Cinem@rt アジアをもっと好きになる

「愛の不時着」女優ファンウ・スルへ ワイヤー・アクションに挑戦

  
© 2020 LOTTE ENTERTAINMENT All Rights Reserved.


韓国で240万人動員の大ヒットとなったクォ・サンウ主演『ヒットマン エージェント:ジュン』が9/25(金)よりシネマート新宿・心斎橋ほか全国順次ロードショー。

本作にはステイホーム中に爆発的人気ドラマとなった韓国ドラマ「愛の不時着」にチェ・デフン演じるユン・セジュンの妻・ミナを演じたファンウ・スルへが出演。ワイヤー・アクションに挑戦しているシーンを中心とした場面写真3点が初解禁となった。

ファンウ・スルヘは今まで数多くのコミカルな役を演じ、人々に強い印象を残してきたが、本作では高度なワイヤー・アクションにも挑戦!ファンウ・スルへのワイヤー・アクションは猛攻隊による力強いアクションとはまた違う、ダイナミックなものに仕上がっている。

さらに現実ではまだ独身のファンウ・スルへだが、娘役を演じる若手女優リー・ジウウォンとクォン・サンウと共に経済的に苦しむリアルな家族を好演。台本を読み込み挑んだというだけあり、ファンウ・スルへの新たな魅力が見られる注目の1本となっている。


本作は『ラブ・アゲイン 2度目のプロポーズ』『鬼手』の主演映画3作品が立て続けに主演作が公開される韓国の人気俳優クォン・サンウの主演最新作。

国家情報院に拾われ暗殺要員として育てられたジュンが、漫画家になるという幼い頃からの夢を捨てられず、任務遂行中に死を偽装して行方をくらませる。そして15年後、念願のウェブ漫画家になったジュンだったが、全く売れずにいた。自暴自棄になり泥酔したジュンは、酔った勢いで暗殺要員時代の国家機密をネタにした漫画を描いて配信すると大ヒット!漫画を読んだ国家情報院とテロリストに生きていることがバレてしまい、命を狙われることになる。

映画『ヒットマン エージェント:ジュン』は9/25(金)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショー。



『ヒットマン エージェント:ジュン』

9/25(金)よりシネマート新宿・心斎橋他全国順次ロードショー

<STORY>国家情報院に拾われた孤児の少年は、「ジュン」と名付けられ暗殺要員として育てられた。瞬く間に対テロ保安局“猛攻隊”のエースとなったジュンだったが、漫画家になるという幼い頃からの夢を捨てられず、任務遂行中に死を偽装して行方をくらませる。それから15年後―。ジュンは妻子を持ち憧れの漫画家になったが、全く売れずに妻の稼ぎとバイトで暮らしていた。自暴自棄になり泥酔したジュンは、暗殺要員時代の機密を漫画に描き配信してしまう。朝になり正気に戻ったが時すでに遅く、漫画は大勢の人に読まれ皮肉にも大人気となっていた。しかし、漫画を読んだ国家情報院とテロリストに生きていることがバレてしまい、命を狙われることになる…!

出演:
クォン・サンウ「推理の女王」「天国の階段」
チョン・ジュノ「SKYキャッスル~上流階級の妻たち~」
ファンウ・スルヘ「レッスル!」
イ・イギョン「殺されたミンジュ」
イ・ジウォン「黄泉がえる復讐」、ホ・ソンテ「犯罪都市」
監督・脚本:チェ・ウォンソプ

2020年/韓国映画/韓国語/110分/16:9ビスタ/5.1ch/字幕:安河内真純
公式サイト:hitman-movie.jp
原題:히트맨/英題:Hitman:Agent Jun/提供:ニューセレクト/配給:アルバトロス・フィルム

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP