Cinem@rt アジアをもっと好きになる

作り手と読者をつなぐK-BOOKの祭典「K-BOOKフェスティバル 2020 in Japan」第2回開催決定

今年も「K-BOOKフェスティバル 2020 in Japan」開催が決定。第2回となる今回は、2020年11月28日(土)29日(日)の2日間にわたりオンラインで開催される。

韓国の文学、エッセイから絵本、人文書までここ数年次々と刊行され、日本国内でも40万部を超える売り上げる作品も登場するなど、“K-BOOK”人気が高まっている。K-BOOKフェスティバルは、いま話題の“K-BOOK”をこよなく愛する人たちの「もっと読みたい、もっと知りたい」という声に応える本のお祭りだ。また、読者とK-BOOKを生み出す人たち、届ける人たちが一堂に会し、互いの熱い思いを伝え、交流する貴重な機会でもある。

昨年の第1回「2019 K-BOOK FESTIVAL in TOKYO」(2019年11月9日開催)はオンサイトイベントだったが、初回にも関わらず1,200人が来場。今年はイベントをメインに2日間、オンラインでの開催のため、日本各地、そして海外からも参加が可能になる。
【参考】昨年の様子(K-BOOK振興会)http://k-book.org/2019kbf/kbookfes2019_committee-report

出演者やプログラムの詳細は、追って公式ウェブサイトやSNSでお知らせ。出店出版社の本を一同に揃えた期間限定オンラインショップもオープン予定だ。



■主なイベントプログラム 〜ハン・ガンさん、キム・スヒョンさん登壇決定!



世界的に権威のあるイギリスの文学賞「ブッカー賞国際部門」において、アジア初受賞となった『菜食主義者』の著者、ハン・ガンさん(写真左)によるトークショーを行います。
また、日韓累計140万部(韓国100万部、日本40万部)の売上を誇り、多くの女性から共感を得るエッセイ『私は私のままで生きることにした』の著者キム・スヒョンさん(写真右)も登壇が決定しています。
その他、装丁家対談、翻訳家対談や出版社による企画、韓国語レッスン企画、コンサートなど、バラエティに富んだプログラムが予定されています。

■開催概要
タイトル: K-BOOK フェスティバル 2020 in Japan
     (ケーブックフェスティバルニーゼロニーゼロインジャパン)
開催日時:2020年11月28日(土)12:00~20:00、29日(日)11:00~19:00
会 場:オンライン
参加費:無料、一部プログラムのみ有料  *有料プログラムの申込方法・発売日は別途お知らせします
共 催:一般社団法人 K-BOOK振興会、韓国国際交流財団
主 管:K-BOOKフェスティバル実行委員会
後 援:一般財団法人 日本児童教育振興財団、公益財団法人 韓昌祐・哲文化財団、
    アモーレパシフィック財団、韓国文学翻訳院、永田金司税理士事務所、株式会社クオン

K-BOOK フェスティバル公式サイト :http://www.k-bookfes.com
Twitter:https://twitter.com/kbookfes
Instagram:https://www.instagram.com/kbookfes/
Facebook:https://www.facebook.com/kbookfes/

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP