Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【インタビュー】「晩媚と影」ワン・ドゥオ <後編>"あのシーンはとても危険で曖昧"

暗殺という苛酷な使命を負いながら仁義と愛を貫くヒロインと、それを取り巻く人々の哀しくも美しいエモーショナルラブ史劇「晩媚と影~紅きロマンス~」。本作で若様(李嗣源)を演じたワン・ドゥオに本作について話を訊いた。

前編「美しいアクションシーンを演じるために」 2019.12.9更新
後編「あのシーンは、とても危険で曖昧」 2019.12.11更新

======

― 「晩媚と影~紅きロマンス~」で、ワン・ドゥオさんが一番心に残っているシーンはどこですか?

最後のシーンですね。あのシーンを思い出すと、いまだに心が痛いほどの寂しさを感じます。皆さんも、最後までご覧頂ければ、強烈だけれども落ち着く印象を感じていただけると思います。





― 李嗣源は、晩媚を愛しつつも利用していましたが、彼の感情をどのように解釈して演じられましたか?

李嗣源は子供の頃から恨みの中で生きている人です。

子供の頃から彼が教えられたのは復讐や権力の争いで、彼は心から誰かに憧れる愛を体験したことがありませんでした。

目が見えるようになって、晩媚を見て、人を愛することが出来て。これは李嗣源の一番の幸運だと僕は思います。

彼のような性格や感情表現も欠けている人はどうやって人を愛するのかを、ぜひ劇中でご覧ください。





― 李嗣源と?媚のカップルは、視聴者から「ホタルカップル」と呼ばれ人気がありましたが、この2人のシーンでワン・ドゥオさんが印象に残っているシーンはありますか?

僕が考える李嗣源を皆さんに紹介できるように、晩媚との共演シーンに僕は色んな工夫をしました。

目が見えるようになってから初めて彼女を見たシーン、彼女を庇うシーン、彼女を傷つけるシーン、すべて視聴者の皆さんに様々な李嗣源を見せるため工夫をしました。

一番印象に残っているシーンは、李嗣源が酔っ払って晩媚に告白したシーンです。李嗣源はお酒を飲まないと、こういう事を伝える勇気がでないんです。

権力のことに対してとても果断な李嗣源ですが、晩媚のことになるとどうにもできなくなります。あのシーンは、とても危険で曖昧です。





― 撮影現場はどのような雰囲気でしたか?印象に残っているエピソードがあれば教えてください。

一番印象に残っているエピソードは、何日も連続で撮影した期間でのことです。

毎日3、4時間しか寝られず、皆が寝不足でした。そんな時に李嗣源 が中毒になるシーンの撮影があって。僕は横になるだけでいいから、皆からの羨望の眼差しを感じていました(笑)。

その時は、15分でも寝られたら幸せだと感じましたね。


― ?媚を演じたリー・イートンさんとの共演はいかがでしたか?撮影時に、印象に残っているエピソードがあれば教えて下さい。

彼女はとてもいい女優さんで、若いのにとても経験があって、ご自身が演じる役もちゃんと把握しています。仕事の面ではご自身に対して厳しいけど、撮影の隙間では皆に優しいです。

これからも機会があればまた共演したいです。





― 本作は大ヒットをおさめましたが、その反響を感じる出来事はありましたか?

李嗣源を好きになった視聴者の方々が、キャラクターに対する愛を僕自身にもくれました。

weiboで真摯に心配してくれて「ワン・ドゥオさん本人は寂しくならないように、運命の人に出会って幸せになって欲しい」というメッセージをくれたりして(笑)。

皆さんありがとう!僕は幸せになります。





― 最後に、これから「晩媚と影~紅きロマンス~」を見る日本のファンに、ワン・ドゥオさんが思う本作のみどころと日本のファンへのメッセージをお願い致します。

日本の皆さん、こんにちは、ワン・ドゥオです。

「晩媚と影~紅きロマンス~」はとても精良に作り上げたドラマで、画面が美しくストーリーの感情が繊細で深くて、究極のアジアの美を表現している作品です。

日本の視聴者の皆さんもこの作品、そして李嗣源 というキャラクターを好きになってくれれば幸いです。




========

「晩媚と影~紅きロマンス~」




<<公式サイト>>

★セルDVD :全2BOX(価格 各18,000円+税)
DVD-BOX1&2:好評発売中!

★レンタルDVD :全18巻
第1巻~第18巻:好評レンタル中!

2018年/中国/音声:オリジナル中国語/字幕:日本語/発売・販売元:エスピーオー
cMedia Caravan Ltd.

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP