Cinem@rt アジアをもっと好きになる

【ネタバレ注意!】ジェリー・イェン主演「最高の元カレ」勝手に盛り上げ隊! 第5話~第8話に寄せられた感想を紹介!

ただいま、DATVにて絶賛放送中の、ジェリー最新ドラマ「最高の元カレ」。
今回、この放送に合わせてみんなで一緒に盛り上がろう~ということで、感想募集企画をスタートしています。是非お気軽に、どしどしご参加ください!  【参加手順と放送情報】

【最高の元カレ 主な登場人物】
リー・タン(ジェリー・イェン):デザイン会社ドンファンのCEO
フー・ファンスー(マギー・ジャン/ジャン・シューイン):デザイン会社ファンシーのデザイナー
チョン・シャンナン(ヴィオラ・ミー/ミー・ルー):トップモデル。リー・タンの婚約者
イン・ハオラン(ロン・ン):衣料メーカー・ジョイスの副総裁


今回は、5話~8話までのストーリーをざっとおさらい。
以下、ネタバレにご注意ください!(8話までの内容に触れています!)


ファン・スーが経営するファンシーは、大手のジョイスと提携したのも束の間、品質にこだわるあまりに納期に間に合わない可能性が浮上。さら社員の不満が爆発し、デザインデーターを持ち出し全員が会社を去ってしまう。結局ファンシーはジョイスから解約され、彼らの手に渡ってしまった。ファン・スーがすべてを失ったことを知ったリー・タンは、シャンナンの誕生日パーティーをすっぽかし、ファン・スーのもとへ。しかし彼女は頑なに彼を突き放す。

会社のためにファン・スーを見限ったハオランだったが、実は彼女の損失を最小限に抑えていた。そしてリー・タンの気持ちを利用し、ファンシーの売却と提携を持ちかける。こうしてファンシーはリー・タンの手中へ。「5年頑張れば会社を返す。総裁に服従し意義を唱えない。同僚と良好な関係を保つ」という契約をつきつけるリー・タン。ファン・スーはシャオナイを連れドンファンに入社する。しかし、ファン・スーの高圧的な態度は、デザイナーや同僚たちとの軋轢を生んでゆく。

悔しい毎日に落ち込むファン・スーを励ますハオラン。彼は徐々に彼女に惹かれていた。しかし元カノのシャンナンとの思い出も、深く心に残っていた。彼は傷ついたシャンナンの元に駆け付け...

という展開。
いや~、1話から面白いなと思いましたが、5話以降、グイグイと引き込まれますね!
特に6話! 泣きました~

展開がスピーディーで、あっという間に観終わってしまいます。
えっもう終わり? 1週間待つのいや~! と思ってしまいます。
全20話くらいかなって感じのスピード感ですけど、42話って本当ですか?
これから2転3転していくのでしょうか? 期待してしまいますね。

まず5話。リー・タンの「君が呼んでる気がして」などなどキザなセリフも良かったですし、彼の商才が垣間見れて格好良かったのですが、最も印象的だったのは、ファン・スーのお母さんのセリフでした。6年前の別れの原因が明らかになっていきますが、ファン・スーに対してお母さんがたくさんの理解を向け助言します。
「逃げてはだめ。真実の愛は得難いもの。彼を手放して苦しむのはあなた。彼の代わりはいない。恋は水と同じ。時には濁ったりもする。彼はあなたが言うほど身勝手かしら?」
なんて素敵なお母様でしょう! 

6話で会社を失ったファン・スーにも、かっこいいセリフがありましたね。
「チャンスは3回あると母が。自分が特別じゃないと気付いたとき。努力しても報われないことを思い知ったとき。そして、自分が無力だと分かっても、諦めないと決めたとき」

でも、「私は大丈夫」と去って行ったファン・スーに、「おいおい、シャオナイは置き去り???」と憤りを感じてしまいました(後日ちゃんと救済しますが)。意志を貫く強さは素敵だけれど、彼女の周りから人が離れて行ったのは、彼女が頑なだからではなく、自分のことしか考えていないように見えるからなのでは?
部下のいる立場の人には、是非とも観ていただきたい回でした。

さて、そんなファン・スーに、「総裁には絶対服従」など、彼女のプライドからは受け入れがたい契約条件をつきつけたリー・タン。
でもこれこそが、「彼からのラブレター」に思えてしまいます。
憎まれ役を買いながらも、彼女自身に欠けている部分に気付いて欲しいんですよね。
でもファン・スーの中では、憎むべきはリー・タンで、ハオランが恩人のようになっています。
真実は逆なのに。これが切ないですね~

シャンナンも不幸ですね。疑心暗鬼にもなります。逆効果だと分かっていても、言わないほうがいいことを言ってしまう。そして彼女もファン・スーも、困った時に頼るべき相手がリー・タンかハオランしかいないというところも切ないですね。(いるだけマシか...うん)

7話に登場する「テイク5」というカクテル。本来はミュージシャンがライブの間に取る「5分間の休憩」を指すようですが、ハオランは「5分で気持ちを整理して、再スタートするんだ」と。
メモメモ。Barに行って困ったら注文してみよう。

8話の見所はなんといっても、ジェリーの歌ですね(笑) そして大人道明寺。「ぺっ」て...(笑)

ところで、リー・タンとファン・スーの回想シーンになると、パタパタパタと時間が遡って、必ず「72か月前」って表示が出ますよね? 幸せの絶頂かと思えば、別れ話へ急展開。72か月前にどんだけエピソードあるのよ?と、思わず突っ込んでしまいました...。
でもこの回想シーン、4人の揺れる心を表すためには重要ですから、うまく構成されていると思います。



では、Twitterに寄せられた感想をご紹介します!



5話
「リー・タンは仕事もできて誰にでも優しく女は嬉しいと思うけど婚約者の誕生日も忘れたらダメよねえ。愛されてないと思っちゃってるシャンナンが切ないわ。母親にも忘れられてたし。リー・タンもけっきょくは過去の想いがまだ消化できていないからなのね?面白いドラマです。」
>>>いやほんと、誕生日は大事ですよね。そしてこの母親...

「恋愛模様だけでなくビジネスが絡み合い面白い! リー・タンはいい加減な人に見えながら商才があって、やはりカッコいいですね。明日も楽しみです♪」
>>>ビジネス的な部分も興味深いですね。リー・タンは優しさもありますね。素敵です。

6話
「自身のブランドを絶対に守ろうとするファン・スーの美しさが際立ってました。」
>>>ほんと、凛として綺麗ですね!

「全財産を差し出してブランドを返してと懇願するファン・スーも切ないけど、卑劣な人とまで言われて自分が陥れたと誤解されてるのに、誤解を解かず、実はファン・スーのブランドを救ったリー・タンの表情がかなり切ないし、演じたJerryのうまさに大拍手!素晴らしい?」
>>>怒られるかもしれませんが、「あれ、ジェリーってこんなに演技が上手かったんだ!」と思わず目を見張るくらい、ファン・スーとのやり取りで見せるジェリーの表情は素晴らしいですね。

「リー・タンのファン・スーを助けてあげたいという想いがうまく届かず、切なくて涙なしでは見ていられませんでした(>_
>>>私も泣きました! もう一回見直したい回です。

「リー・タンの復讐でブランドを失ったと思い込んでるファン・スー。彼女に厳しい事を言いながらも彼女の為に考えて行動するリー・タン。最高の元カレ!」
>>>ファン・スーにとっては、きっと彼が最高なんですよね。早く気付いてほしいですね。

7話
「序盤からデザイナー同士の女のバトルが怖い!(笑)どちらもプライドがあるから引けないよね。後ろでちっちゃくなってるシャオナイがんばれー!(*^_^*) 過去のリー・タンとファン・スーのラブラブモードが可愛くて毎度ニヤニヤしちゃいます\(//∇//)\」
>>>ほんと、どっちも「こ、こえ~」って震えますね。でも見習いたいところもあるかも。過去シーン、私も毎回楽しみです!

「今日も面白かった^o^デザイナーとしてプライドを保つファン・スーが気高く美しかった。彼女を結果的に陥れてしまったけど、ハオランが彼女を気にかける気持ちが分かります。」
>>>そうそう、頑なすぎてイライラするけど、男たちが彼に惹かれるの、わかる気がします。

「ジェリーカッコいいですね??」
>>>異議なし!

8話
「ハオランのファン・スーを励ます言葉ってとても良いですね。強い女ファン・スーだけどそれに支えられてるとこ大きそう。テイク5!でもそういう状況にさせてしまったのはハオランね?シャンナンにファン・スーのこと突っ込まれたリー・タンの表情が変わった演技さすがJerry!」
>>>テイク5のところの鳥の話とか、5分を5年に感じても無駄にするなとか、素敵でした。

「どんなに辛い夜でも必ず朝はくる。頑固で協調性がないファン・スーが少しずつ辛い事に耐えて成長している。元気もらえた\(^o^)/」
>>>そうですね。色々と受け入れて前に進もうとする彼女を応援したくなります。

「いよいよ主演4人の想いが交錯してきましたね!来週も楽しみです!早く見たい?^o^」
>>>ぐぐぐーっと動き出して、絡まってきましたね! 来週が待ち遠しいです。

感想を寄せてくださった皆様、ありがとうございました!
9話以降も引き続きよろしくお願いします!

さてさて、こんな感じで今後も皆さんと一緒にドラマを鑑賞していければと思います。
ではまた来週~

Twitter(@cinemart_ent)のフォロー&リツイートもお願いします!

(文:村野奈穂美)

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP