現在、BS12にて好評放送中の「王女未央-BIOU-」。折り返し地点も過ぎ、クライマックスにじわじわと向かい始めていますが、いま改めて物語を振り返ってみましょう!


<予告編>


<登場人物の相関図>

**********

【第11話】逆転の勝利

太武帝の前で救済策を考えたのが李長楽(りちょうらく)ではなく自分であることを証明した李未央(りびおう)は、安平県主(あんへいけんしゅ)の称号を授けられ、母・七姨娘(しちいじょう)にも三品淑人の位が与えられる。そして、紫煙(しえん)がすべてを白状したことで李敏峰(りびんほう)と李長楽は罰を受けることになる。

それに激怒した叱雲柔(しつんじゅう)は紫煙を殺そうとするが、彼女は李敏峰の子供を身ごもっていて...。



【第12話】復讐の序章

紫煙(しえん)が李敏峰(りびんほう)のせいで非業の死を遂げたことで、李未央(りびおう)はついに復讐を決意。李未央を祝う宴が開かれ、李家に多くの人々が集まった晩、紫煙を死に追いやった李敏峰の悪事を明るみにする。

結果、その噂が太武帝にまで届き、李敏峰は罪人として辺境に追放されることに。すると、護送されていく李敏峰の前にある人物が現れて...。



【第13話】さらなる戦いへ

李敏峰(りびんほう)の死を嘆き悲しむ叱雲柔(しつうんじゅう)は李未央(りびおう)への復讐心を燃え上がらせる。

同時に李未央の秘密を掴み、ある企みを秘めて一家で清風観へと出かける。そこで、李未央は君桃(くんとう)と再会。彼女が李敏峰を成敗したこと、涼(りょう)を滅ぼす謀略を企んだのは叱雲南(しつうんなん)に加えて叱雲柔であったことを知る。そんな中、李未央に会いたいという女性が現れて...。



【第14話】真実より大切なもの

本物かどうか疑われた李未央(りびおう)が調べられることになり、偽者だとばれれば皇帝を欺いたかどで死罪になる危機が迫る。これが叱雲柔(しつうんじゅう)の陰謀だと気づいた李未央は彼女の裏をかこうとするが、死んだ李未央にそっくりな女性が現れたことで窮地に陥ってしまう。

すると、どちらが本当の自分の娘なのか、七姨娘(しちいじょう)が皆の前で証言して...。



【第15話】錯綜する想い

七姨娘(しちいじょう)に助けられた李未央(りびおう)は、彼女に本物の李未央がすでに亡くなったことを打ち明ける。そして、彼女を暗殺した黒幕は叱雲柔(しつうんじゅう)だと知らせる。

その頃、李敏徳(りびんとく)は父の代理として真定へ出発。そんな彼を第八王子のふりをする皇女・拓跋迪(たくばつてき)が追いかけ、つきまとう。一方、李家では叱雲柔がしばしば体調不良を訴えるようになり...。



【第16話】呪いと嫉妬

李未央(りびおう)の部屋から叱雲柔(しつうんじゅう)に呪いをかけた人形が見つかる。李蕭然(りしょうぜん)は叱雲柔の自作自演だと思うが、仮病ではない彼女の様子を見て李未央のことを疑い始める。結果、李未央は部屋に監禁され明日をも知れぬ身に。

一方、李長楽(りちょうらく)は李未央から彼女が大切にしていた扇子を奪うと、昔の恋人のものだと思い込んでわざと拓跋濬(たくばつしゅん)に見せるが...。



【第17話】愛の告白

李未央(りびおう)の異変に気付いた拓跋濬(たくばつしゅん)が李家に駆けつけ、殺されそうになっていた李未央をすんでのところで救う。そして、皆の前で扇子は自分のものだと明かす。

その後、李未央と会った拓跋濬は彼女に真剣に愛を告白する。しかし、李未央の態度は相変わらず冷たく、突き放された彼は彼女の本心に気づくことなく心傷つくのだった...。



【第18話】手放せない想い

拓跋濬(たくばつしゅん)に敵対心を燃やす東平(とうへい)王・拓跋翰(たくばつかん)が李長楽(りちょうらく)に会いにくる。そして、李長楽、李常喜(りじょうき)と一緒になって李敏徳(りびんとく)をいじめようとするが、李未央(りびおう)が割って入って彼らの鼻を明かす。それを見ていた南安(なんあん)王・拓跋余(たくばつよ)は李未央を自分の味方に引き入れようと近づいていく。

一方、拓跋濬はオウムに自分の気持ちを託して李未央に贈るが...。



【第19話】負けられない勝負

李未央(りびおう)と李常茹(りじょうじょ)は皇后の宴に招かれる。そして、御前で舞を披露する機会を李常茹に譲った李未央は、拓跋濬(たくばつしゅん)と一緒に琴を奏で、これに李敏徳(りびんとく)の笛も加わる。

それに大いに満足した皇后は四人に褒美を授け、李常茹は想いを寄せる拓跋余(たくばつよ)からも褒められて胸をときめかせる。しかし、宴に招かれなかった李長楽(りちょうらく)はこれに腹を立てて...。



【第20話】正義を求めて

李家では李蕭然(りしょうぜん)が体調を崩し、李敏徳(りびんとく)の母・周雪梅(しゅうせつばい)がはやり病で床に伏せる。そんな時、旅に出た李敏徳(りびんとく)が何者かに襲われ生死不明になったという知らせが届く。

すべてが叱雲柔(しつうんじゅう)の陰謀だと悟った周雪梅は息子の身を案じ、正義が行われることを願って李未央(りびおう)に望みを託す。そこで、李未央は叱雲柔と李長楽(りちょうらく)の悪事を証明することに...。



<あらすじ#21~30へ>


===========

放送情報

BS12 トゥエルビ
毎週月曜~金曜 18:00~放送中!
https://www.twellv.co.jp/event/biou/


DVD情報

DVD-BOX1~3 好評発売中!
各18,000円+税

発売・販売元:エスピーオー
© Croton Entertainment

あわせて読みたい関連記事

アクセスランキング

  • デイリー
  • ウィークリー
  1. 1「花と将軍」がプラスエネルギーを伝達する。マー・スーチュンが誕生日にマー・スーチュン...
  2. 2【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  3. 3ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  4. 42018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  5. 5「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  6. 6【アジア俳優名鑑】マーク・チャオ(趙又廷)
  7. 7驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  8. 8【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  9. 9【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  10. 10【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  1. 1【今月の推し :vol.3チ・チャンウク】 作品ごとに進化するアジアのトップ俳優!#...
  2. 2ヤン・ミーがマーク・チャオの泣くシーンの演技を絶賛!「彼の方がこのドラマのヒロイン」
  3. 3「花と将軍」4人の脇役が美しすぎる
  4. 4【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」ディン・チュアン(丁川)
  5. 5驚異の視聴回数490億回越えのラブロマンス史劇「永遠の桃花~三生三世~」10/2セル...
  6. 6【インタビュー】「永遠の桃花~三生三世~」マーク・チャオ<2>「いい作品を作っている...
  7. 7【中国エンタメ】2016年最も期待される新作ドラマ「三生三世十里桃花」イメージポスタ...
  8. 82018年上半期中国ドラマを復習!ヴィック・チョウ、時代劇でのスタイリングが素敵過ぎ...
  9. 9「花と将軍」がプラスエネルギーを伝達する。マー・スーチュンが誕生日にマー・スーチュン...
  10. 10【アジア俳優名鑑】「花と将軍~Oh My General~」マー・スーチュン(馬思純...
  • banner_affiliate_DigitalScreen
  • banner_simple5000

最近の記事