Cinem@rt

アジアをもっと好きになる

第22回 ドラマで気になる小さなアレ!~「萌妃の寵愛絵巻」より "謎の集団ダンス"~

中国ドラマを観ていて、あれ、これ...なんかちょっと気になる~!?という小さな"なにか"を見つけてしまうことはありませんか?

全4回にわたって2019年12月25日よりDVDリリースとなる「萌妃の寵愛絵巻」から、中国ドラマに登場する、ちょっと気になる小さなアレ!を集めた、小ネタトリビアをご紹介していきます。


「萌妃の寵愛絵巻」より
小さなアレ!その1<伝奇小説>:2019.12.23 掲載
小さなアレ!その2<謎の集団ダンス>:2019.12.24 掲載
小さなアレ!その3<女子会スイーツ?>:2020.1.6 掲載
小さなアレ!その4<温楼が愛でるヘンな生き物たち>:2020.1.7 掲載


=====




小さなアレ!その2「謎の集団ダンス」

食べるばかりじゃなくて、踊りも得意な曲嬪が魅せる集団ダンスが、史実でも熱かったことにご注目!

儀礼として重視されていた音楽と舞踊は、唐代になると大いに発展を遂げ、娯楽性も向上していきます。

宮廷では楽団の演奏にあわせて大勢が舞踊を行うことが多く、音楽とともに踊りながら身体を翻す瞬間に衣の色を換え、その後に地に伏して全員で字の形を描くという集団舞踏(「字舞」)なども楽しまれ、多い時は百人単位で行われたとか。

玄宗が作曲した「霓裳羽衣の曲」を、楊貴妃が数百人の宮人と共に「霓裳羽衣の舞」として踊り舞うこともあったそう。

「霓裳羽衣の曲」は外国風の音楽が取り入れられており、それに合わせて集団で踊るというスタイル...これって現代でいうところのパラパラ風!?劇中で皇帝の温楼がお妃たちを集めて踊りをマスターするように指示するのは、決して無茶ブリではなかったのかも!?






Text:島田亜希子
ライター。中華圏を中心としたドラマ・映画に関して執筆する他、中文翻訳も時々担当。『台湾エンタメパラダイス』『中国時代劇で学ぶ中国の歴史』(キネマ旬報社)にて執筆記事掲載中。


=======

<このコラムに登場した作品>


「萌妃の寵愛絵巻」




<<公式サイト>>

セルDVD:全2BOX  各18,000円+税
DVD-BOX1)2019年12月25日(水)発売
DVD-BOX2)2020年2月4日(火)発売

レンタルDVD:全18巻
vol.1~vol.9)2020年1月7日(火)レンタル開始
vol.10~vol.18)2020年2月4日(火)レンタル開始

発売・販売元:エスピーオー
c LEYOUNG MEDIA (BEIJING) CO. LTD

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP