コラム
師任堂通信 from KOREA

韓国在住のキムさんが「師任堂(サイムダン)、色の日記」にまつわる様々な情報を韓国から不定期でお届けしていきます。

リアルタイム韓国!11

最終話に向かって凄い勢いで走っていくこのドラマ!!
空気は吸うもんで読むもんではないと言いますが...
ここでは読むことにします!(笑)ネタバレなし!!

今週は皆さんのお便りをご紹介~!!

5通目のお便りです。

"サイムダンを毎週楽しみにしている主婦です。
韓国のドラマを見ると韓服が良く登場しますね。

日本の着物みたいなものだと知っていますが、日本だと成人式の時に着物を着る習慣もあって自分の着物を持っている人も多いのですが、韓服もそうですか?

それと、韓服って動きやすいですか?"

実は私、今まで韓服を来たのが両手に数えるくらいしかありません。
特に私が少ないと言うよりは、大体の韓国人が韓服を着る機会がそんな多くあるわけではありません。

子供の頃(自分の意志では服を選べない年頃)、親戚が集まる場に韓服姿で行ったり。
その後は多くの人が自分の結婚式で着るくらいが普通かと...。
書いてみたら本当少ないですね。

着心地は...タイトな服ではないので体への負担は無いのですが、例えばドレスを着て歩くような感じなので楽とも言えない感じです。着る順番も複雑だし...。
※これはあくまで私個人の感想です。

最近は、韓服をより多くの人に着てもらおうと、より動きやすい&着やすい風に改良された"生活韓服"も多く販売されていて人気を得ているんですよ。

歴史も長い分、韓服は時代の流行や環境によって色んな形に変貌しており、その分種類も多く色んなものがあります。
ただ昔ながらの、年齢・性別・場所・着る目的による韓服の色などは今も残っています。

例えば結婚式の時花嫁の母は赤を基本にした色合いの韓服、新郎の母は青を基本にした色合いの韓服を着ます。
これは厳守というほどではない決まり事ですが、基準にはなっています。

今回頂いたお便りは色々私も考えることの多い内容でした。
ありがとうございます。
今週末には、(自分のを持っていないので)母の韓服でも出してもらって袖を通して見ようかなと思っています。

それでは益々緊張感を増しているサイムダン、色の日記!!
最後までお楽しみにしてください!!