Cinem@rt アジアをもっと好きになる

「遺された指紋―松本清張と台湾ミステリー小説」展が7/29~開催!京極夏彦氏による講演会開催決定

 「松本清張と台湾ミステリー小説」展チラシ1

台湾文化センターと国立台湾文学館、 北九州市立松本清張記念館による共同開催企画展「遺された指紋―松本清張と台湾ミステリー小説」展が、7月29日に台日3カ所の会場で同時開幕する。 台湾と日本のミステリー小説の交流史や、 松本清張が台湾のミステリー小説に与えた影響などを紹介することを通して、 日本の人々に台湾ミステリー文学への理解を深めてもらえることが期待されている。

台湾と日本における推理小説の発展の軌跡を注意深くたどってみると、松本清張は非常に重要な役割を担っていることがわかる。 台湾の推理小説ファンは日本の作品に注目し続けており、多くの日本人作家が台湾の書店でも好調な売り上げを記録している。台湾文学は歴史的な浮き沈みを経て、豊かな推理小説を生み出すようになり、自由と活力に満ちた発表の場をもつ台湾は、華文推理小説の発信基地となっている。

本展は、松本清張に焦点を当てつつ、台湾推理小説界への日本の影響を振り返りながら、台湾と日本の推理小説について紐解いていく。

また開催を記念し、北九州市立松本清張記念館との共同企画で、 日本推理作家協会代表理事でミステリー小説作家の京極夏彦氏をお招きし、 7月30日(土曜)午後14時、台湾文化センターにて「台湾のミステリーと妖怪ブーム」をテーマとする講演会が開催される。

「遺された指紋―松本清張と台湾ミステリー小説」展 京極夏彦氏による講演会
日時:7月30日(土)14時 (開場13時30分)
会場:台北駐日経済文化代表処 台湾文化センター
定員:40名(入場無料、 事前申し込み)
※会場での撮影・録音は、 固くお断りしております。

【申し込み】
申し込みは7月8日(金曜)12時からスタート。以下よりお申し込み下さい。
https://taiwanculture0730.peatix.com/
※事前申し込みで、 先着40名様が無料でご参加いただけます。
※申し込みボタンをクリックして必要事項を記入して送信して下さい。
※お一人様1通でご応募下さい。
※同じ方の複数申し込みは失格となりますので、 ご了承ください。
※申し込みフォームでは、 正しいメールアドレスを入力して下さい。

「松本清張と台湾ミステリー小説」展チラシ2

「遺された指紋―松本清張と台湾ミステリー小説」展
会場:台北駐日経済文化代表処台湾文化センター(東京都港区虎ノ門1丁目1−12 虎ノ門ビル2階)
開催期間:2022年7月29日(金)~8月19日(金)

【連携展示】
松本清張記念館 2022年7月29日(金)~10月23日(日) ( https://www.seicho-mm.jp/specialexhibition/
国立台湾文学館 2022年7月29日(金)~10月30日(日) ( https://www.nmtl.gov.tw/jp/

記事の更新情報を
Twitter、Facebookでお届け!

TOP