Cinem@rt アジアをもっと好きになる

韓国に関するイベントのレポートをお届けします。

【イベントレポ】TWICE 、Block B、2PMら登場!〈KCON 2016 Japan×M COUNTDOWN〉 レポート

K-POP、K-DRAMA、K-BEAUTY、K-FOODなど韓国の多様な文化を経験することができる K-Cultureコンベンション=KCON。
2015年に続き、今年2回目の日本開催となる〈KCON 2016 Japan〉は、 "つながる" をテーマに、幕張メッセにて4月9日(土)、10日(日)の2日間に拡大して開催され、のべ3万人が来場。夜にはメインイベント〈M COUNTDOWN〉のライブも実施され、大盛況のうちに幕を閉じました。

今回は4月10日(日)に開催された〈KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN〉の模様をレポートいたします!

幕張メッセが会場ということで、ものすごく広いフロアに圧倒され席につくと、〈KCON2016Japan〉のコンベンションステージに参加していたアーティストによるプレショーが行われていました。開場からスタートまでの時間を有効活用して新人アーティストのお披露目をするとは、粋な計らいです。いつか彼らも、メインのステージに立てますように!

プレショーが終了すると、いよいよスタートです!
出演アーティストを紹介する映像が流れ、グループ名がコールされるたびに、大歓声が起こります。すでにファンは盛り上がる準備万端です!



まずはMCのハン・スンヨンと超新星のユナクが登場! 
「日本のファンの応援と情熱を感じて嬉しい」とユナク。「皆さんの愛で広がるK-POPは、もはや私たちだけのものではありません」とスンヨン。流暢な日本語で挨拶するふたり。


そして、最初にコールされたのは......TWICE! いきなり!!
韓国出身のナヨン、ジョンヨン、ジヒョ、ダヒョン、チェヨン、日本出身のサナ、モモ、ミナ、台湾出身のツウィという構成のガールズグループです。

日本での初パフォーマンスとなった彼女たちを、待ち焦がれたファンの大歓声が迎えます!
1曲目はデビュー曲〈Like OOH‐AHH〉。ステージ奥の高いところからゆっくりと階段を降りてきたメンバーが、花道を進み中央で全員集合。のっけからスモークが噴射され、シルバーのテープが舞います。

自己紹介のあと、「デビュー曲はいかがでしたか?」「日本でパフォーマンスできて嬉しいです」「まもなく2ndアルバムでカムバックします! よろしくお願いします!」と挨拶。

熱気がどんどん高まる中、2曲目は〈もう一度して〉。長い髪をクルクルと回す激しいダンス。キュートで明るくて、セクシーなパフォーマンスに魅了されているうちに、あっという間に終了してしまいました。今日1日で、彼女たちの人気の高さを実感。もうとにかく可愛い!!
TWICEが退場すると、「楽しんでる? 昨年に続いて、オレが来たんだってば」と声が。誰だ? そう、コンベンションでも大いに笑いを振りまき独壇場だったKangNamが、アーティストとして登場! ダンサーを引き連れ、〈CHOCOLATE〉を歌う彼。声が可愛い。

「今日韓国から来ました(笑) バラエティ番組で頑張っているKangNamです」と挨拶すると、「やすおー」という野太い声が飛びます。「びっくりするくらい、本名知っているのね?」とその声に応える。「1万人に本名呼ばれて、心が震えています。西葛西から来ました(笑)」。そう彼は、韓国人の母を持つ日本人なのです。「みなさんのお陰で、日本でシングル出します。やすお(康男)、頑張ります!」と言って、5月25日にリリースされる1st シングル〈Ready to Fly〉を披露。

爽快感のある応援ソングを、会場中に届けるように体全体を使って熱唱するKangNam。
下積み時代を感じさせない、予測不可能な自由さとエネルギーが魅力の彼。応援したくなります!


写真:(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved



MCのユナクとスンヨンが再び登場し、日本デビュー当時のことを振り返ります。
「ZEPPでショーケースをした時の緊張を今も胸に刻んで頑張っています」とユナク。一緒に歩んできたファンには嬉しい言葉ですね。スンヨンは「6年くらい前だったと思いますが、当時は日本語がいっぱいいっぱいで、すごく苦労しました」と語りました。日本のファンとコミュニケーションを取るために韓国のアーティストが努力してくれる姿は、多くのファンに支持される大きな要因ですね。


そんなMCを受け登場したのが、これまた日本初パフォーマンスとなる注目のロックバンド、DAY 6! ソンジン(G)、Jae(G)、Young K(B)、ウォンピル(Syn)、ドウン(Dr)の5人組です。すごい歓声の中始まった1曲目は〈Lettig go〉。スケール感のある曲です。

続いてメンバーひとりひとりが、日本語に苦労しながら頑張って自己紹介。そして「はじめまして! 今日は新曲を持ってきました。どうでしたか?」「僕たちの演奏と歌声で、皆さんが温かい気持ちになったら嬉しいです」と、長い日本語も頑張りました。

2曲目はデビュー曲の〈Congratulations〉。リーダーのソンジンはエレキからアコギにチェンジ。こちらも清々しくて温かみのある曲調の切ないラブソングです。「全員がボーカルをとれることが個性」と語っていましたが、それぞれにボーカルを務めるパートがあり、それぞれに上手いというのは確かに魅力的ですね。


さて、客席の一部がざわつき始めました。なんとMCとして、2PMのテギョンとウヨンが客席通路に登場! テギョンが「しーっ」とジェスチャーするくらいの大歓声。「K-POPスターにはみんなキャッチフレーズがあるよね?」「SHINHWAなら最長寿アイドル」「2PMなら野獣アイドル」なんて話から、話題は女性アーティストの盛り上がりについて。「ガールクラッシュの時代」と言われているそうです。


ステージはそんな女性の勢いを代表するスペシャルパフォーマンスへ。黒い衣装にチェンジしたTWICEが、先程とはうって変わってセクシーなダンスを披露。続いて赤いジャケットと黒のヴィスチェにホットパンツというハードな衣装で、AOAのジミンが登場! HipHop界の期待の新人Heizeとのコラボレーション。かっこいい!

MCのスンヨンも「TWICE可愛い! ジミンはAOAの時は可愛いけど、ソロではカリスマ性があってクールですね!」と絶賛。ユナクはHeizeに対して「EXOのチャンヨルとコラボした「お金を稼がないで」が話題になりましたね」「大物アーティストが組みたがるのも納得」と太鼓判を押していました。


そんなHeizeのソロ。今日のために未発表の新曲を持ってきてくれました。なんと、この時点ではタイトル未定です。クールなコラボから一転、しっとりとしたスローナンバーを歌い上げてくれました。

MCなしで去った彼女ですが、レッドカーペットではファンからのファンレターにびっくりして、ぎゅっと抱きしめるという可愛い一面が印象的でした。(〈帰ってこないよ〉というタイトルになったようです。)


写真:(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved



さあ、続いて歓声の先に立つのはBOYFRIEND! レッドカーペットから衣装も変えて登場~

1曲目は約1年前にリリースされた〈BOUNCE〉。最近はすっかり大人っぽくなりましたね。と思いきや、トークが始まって何かバタバタ。どうやら順番が狂ったようです。「あ、自己紹介忘れちゃった」と、慌ててドンヒョン、ヒョンソン、ジョンミン、クァンミン、ヨンミン、ミヌが日本語で自己紹介。可愛い。

そしてミヌが、「みんなに参加して欲しいところがあります。最後にやる〈Be my shine〉ですが...」と言うと、会場からどっと大きな歓声が起こりました。やっぱりこの時期の曲も聴きたいですもんね! あの「kiss~kiss~」のところの振り付けをミヌがレクチャー。2曲目〈君という女〉から、3曲目〈Be my shine ~君を離さない~〉へ。

ファンからは歌詞と歌詞の間で合いの手が入ります。この一体感、すごいですね。そしてサビではみんなで一緒に「kiss~kiss~」! 一気に空気が華やぎました!


続いて客席通路にKangNamが登場! インタビューをすると言い出しました。
2PMのチャンソンのファンという女の子をひっぱり出し、「彼の魅力は?」などインタビュー。
次に「KangNamのファンは?」と聞くと、会場からどよめきと笑いが。ひっぱり出されたファンが手にしているうちわにはハングルで「テギョン」の文字。またざわめく会場。それを全く無視して、「KangNamさんの魅力は?」と無理やり続行。続いて、チョンジンのファンが餌食に。「大人で、ダンスが上手いところが魅力」というファンに、「僕が1、2、3って言ったら、(MCカードを見せながら)フンフンって言ってね」と指示。このファンの女の子がカウントダウンの後、意を決して叫んだのは、「フンフン!」。もう会場大爆笑~。そこは名前でしょう~。すばらしいインタビューでした!


さて、改めての彼女のコールで、チョンジン(SHINHWA)のステージがスタート。
サイレンの音に続いて、チェックのスーツを着たチョンジンが登場!

4月に単独のファンクラブが発足したばかりのチョンジンは、大人っぽいダンスに続き〈WOW WOW WOW〉を歌い、韓国語でMC。

2曲目は〈Hey ya!〉。白いスポットの中に立つ姿がかっこいい! とても貫禄があってシックなステージでした! 最長寿アイドル・SHINHWAのステージも観たいな。次回は是非メンバーを引き連れて来てくださいね!


写真:(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved



続いて、ユナクの「みなさん、早く会いたいですよね~!」という煽りから、Block Bが登場!
1曲目は新曲〈A Few Years Later〉。ステージの奥やサブステージにメンバーが登場すると、大歓声が起こります。そして全員がステージ中央へ。

テイル、ピオ、ジェヒョ、ジコ、パクキョン、ユグォン、ビボムの7人が自己紹介。でも歓声がすごくて聞こえません! すごい盛り上がり。
「今日0:00に、新しいアルバムが発売になります」「1年7か月、長い間待っていてくれてありがとう」「新しい曲、この舞台で初めてやります!」「準備はいいですか~」

2曲目はニューミニアルバム〈Blooming Period〉から〈TOY〉。桜の花が舞う中で聴きたいな~と思うような、大人っぽい楽曲。「もっと聴きたかったら、5月9日、10日に東京国際フォーラムへ!」って、上手い告知ですね。

「もっと遊びましょうか~」「みんな、叫べ~」からの、3曲目〈HER〉日本語バージョン。一気にテンポアップ! これは跳ねずにはいられません! 踊りたくなる曲!

次のイントロでさらにテンションアップ! 4曲目〈Very Good〉日本語バージョン。こちらもファンからのレスポンスが入ります。もう歓声なのか悲鳴なのか分かりません! 全力のパフォーマンスで会場全体を盛り上げてくれました! もっと聴きたい!


さあ、いよいよ最後です。
スクリーンに1:59PMの文字。そして時刻は2:00PMに! そう、トリは、2PM!!
会場から沸き起こる「2PM! 2PM!」のコール。 メンバーが登場すると大大大歓声!
耳がビリビリするほどです! 1曲目は〈My House〉。

曲が終わると、ニックン、テギョン、ジュノ、ジュンケイ、チャンソン、ウヨンの順で挨拶。
「今月、何かがありますね~」とジュノ。5thアルバム〈GALAXY OF 2PM〉の発売、ARENA TOURと、ファンにはお楽しみが盛りだくさんですね!

そして「みなさんと、もっとクレイジーに~」の声に、またまた大歓声!
とくれば、2曲目は〈GO CRAZY〉! サビは「CRAZY! GO CRAZY!」の大合唱!! 会場が一体となり、ボルテージは最高潮!

3曲目は〈Higher〉。なんと、2PMのステージはここまで。でもまだ終わりませんよ~


「Everybody put your hands up!」のコールから、フィナーレは〈Hands up〉!ここにTWICEが合流して豪華コラボ!


さらに出演者が続々と登場! メインステージから花道を進み観客に一番近いところまで。なんて豪華な! もう客席は大狂乱です!

豪快に紙吹雪が舞う中、改めて出演アーティストの楽曲が次々に流され、大興奮のイベントは終了となりました。〈KCON 2016 Japan〉2DAYS、すごかった! 楽しかった!

(取材:シネマート事業部 記事:村野奈穂美

『KCON 2016 Japan』
開催日:2016年4月9日(土)、10(日)
開催場所:幕張メッセ国際展示ホール5~8ホール

『KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN』
開催日:2016年4月9日(土)、10(日) 18:00開場/19:00開演 予定
開催場所:幕張メッセ国際展示ホール7、8ホール


■Mnet Japan 『KCON 2016 Japan × M COUNTDOWN』 放送情報
本放送:(字幕なし) 4月14日(木)午後6:00~
再放送:(字幕なし) 4月16日(土)午後6:00~
(字幕あり) 4月17日(日)深夜11:15~、4月19日(火)午前11:00~
5月1日(日)10:00~12:00、5月9日(月)25:00~27:00
詳細ページはこちら

写真:(C)CJ E&M Corporation, all rights reserved

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP