Cinem@rt アジアをもっと好きになる

インディアンムービーウィーク2020リターンズ、12月に開催決定

「インディアンムービーウィーク(IMW)2020リターンズ」が今年12月に東京、名古屋、大阪などで開催決定。

先日開催されたインディアンムービーウィーク(IMW)2020では、映画製作がさかんな5つの言語圏(ヒンディー、タミル、テルグ、マラヤーラム、カンナダ)から厳選した、ヒット作、話題作10作品を上映。

しかしながら、年間の映画製作本数が多いインドには、見逃すには惜しい秀作が日本未公開のまま、まだまだ埋もれている。「インディアンムービーウィーク(IMW)2020リターンズ」では、新たに日本初上映の2作品を加え、過去に上映した人気作品とともにお届けします。



[日本初上映作品]

1) 『ジガルタンダ』(原題:Jigarthanda/ 2014年/ タミル語)

 

映画監督を目指すカールティクは、映画監督コンテスト番組に出場する。セミ・ファイナルで選外になりかけたが、審査員を務めたプロデューサーから長編映画の製作を持ちかけられる。提示された条件は、壮絶なギャングの抗争をテーマにした映画をつくることだった。カールティクは命の危険も顧みず、南インドのマドゥライで悪名を轟かせる凶悪なギャングのボス、セードゥに関してリサーチを始める。

タミル語映画界の若き鬼才、カールティク・スッバラージ監督(ペーッタ)の出世作である本作は、秀逸な音楽にのせた「ギャングスター・ミュージカル」。緊張感が漂う前半からは予測できないエンディングに度肝を抜かれる。残虐かつユーモラスなギャングを演じたボビー・シンハーは、インド国家映画賞をはじめとする主な映画賞の助演賞を総ざらいした。原題は「心を冷やす」という意味を持つ、マドゥライ名物のアイスクリーム・シェイクの名前。

【作品情報】
監督:カールティク・スッバラージ(ペーッタ)
音楽:サントーシュ・ナーラーヤナン(キケンな誘拐、僕の名はパリエルム・ペルマール)
出演:シッダールト(バードシャー テルグの皇帝)、ボビー・シンハー(キケンな誘拐)、ナーサル(バーフバリ)、ヴィジャイ・セードゥパティ(キケンな誘拐)、カルナーカラン(キケンな誘拐)


2) 『ジッラ(仮題)』(原題:Jilla/ 2014年/ タミル語)

マドゥライに暮らすシャクティは、地域を支配するギャングのボス、シヴァンの右腕。少年時代に父を警察官に射殺され、シャクティはシヴァンに育てられた。ある時シヴァンは、新しく着任した警視副総監から犯罪集団の取り締まり強化を宣言される。危機感を感じたシヴァンは、嫌がるシャクティを警察官にさせ、取り締まり抑止のため警察署に送り込む。だがそれは、親子断絶の始まりだった。

タミル語映画界の人気俳優、ヴィジャイ(ビギル 勝利のホイッスル)と、〝完璧俳優〟と称されるマラヤーラム語映画界の大スター、モーハンラール(ザ・デュオ)が共演。ギャングものでありながら、コメディ満載、ダンスもあり、家族のドラマにほろりとする。日本で撮影されたソングシーンが含まれる。

【作品情報】
監督:R. T. ネーサン
音楽:D.イマーン
出演:モーハンラール(ザ・デュオ)、ヴィジャイ(サルカール 1票の革命、ビギル 勝利のホイッスル)、カージャル・アグルワール(バードシャー テルグの皇帝)



【インディアンムービーウィーク2020リターンズ 開催概要】

上記2作品を加え、IMW2019〜2020の人気作品を再上映します(ラインナップは近日発表予定です)。

【上映劇場】
●キネカ大森:2020 年 12 月 11 日(金)~2021年1 月 7日(木)
●新宿ピカデリーほかSMT系劇場 : 2020 年 12 月 11日(金)~12月24日(木)
[同時開催]
MOVIX昭島、MOVIX 三郷、MOVIX 京都、MOVIX堺、MOVIXあまがさき
●大阪:なんばパークスシネマ、神戸国際松竹、ミッドランドスクエア シネマ:2020 年 12 月 11日(金)~12月31日(木)

主催:SPACEBOX
公式サイト:https://imwjapan.com/

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP