Cinem@rt

アジアをもっと好きになる

クー・チェンドン×アリエル・リン共演の新作映画『打噴嚏』!率直で無鉄砲だが深い感情を演じる


【提供:傳影互動】

『あの頃、君を追いかけた』で日本でも注目を集めたクー・チェンドンは新作映画『打噴嚏』(※日本語に直訳すると「くしゃみをする」)で、勇敢な人が好きと言う愛する人の言葉でアンチヒーロー"不倒俠"になり、『あの頃、君を追いかけた』の主人公と同じく、率直で無鉄砲だが好きな女の子に素直に感情を表すキャラクターを熱演。原作を見た読者からは「物語を読み、拳を握って涙が出るくらい激しい感情になった」とコメントが寄せられた。

クー・チェンドンは『打噴嚏』の劇中で、ヒロインを演じるアリエル・リンに向けてこんなセリフがある。「僕はただあなたが好きなんだよ!付き合ってくれと言ってないし、何にも頼んでないよ!」。視聴者の心は惹かれ、2020年"一生懸命恋愛系男子"ブームをリードし、女性視聴者にとっては「大仁哥」(※「イタズラな恋愛白書」の男性主人公)の次に、自分専用の運命のスーパーマンとの出会いとなった。

クー・チェンドン×アリエル・リン くしゃみでロマンチックブームを引き起こす

『打噴嚏』は熱血で、愛のために身の危険を顧みず奮闘するファンタジーラブストーリーだ。監督を務めるのは柯孟融と戚家基。台湾出身の柯孟融は東京やソウルの国際映画祭でノミネートされたことがあり、香港出身の戚家基はSFとアクション映画に豊富な演出経験を持っている。この二人がタッグを組み、この熱血なアクションラブロマンスを演出した。主演を務めるのは、クー・チェンドンとアリエル・リン。クー・チェンドンが演じるのは平凡だけど熱血で一途な少年だが、アリエル・リン(が演じる役)のアレルギーの原因でもある。



『打噴嚏』キャストがすごい ルイス・クーなどの隠れスーパースターが注目を集める

本作の出演者にはクー・チェンドン、アリエル・リンとダレン・ワン以外にも、隠れスーパースターも数多く登場する。香港のスーパースター・ルイス・クー、F4のヴァネス・ウー、台湾の有名なバラエティー番組のMC・スー・ナイリン、中国のドラマ俳優チャン・シャオロン、金馬奨の助演男優賞の受賞者・リウ・グァンティンも出演。


"閃電怪客"、"音波俠"、ラスボス"居爾博士"の出演者が半端ない 演技で勝負する隠れスーパースターが視聴者にサプライズを

本作でルイス・クーは世間離れで気性が悪い"閃電怪客"を演じ、クー・チェンドン(が演じる役)は彼に教えを乞うために苦労し何度も病院に搬送される。そんな二人のやり取りは面白く、この映画のコメディリリーフとなっている。
「宮廷の諍い女」で温侍医役を演じでブレイクしたチャン・シャオロンは、世界を救うスーパーヒーロー"音波俠"を演じる。アリエル・リン(が演じる役)は彼を好きになり、彼はクー・チェンドン(が演じる役)の一番の恋のライバルとなる。
本作のラスボス"居爾博士"を演じるのはヴァネス・ウー。映画の中で彼の強い雰囲気がアリエル・リン(が演じる役)を怖がらせる。
もう一つの注目ポイントはボクシング道場で練習していた役を演じるリウ・グァンティン。当初彼は自分でエキストラに応募したが、今では金馬奨の助演男優賞の受賞者になった。台湾の有名なバラエティー番組のMC・スー・ナイリンの登場も視聴者にとってサプライズだった。彼は本作で一番大事な試合のMCを演じている。


ダレン・ワンとクー・チェンドン『打噴嚏』で初映画共演 20年間の友情

クー・チェンドンとダレン・ワンは友人で、『打噴嚏』の劇中でもそれ以外でも2人の友情の強さが感じられる。映画の中でクー・チェンドン(が演じる役)とダレン・ワン(が演じる役)は子供の頃から一緒に児童養護施設で育てられた親友という設定で、二人ともアリエル・リンが演じる女性主人公・心心姉ちゃんを好きなるライバルだが、とても仲がいい。クー・チェンドン曰く、実際にダレン・ワンとは小学三年生からの知り合いで、二人はもう知り合って20年以上。二人は心が通じ合っているので撮影現場でリハーサルをしなくてもやり取りがとても自然だったそうだ。また映画の中で描かれている2人と同じで、クー・チェンドが衝動に駆られて行動する時には、ダレン・ワンはいつも付き合ってくれたそう。

『あの頃』作詞、作曲コンビが再び手を組んで『打噴嚏』の主題歌を作る 覚えやすいメロディーがファンの心を奪った

『打噴嚏』の主題歌「約定一拳」は『あの頃、君を追いかけた』の(主題歌「那些年」の)ゴールデンコンビ、ギデンズ・コー(九把刀)と木村充利が再び手を組んで作詞、作曲し、男性主人公クー・チェンドンが自ら熱血な青春の魂を歌った。「約束を手に握って、数えきれないライバル、壁や疑いを乗り越える」歌詞に描かれているのは、一生懸命な中二病少年が大人になっても変わらず純粋な初恋、好きな女の子のためにバカな方法を使って彼女の注目を惹いて、彼女に好きになってもらって、自分の存在意義を探すことだ。

『打噴嚏』はた青春純愛映画『あの頃、君を追いかけた』、『等一個人咖啡』(原題)に続き、ギデンズ・コー(九把刀)の小説を映画化した作品。柯孟融、戚家基が監督を務め、クー・チェンドン、アリエル・リンが主演の本作にたくさんのファンが期待していた。夏休み初日の7月15日に公開。

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP